2010年08月25日

CIAとアフガニスタン CIA in Afghan

CIAは、第2次大戦終了後から中東情勢に注視しており、アフガニスタンの情勢にも通じていた。

1999年には、CIAは、パキスタン統合情報局(Inter-Services Intelligence of Pakistan)に接触し、工作員を派遣するようになった。この工作員の任務は、パキスタン統合情報局内に50名ほどのパキスタン人の「特殊部隊」を編成し、アフガンに侵入の上、ビンラディンを逮捕することであった。しかし、1999年10月に、ムシャラフ大統領のクーデターにより、この「特殊部隊」は、解散を命じられた。

外国の諜報機関内に、アメリカの意思を実行する特殊部隊を編成するなど、国際問題に発展しかねないことであったが、この「特殊部隊」も、ビンラディンを逮捕できたかどうかは疑わしい。

なぜなら、CIAは、パキスタン、アフガンおよびイランなど、ビンラディンが潜伏していそうな地域に、膨大な経費をかけて訓練を施したCIA特殊作戦グループをいくつも潜入させていたのだが、1999年9月の時点で、ビンラディンの所在はもとより、アジトの正確な場所すら把握していなかったのである。

パキスタンでの作戦が失敗に終わると、CIAは、北部同盟を軸にした作戦に切り替えた。北部同盟に大量の資金や物資を供給することで、北部同盟司令部に工作員を常駐させることに成功した。一説によると、たったこれだけのことで1億5000万ドル(約135億円)もの資金を投じたとされる。

しかし、これだけの資金を投じてもなお、北部同盟首脳陣は、状況が悪くなると約束を反故にすることがたびたびあった。なぜなら、ロシアやイランの工作員が、CIAよりもはるか以前に北部同盟内におり、同盟内のタジク、ウズベクおよびアゼルバイジャンの指揮官に計り知れない影響力を持っていたのである。北部同盟からすれば、いくら大量の資金を提供されたとはいえ、すぐには、「新参者」のアメリカの言いなりにはなれなかったのである。

北部同盟への援助に加え、CIAは、秘密工作員を人道援助や救助活動員などに偽装させて、アフガニスタン南部に侵入させた。南部には、反タリバン勢力である、パシュトゥーンおよびアゼルバイジャンの部族が多かったためである。しかしこの活動も芳しいものではなかった。2000年時点の協力者は、わずか10名ほどであった。

次回更新は、9月1日 「ラムズフェルド」です。お楽しみに。
本ブログの内容の無断転載を禁じます。ご意見・ご質問をお待ちしています。
写真は、イメージです。

------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)


私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。画像クリックでamazonへ飛びます。

  


Posted by 友清仁  at 07:00Comments(3)knowledge base(基礎知識)

2010年08月18日

CIA特殊作戦グループ CIA SOG

CIA特殊作戦グループ(CIA Special operation group・・・SOG)は、CIA特殊活動部隊(Special Activities Division ・・・SAD)とも呼ばれ、アメリカ国内外で秘密工作を専門に行なう部門である。秘密作戦を行うため、その組織や実情は、よく分からない。

このグループの特徴は、実働部隊は、グリーンベレー、海兵隊リーコンなどの特殊部隊OBで構成されているが、指揮統制官は、特殊作戦を行うべく訓練されたCIA内部の工作員である。主な任務は、妨害工作、工作員および物資の回収、誘拐、爆撃効果判定報告、人質救出、および対テロリズムである。アフガンでは、2名の工作員がクライ・シャンギ監獄の暴動の鎮圧作戦に参加した。

CIA特殊作戦グループは、3つのグループに分かれている。

■地上部隊(Grand branch) 地上部隊は、戦闘技術のエキスパートであり、アフガニスタンでは、現地民に軍事訓練を施し、後のアフガン国軍の基礎を作った。そのほか偵察、地方軍閥の懐柔作戦などを行った。
■海上部隊(Sea branch) 海上部隊は、その名の通り、海上での秘密作戦を行う。主にシールズおよび海兵隊リーコンのOBで構成されている。
■航空部隊(Air branch) 航空部隊の任務は、CIA工作員を作戦地域へ送り届けることである。正規の装備を所有しておらず、アフガン戦では、旧ソ連製のヘリコプターにアメリカ製の最新機器を装備し、使用した。

アフガン戦では、ジョーブレーカー(Jawbreaker)というコードネームを持った部隊が編成され、特殊部隊に先立ってアフガンに侵入し、情報収集および地方軍閥の懐柔工作を行なった。


次回更新は、8月25日 「CIAとアフガニスタン」です。お楽しみに。
本ブログの内容の無断転載を禁じます。ご意見・ご質問をお待ちしています。
写真は、イメージです。

------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)


私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。画像クリックでamazonへ飛びます。

  


Posted by 友清仁  at 07:00Comments(0)knowledge base(基礎知識)

2010年08月11日

Central Intelligence Agency

時計の針を、9.11テロ以前に戻し、しばらくCIAの視点からアフガン戦を詳述する。

2001年が始まると、CIA秘密作戦部長ジョージ・J・テネットは、CIA特殊作戦グループ(CIA Special Operation Group)へ異動させる候補者200名の選抜に取り掛かった。80年代、中東地域へ派遣されるCIA工作員の数は、多くても30名程度であったのだが、90年代後半からアルカイダの活動が活発になり、テロリストの監視強化を目的として、10倍近く増員することとなった。

2001年9月、予定人員の約半数の100名が任務に耐えうるとみなされ、工作員達は、ジョージア州になるCIA訓練ファームへ移された。この訓練ファームで、工作員達は、現地の言語や風習、さらに作戦に必要な機材の扱い方などを学ぶ。

通常は、1年近くかけて訓練が行なわれるのだが、中東情勢が緊迫しているため、3ヶ月に短縮して行なうことになった。しかし運命とは皮肉なものである。工作員が訓練を開始したのが9月11日で、まさにその日に9.11テロが発生したのである。

テロが発生するとすぐに、ラムズフェルド国務長官は、48時時間以内にアフガニスタン攻撃作戦を策定し、提出するように国防総省に指示した。国防総省は、中東地域を管轄する中央作戦軍(CENTCOM)に命令し、攻撃作戦を作成させた。

48時間後、中央作戦軍司令フランクス大将と参謀達が攻撃作戦を携え、ホワイトハウスに到着し、ラムズフェルド国務長官に作戦を説明した。

フランクス大将が説明した中央作戦軍の計画では、タリバン軍4万に対応する部隊をアフガンに派遣し、作戦を開始するまでに最低1ヶ月かかるとのことであった。しかしこの作戦計画は、数日でアフガンに派兵し、戦端を開くべきと考えるラムズフェルドを満足させるものではなかった。

フランクス大将が帰ると、ラムズフェルドは、すぐにテレットCIA長官に電話し、「中央作戦軍は、派兵に1ヶ月かかるといっているが、CIAはどうだ?」と尋ねた。

テレットは、「CIAは、数日の内にタリバン施設を攻撃できます」。と答えた。ラムズフェルドは即座に、「CIAの計画を私と大統領に説明してくれ。1時間以内に、ホワイトハウスに来てくれたまえ」。そう言うと、電話を切った。

次回更新は、8月18日「CIA特殊作戦グループ」です。お楽しみに。
本ブログの内容の無断転載を禁じます。ご意見・ご質問をお待ちしています。
写真は、イメージです。

------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)


私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。画像クリックでamazonへ飛びます。

  


Posted by 友清仁  at 07:01Comments(2)Story(物語)

2010年08月04日

特殊作戦軍 SOCOM

USSOCOM(米特殊作戦軍)が統合戦闘司令部として公式に創設されたのは1987年4月16日である。現在は、フロリダのマクディール空軍基地に本部を置いている。

SOCOOMの最高指揮官には中将が就任し、SOF(特殊作戦部隊)に所属する、陸海空軍すべてに命令権がある。SOCOM司令部は、ノースカロライナ州フォートブラッグ基地の陸軍特殊作戦軍(USASOC)、カルフォルニア州の海軍特殊作戦軍(NAVSPECWARCOM)およびフロリダ州ハールブートフィールドの空軍特殊作戦軍(AFSOC)を隷下においている。これに加えてノースカロライナ州フォートブラッグ基地に2次的な司令部として統合特殊作戦軍が置かれている。

SOCOMは、平時戦時を問わず特殊作戦を遂行するために、NCA(軍事システム最高戦争指導部)および作戦現場に現地司令官を設置している。

SOCOMの権限や指揮命令権は、多岐にわたる。主な任務は、一定の部隊派遣、海外のSOFの戦闘体制の維持および隊員の専門技術育成の監督、統合SOF戦術技術およびその手続の研究、特殊指導課程の管理、部隊訓練日程の調整、プログラムの実行および特殊な装備品の研究開発、調達などの予算管理などがある。

6つの地方司令部
1988年以来、各戦域の特殊作戦の要件に合うように、6つの各戦域の司令部が独立した特殊作戦司令部として設立された。

これらの司令部は、ノーフォークに大西洋特殊作戦司令部(SOCACOM)、中央特殊作戦司令部(SOCCENT)、ファイヒンガー(ドイツ)の欧州特殊作戦司令部(SOCEUR)、スミス基地(ハワイ)の太平洋特殊作戦司令部(SOCPAC)、竜山(韓国)の在韓特殊作戦司令部(SOCKOR)、マイアミ(米)の南方軍特殊作戦司令部(SOCSOUTH)である。

SOCOMは、常設の組織ではなく、適宜、編成される軍である。特定の作戦中、3タイプの特殊作戦軍機動部隊あるいは統合部隊(JIF)が統合軍司令官の指揮下に編成される。これらの司令部は、統合特殊作戦軍(JSOTF)、統合心理作戦機動部隊(JPOTF)および政軍作戦機動部隊(JCMOTF)である。この部隊は作戦ごとに編成され、規模および「有効期間」が決定される。

統合特殊作戦軍(JSOTF)の役割は、戦地で他の司令部と協働して特殊作戦の遂行や前司令官に対して特殊部隊の使用に関しての勧告および評価することである。具体的には、JTF(統合機動部隊)司令官に対し、心理作戦に関しての助言、現況報告書の作成などを行い、非常に稀であるが、作戦に参加する統合軍を指名することなどもある。

統合心理作戦機動部隊(JPOTF)の任務は、政治、組織、団体、国民などに、動機、意見および行動などの対外的な情報やメッセージを発信することである。簡単に言うと、心理作戦とは、外国の国民に影響を及ぼし、アメリカの実行目標を支援させることを狙いとする作戦である。この目標を達成するために、PSYOPSチームの主な装備の1つに空軍特殊司令部のEC-130独立司令機を持っている。統合心理作戦機動部隊は、部隊、師団および旅団レベルで活動する。


次回更新は、8月11日 「CIA」です。お楽しみに。
本ブログの内容の無断転載を禁じます。ご意見・ご質問をお待ちしています。
写真は、イメージです。

------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)


私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。画像クリックでamazonへ飛びます。

  


Posted by 友清仁  at 07:00Comments(0)knowledge base(基礎知識)