2010年09月29日

CIA無人偵察の活躍 Predeter in action

CIAは、有人無人を問わず簡易空港を世界中に持っている。空軍が無人機(UAV)の運用を始める1995年以前に、無人機ジェネラル・アトミック・ジーナット750(General Atomic Gnat 750)をボスニアで運用していた。

CIAは、ジーナット750より少し遅れて、折りたたみ翼で武器を搭載可能な無人偵察機プレデターを独自に開発した。このCIA仕様のプレデターは、ヘルファイアミサイルが搭載できるようになっていた。ミサイルの射程は8キロで、静止および移動目標の双方に使用できる。

偵察任務に使用する際には、AN/ZPQ-1レーダーを搭載する。このレーダーは、10キロ四方で30センチ、28キロ四方で1メートルの解像度を持っている。1時間の作戦で100キロ四方を最高解像度でカバーできる。CIAが初めてUAVを攻撃手段として使用し、ついで空軍が同様の目的で使用した。

アフガニスタンでの戦闘は、CIAにとってUAVの可能性を実証する絶好の機会であった。情報収集することから兵器を搭載して敵を攻撃し、爆撃効果の判定まで使用することができるためである。その戦果は、確たるもので、作戦中のUAVの評価は非常に高まった。

9月22日に、アルカイダによりプレデターが撃墜されたとき、CIAはすでに周辺国に相当量のUAVを展開し運用していることを明らかにした。アフガン戦が始まるかなり前に、タリバンは、カブールで撃墜したプレデターの機体の残骸を公表したが、この程度のことではすでに数年前から開始されていたウズベキスタンのUAV配備計画を中止させるには至らなかった。

無人偵察機は、厚い秘密のベールに覆われて運用されていたが、開戦時にはすでに何百時間の運用されていることが明らかになっている。

しかしながら、無人偵察機も良いことばかりではない。
2002年2月4日、CIAオペレータは、その建物内部でアルカイダ幹部が会議を開いているとの情報を得て、プレデターを付近に飛ばし、ミサイル2基を建物に向けて発射した。しかし実際に建物の中にいたのは、廃物で金属を集めていた民間人3名で、この3名は当然のことならが死亡した。CIAは、この補償に各遺族に1,000ドルを支払うことになった。

このようなCIAの「勝手な上空からの攻撃」は、中央作戦軍を大いに苛立たせた。CIAは勝手に敵を攻撃するくせに、自分では戦果判定や戦利品の回収などを一切やらず、それらを空軍や中央作戦軍にやらせるからである。

中央作戦軍からすれば、「勝手な攻撃」でも、CIAにとっては、「臨機応変の攻撃」であり、プレデターによる攻撃をやめることはなかった。


次回更新は、10月6日 「グレイの苦悩」です。お楽しみに。
本ブログの内容の無断転載を禁じます。ご意見・ご質問をお待ちしています。
写真は、イメージです。


------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)


私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。画像クリックでamazonへ飛びます。

  


Posted by 友清仁  at 07:09Comments(0)knowledge base(基礎知識)

2010年09月22日

無人偵察機プレデター The Predator

アメリカ軍が無人偵察機ジェネラル・アトミック・ティアⅠの飛行実験に成功したのは、1989年までさかのぼる。その後、改良が加えられ、1994年、CIAにより、ユーゴスラビアで実戦配備された。CIAは、クロアチアおよびアルバニアからユーゴスラビアに偵察機を飛ばし、多大な情報を得ることができた。

その後、ティアⅠに攻撃の雨量力を加えたティアⅡが開発された。
同機は、ロタックスエンジンを搭載し、航続距離および積載量を増加させることできた。主な装備は、GPSおよび2色カメラ2基を搭載し、胴体の下にウェスカムスカイボール砲塔を搭載し、さらに開口にはノースグロップ・グランマンZPQ-テイザーレーダーを搭載している。

プレデターは、アメリカが把握している戦果の中では最も成果を挙げた兵器である。バクラム空軍基地およびアフガン中東部で多用(飛行時間は2500時間以上)したことにより、重要な情報を収集して、リアルタイムに分析することができた。

軍事専門家は、米軍(CIA、空軍および海軍)は、現在のところ72機の無人偵察機を保有しており、さらに追加調達しているとみている。

無人偵察機による作戦の成功が公表されたことを受けて、ジェネラル・アトミックス社は、プレデターのBバージョンの存在を明らかにした。

プレデターBは、以前のティアⅡに比べて、かなり大型で重量も増えた。この更新バージョンは、ロタックスエンジンの代わりに、アリードシグナル社の331-10ターボプロップエンジンを搭載することで重量の増加に対応している。プレデターBの作戦環境(例えば、地上局)および補給は、ティアⅡと同等でC-130で輸送することができる。

仕様
翼幅:19.5m(14.63m)
全長:10.36m
重量:2903kg(1043kg)
航続時間:24時間(40時間)
巡航高度:13700m(7600m)
積載量:295kg(204kg)
速度:時速388キロ(218キロ)

次回更新は、9月29日 「プレデターの活躍」です。お楽しみに。
本ブログの内容の無断転載を禁じます。ご意見・ご質問をお待ちしています。
写真は、イメージです。


------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)


私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。画像クリックでamazonへ飛びます。

  


Posted by 友清仁  at 07:15Comments(2)knowledge base(基礎知識)

2010年09月15日

CIAと中央作戦軍 CIA and CENTCOM

CIA秘密作戦部長テネットは、ペンタゴンの中央作戦軍司令部へ向かった。はっきりいっていい気分ではない。理由は簡単で、CIAと軍は、長きにわたり犬猿の仲だからである。

テネットは、今回の作戦もペンタゴンに気づかれずに、こっそり実行し、その成果を大々的に宣伝しようと思っていたのだが、ブッシュ大統領が、中央作戦軍と打合わせて作戦を実行せよ、とのことであるから、フランクス中央作戦軍司令官にアポを取ったのだ。

もっともテネットも、軍と協働する気などない。アフガンに展開する工作員と無人偵察機プレデターを駆使して、タリバンとアルカイダの拠点を攻撃し、テロリストどもを粉砕しようと考えている。中央作戦軍には、そのあとの戦果判定だけやってもらえばよいと思っていた。
テレットは、簡単なボディチェックを受けたあと、フランクス司令官の執務室へ通された。フランクスは不機嫌そうな顔をして座っていた。

「将軍、お忙しいところを・・・」と、テレットが言いかけたが、フランクスは、その言葉を遮るように、「私は、非常に忙しい。なぜなら軍以外の部署が勝手に軍事作戦を計画して、大統領に進言したらからな。」と言った。テネットは、フランクスの態度にムカついたが、名より実を取れと自分に言い聞かせ、「CIAは、諜報機関として、中央作戦軍が必要な情報をすべて提供します」。

テネットのその言葉に、今度はフランクスがムカついた。「すべての情報だと?それならば、アフガンや周辺諸国にある、プレデターの簡易飛行場のために、民間企業の名義で取得した土地のすべての位置を中央軍に教えろ。そこにヘリ部隊を駐留できれば、CIAなど必要ない」。と心の中で怒鳴り、テネットを一瞥した。

その後、両者は形式的な打ち合わせをした。詳細は、各部署の事務方が煮詰めた。その作戦は、
1アフガニスタンに展開しているCIA工作員とグリーベレーを再編成し、(ODA)アフガンに散らばる軍閥に派遣し、それらを懐柔する。
2それらの特殊作戦部隊にELINT(情報戦)の機能を加え、航空機および巡航ミサイルを使ってタリバン軍事施設を攻撃する「従来的な」作戦をおこなう。
とした。

9月17日、ブッシュ大統領は、この作戦を裁可し、中央作戦軍およびCIAに、アフガニスタンに展開する特殊部隊、航空隊および無人偵察機を使って作戦を遂行する「権限」を与えた。さらに、アメリカがやったと分からないようにアルカイダの全世界ネットワークを破壊するという、テネットの提案をすべて裁可した。

少数の特殊部隊しかアフガニスタンへ派遣しないということが明確になったことで、世界は、アメリカはアフガニスタンへは本格的に侵攻しないだろうと思わせた。それはあくまで政権を倒すのであれば、その見方も正しいが、実際にアメリカが最も恐れたのは、19世紀の英植民地時代、20世紀のソ連アフガン侵攻のようになることであった。


次回更新は、9月22日 「無人偵察機プレデター」です。お楽しみに。
本ブログの内容の無断転載を禁じます。ご意見・ご質問をお待ちしています。
写真は、イメージです。

------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)


私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。画像クリックでamazonへ飛びます。

  


Posted by 友清仁  at 08:00Comments(2)Story(物語)

2010年09月08日

CIAの作戦 The operation of CIA

9月13日未明、CIA秘密作戦部長テネットが、人目をはばかるようにホワイトハウスに入った。連れているのは、秘書1名だけであった。中央作戦軍のフランクス大将が参謀達を大名行列のように率いてきたのとは対照的であった。

テネットはボディチェックを受けると、すぐに大統領執務室へ通された。執務室では、ブッシュ大統領とラムズフェルド国務長官がソファに座って待っていた。

早速、テネットは、CIAの作戦要綱をブッシュ、ラムズフェルド両氏に手渡し、説明を始めた。テネットの作戦は、
1.すでに潜伏しているCIA工作員がアフガンの地方軍閥の族長を懐柔し、反タリバン勢力を形成する。
2.CIA工作員が、軍閥の軍事顧問となり、作戦を指揮する。
3.その一方で、空軍CCTおよび特殊部隊が、爆撃機を誘導し、タリバンの拠点を破壊する。
というものであった。

この作戦は、短時間で戦端をひらき、その上、アメリカがアフガニスタンを攻撃したという世論にならないようしたいという、ブッシュ政権の望みに合うものであった。ブッシュ政権にとって、アメリカ対イスラム世界のような図式となり、戦いが泥沼化することは絶対に避けなければならない。

ラムズフェルドは、すでにアフガニスタンに潜伏しているCIA工作員が誰で、テロリストがどこにいるか、また攻撃をした際にテロリストがどのような行動に出るか、などをテネットに質問した。テネットは、すべての質問に過不足なく答えた。

あまりに完璧に答えるため、ラムズフェルドは、「CIAは、どうやって、そんな情報を得るのだ?昼間の中央作戦軍は、そこまで正確な情報を持っていなかったぞ」と言った。テネットは、「長年、工作員を派遣しておりますから・・」と答えるだけだった。テネットは、CIAが極秘に所有する無人偵察機プレデターのことは、機が熟すまでだまっていようと考えていた。

すでにCIAは、アフガンニスタン国内およびその周辺国の土地を、民間の気象調査会社の名義で購入し、無人偵察機プレデター用の簡易飛行場を建設していた。もちろんプレデターを飛ばし、諜報活動を行なっていた。

「実際に攻撃を開始するまでに何日かかる?」 ブッシュ大統領は、テネットに尋ねた。「1週間もあれば・・・」テネットの対テロリズム作戦の答であった。この大統領とテネットの会談は、すぐにペンタゴンに伝わったが、同省の誰もそんなに短い期間に作戦を開始できるとは思わなかった。

「CIAの作戦は完璧だが、万が一の場合に備え、2重、3重の保険はかけておきたい。この作戦をベースに、中央作戦軍のフランクス司令官と詳細を詰めるように」。ブッシュ大統領は、そういうと、執務室から出て行った。


次回更新は、9月15日 「CIAと中央作戦軍」です。お楽しみに。
本ブログの内容の無断転載を禁じます。ご意見・ご質問をお待ちしています。
写真は、イメージです。

------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)


私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。画像クリックでamazonへ飛びます。

  


Posted by 友清仁  at 07:46Comments(0)Story(物語)