スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2010年05月26日

孤立無援 Minority of one

「監視兵は殺された。この監獄は、捕虜の手に落ちた」とデイブは叫んだ。このときデイブは、無線をなくていた。そのため、ドイツ人クルーから衛星携帯電話を借りて、ウズベキスタンのタシケントにあるアメリカ大使館にSOSを発信した。

この電話は、フロリダの軍用電話交換所に転送され、ウズベキスタンのSOG司令部に連絡がついた。「クライ・シャンギで暴動が起き、監獄は、捕虜達に占領された。直ちに救援部隊を頼む」。デイブは叫んだ。

さらに彼は、脚を引きずりながらも、国連職員らを率い、監獄内の安全な場所へ隠れた。手にしている武器はAK47、1丁とマガジン3個である。

デイブたちが退避している場所から100メートルと離れていないところでは、タリバン兵は、興奮状態で、隠し持っていたAKを空に向けて乱射していた。そのうち何人かは、デイブたちを血祭りにあげようと、デイブたちが隠れている部屋まで近づいてきたが、その都度、デイブが狙撃して撃退した。

一方、捕虜を監獄へ引き渡し、身軽になったドスタム軍は、首都カブールに向けて進軍を開始した。ドスタム軍の「軍事顧問」のガードナー中尉は、絶えず、ドスタムのそばにいるようになった。

監獄で暴動が起きたときも、カードナーは、ドスタムと同じ車両に乗っていた。揺れる車中で、ドスタムと今後の進軍について、打ち合わせていると、軍用無線から緊急信号が発せられた。「捕虜を収容した監獄で、暴動が発生した。CIAと国連職員が人質に取られているようだ。チーム595は、至急、救出作戦を開始してくれ。イギリス海兵隊も現地向かっている。兵力が足りない場合は、現地で確保してくれ」。

ガードナーは無線を切ると、「将軍。監獄で暴動が起きて、我々の同胞が人質に取られているようです。我々は、直ちに救出に向かいますので、しばらく空けます。あと、兵を100名ほど借ります」。そういうと、運転手に車を停めさせ、さっさと出て行ってしまった。

「そんなものは、後続の部隊にやらせて・・・」とドスタムは言いかけたが、それ以上は言えず、ガードナーを引き止めることはできなかった。最大軍閥のドスタム軍であっても、ガードナーたちが誘導するB52の空爆などの助力がなければ、まともにタリバン軍と戦うことができないからである。

次回更新は、6月2日 「特殊部隊到着」です。お楽しみに。
本ブログの内容の無断転載を禁じます。ご意見・ご質問をお待ちしています。
写真は、イメージです。


------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)



私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。画像クリックでamazonへ飛びます。

  


Posted by 友清仁  at 07:01Comments(0)Story(物語)