2010年10月27日

テネットとフランクス Tenet and Franks

グレイがアフガンで活動しているとき、CIA秘密作戦部長テネットは、CIA本部のあるワシントンから中央作戦軍司令部のあるフロリダに移っていた。肩書も秘密作戦部長からCIA特殊作戦部隊司令官となっていた。

10月1日。この日は、テネットが初めて中央作戦軍参謀たちと顔を合わせた日である。10月6日に、空爆が開始されることを考えると、アメリカの意思決定の早さに驚かされる。

すぐに作戦会議が開かれた。会議の前半は、テネットが、いくつもの地図をスライドに写して、アフガニスタンの現状について解説した。会議の場は、異様な静けさに包まれた。無理もなかった。テネットの口から出てくるものは、中央作戦軍の情報参謀ですら知らない情報が次々と出てきたのだ。

テネットの一通りの説明が終わったあと、フランクス大将は、作戦第1段階で空爆すべきタリバン施設のリストを空軍および海軍から出向してきている航空参謀に提供するようにテネットに言った。湾岸戦争以来、中東地域を管轄してきた中央作戦軍の面目丸つぶれである。CIAの情報なしには何もできないフランクス大将は面白いわけがなかった。

さらにフランクス大将を不愉快にさせたのは、ホワイトハウスのラムズフェルドからの作戦の進捗についての催促である。

軍事作戦は、たとえ大統領に尋ねられたとしても、作戦を決行する直前まで秘匿することが第一である。簡単に答えられるわけがなかった。するとラムズフェルドは、テネットに進捗を尋ねるようになり、そればかりかフランクスの部下である参謀たちにも直接聞くようになった。

「国防長官とは、軍の暴走を監視するためのシビリアン(文民)なのではないか。その国防長官が戦争をしたがっている。戦争を政争の具にしているとしか思えない。そんな者のために兵士は命を懸けなければならないのか・・・」
フランクスは、他のエリート将官と違ってベトナムの戦場経験があるだけに、あの悲劇が繰り返されるのではないかと憂鬱になった。

そのような状況であっても、戦争の準備は着々と進められていった。海軍のミサイル巡洋艦もパキスタン沿岸に展開し、空軍の爆撃機も、ラムズフェルドの悪魔のような交渉術で、ロシアから、その空域を通る許可も得て、いつでも離陸できる状態になった。

しかし戦争に不確定はつきものである。空爆開始の直前になって、CIAから提供された空爆地点の地図は、旧ソ連軍が使っていた古いものであり、空軍の持っている最新の衛星地図とは、かなり違っていることが判明したのである。

つまり現地CIA工作員から送られてくる情報は、空軍の衛星地図に変換してからでないと使用できなかった。問題はこれだけではなかった。現地のジョーブレーカーは、目標を「色づけ」するための発信機を持っておらず、空軍の爆撃機と連携を取ることが非常に難しい状況だったのだ。

フランクスは、作戦の延期を大統領に進言するべくワシントンにアポイントを取ったが、大統領に会うことはできなかった。その代わりにラムズフェルドが面会し、「作戦は予定通りに行うように」と、告げたのみであった。

戦場には不確定がつきものである。作戦開始当初、地図の不備から空爆は困難なものになると思われたが、対するタリバン兵は、近代戦についてはまったくの無知で、アメリカの爆撃機が近づくと闇雲に対空砲を撃ってきた。そのため、爆撃機のパイロットは、空爆目標を「目視」で確認することができ、ほとんどを破壊してしまった。精密誘導弾は必要なかった。


次回更新は、11月3日 「タクール・ガールの戦い」です。お楽しみに。
本ブログの内容の無断転載を禁じます。ご意見・ご質問をお待ちしています。
写真は、イメージです。


------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)


私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。画像クリックでamazonへ飛びます。

  


Posted by 友清仁  at 07:01Comments(3)Story(物語)

2010年10月20日

ジョーブレーカー その2 Jaw breaker 2

10月5日、アフガニスタン北部にCIA工作チームの第2陣が到着した。

このチームは、タカールとクンドゥズ方面の2つに分けられ、付近を偵察した。「タリバン兵は、非常に訓練されているが、陣地に重火器は見当たらない。塹壕戦となるだろう」との報告であった。しかし、グレイが欲しいのはそんな情報ではなかった。グレイが求めているのは、アフガニスタンに散らばる軍閥のなかで、どの軍閥がアメリカに同調し、北部同盟に合流するかということであった。

アメリカは、アフガニスタンに駐留兵力がなく、あるのは、せいぜい情報を収集するためのネットワーク的なものである。このような状況で、「金」と「実力」という唯物的なものしか信用しないアフガンの軍閥首領を味方につけるのは、至難の業であった。

「もっと金と物資をアフガンに運び入れて、首領どもに見せつけなければ・・・」。グレイは思っている。
北部同盟幹部に覚悟を決めさせていて以来、ウズベクの拠点から毎日のように物資を送らせているが、輸送手段が、あのポンコツヘリであるため、全くはかどらなかった。大量に物資、特に重砲などを運ぶためには、ヘリコプターでは不十分で、輸送専門の固定翼機でなければならない。

しかし固定翼機を使用するとなると、飛行場が必要となる。グレイは付近を偵察し、輸送機が離発着できるような平坦な土地を探した。最終的に北部同盟司令部からさほど離れていないガルバハール地帯に、平坦な土地を見つけた。すぐに北部同盟兵士を使って、簡易飛行場を建設した。この簡易飛行場は、バグラム空軍基地およびリノ基地が確保できるまで、アメリカ軍が使える唯一の飛行場であった。

次回更新は、10月27日 「テネットとフランクス」です。お楽しみに。
本ブログの内容の無断転載を禁じます。ご意見・ご質問をお待ちしています。
写真は、イメージです。

------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)


私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。画像クリックでamazonへ飛びます。

  


Posted by 友清仁  at 07:04Comments(0)Story(物語)

2010年10月13日

ジョーブレーカー Jaw breaker

CIA秘密工作員グレイの指揮の下、1機のMil -17がアフガン進入部隊第1陣である、ジョーブレーカー10名を乗せて北部同盟司令部へ向けて離陸した。

北部同盟軍機の色に塗装された旧ソ連製Mi-17は、CIAが現地民から買い取ったもので、機体こそ旧式であるが、西側の最新電子機器を搭載する「最新」ヘリコプターである。

グレイは、ヘリの振動に揺られながら、10名の部下を見た。CIA秘密作戦部長テネットは、この部隊を「ジョーブレーカー」(Jaw breaker) と名づけた。直訳すると「あごを壊すもの」であるが、とても硬くて噛み砕けないキャンディーの意味である。また隠語で勃起した男性器の意味もある。

ジョーブレーカーは、10名で編成され、グレイは、その中で最も年長で経験豊富であり、長年、中東地域で活動していたため、ダリ語およびパシュトゥーン語を流暢に話すことができた。

副隊長には、中央作戦軍から将校が派遣された。この将校も何年もパキスタンに駐留しており、現地の言葉に堪能であった。

残りの要員は、グレイの下でいくつもの困難な任務をこなしてきた通信のスペシャリスト、シールズから6名、グリーンベレー、SOG心理作戦軍から1名ずつ、さらに2名のヘリコプターパイロット、整備員1名である。

数時間後、グレイらを乗せたMI-17は、今は亡きマスード将軍の北部同盟司令部の近くのパンシャールに降り立った。すぐにヘリコプターから、トラックの荷台に乗せられ厳重に警護された司令部へつれてゆかれた。

午後6時ごろ、通信要員のジョンは、無線機器の設定を終え、ジョーブレーカーおよび機器が無事に現地に到着し、作戦を行える状態であるとホワイトハウスに連絡した。

10月某日午前、グレイは、パンシール渓谷でムハンマド・ファヒム北部同盟軍最高指令およびアブドル軍医と会談した。グレイは、北部同盟幹部2名に対し、アメリカの作戦と要望を伝えた。つまり、
1. 北部同盟軍の全部隊を高度に「機動化」する。そのための物資、資金は惜しみなく援助する。
2. ジョーブレーカー要員を主要部隊に派遣し、その後、特殊部隊を受け入れる。

「我々は、ブッシュ大統領の命で派遣されています。大統領は、貴官に協力して欲しい。すぐに米軍が到着する、と伝えて欲しいと言われました」。「先ほども大統領からの連絡があり、世界はあなたの行動に注視している。今すぐ部隊を前線に進めて欲しい。前線では必ずアメリカの爆撃機が支援するとおっしゃいました。」と、グレイは、ファヒム将軍に対して言った。

しかしファヒムは、アブドル軍医を見るだけで、はっきりとした返事はしなかった。過去数年間、マスード将軍配下の北部同盟指導者と常に連絡を取り合い、その都度、ドル札を詰め込んだ「旅行かばん」を渡し、北部同盟を資金面から支援してきたグレイには、このファヒムの態度の意味がすぐに分かった。金か実力を見せろということである。

「コイツらに言葉は必要ない、必要なのは恐怖だ」。そう判断したグレイは、持参のスーツケースを開け、ドル札を机いっぱいにぶちまけた。「ここに50万ドルある。足りなければ、どんどん本国から送らせる。アメリカに協力しないのであれば、タリバンもアルカイダも、そしてお前らも潰す。これは警告だ。覚悟を決めろ」。

以後、ドスタム将軍をはじめとする北部同盟司令官のもとへジョーブレーカーたちが派遣された。しかしグレイは、一抹の不安があった。長きに渡り秘密工作を行い、大量の金をばら撒いてきたにもかかわらず、アフガニスタン全体で見ると、貧弱な装備の北部同盟軍1万人程度の兵力しかアメリカに協力させることができない状態で、タリバンが支配している南部においては、同調する者は皆無であった。

次回更新は、10月20日 「ジョーブレーカー その2」です。お楽しみに。
本ブログの内容の無断転載を禁じます。ご意見・ご質問をお待ちしています。
写真は、イメージです。

------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)


私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。画像クリックでamazonへ飛びます。

  


Posted by 友清仁  at 07:03Comments(2)Story(物語)

2010年10月06日

グレイの苦悩 Agonized Gray

9月18日。まだ夜も明けきらぬうちから、CIAの中央アジアを担当する部局はあわただしくなった。CIA秘密作戦部長テネットは、ロシア語に堪能な部下数名を率い、モスクワへと飛んだ。北部同盟を10年以上に渡り、支援してきたロシア情報局に支援を求めるためである。

テネットは、北部同盟内に駐在するCIA工作員が大幅に増えることを伝え、工作員の行動をけん制しないこと、できればロシア工作員も北部同盟司令官にアメリカに協力するように働きかけることなどをロシア情報局に依頼した。

当然のことながら、ロシア情報局は、アメリカに対し莫大な見返りを要求してきたため、テネットは、現在CIAが行っている中東作戦の内容を教え、さらにアフガン戦後の秘密協定を結んだ。(しかしながら諜報機関の常というべきか、テネットは、その後、なんだかんだと理由をつけて、この秘密協定をすべて反故にしてしまうのだが・・・)。

4日後の9月21日、CIAの第1陣、コードネーム「ジョーブレーカー」が必要な機材とともにタジキスタンを経由してウズベキスタンへ入った。この時点では、ウズベキスタンのカリモフ大統領は、対米態度を明らかにしておらず、国外退去命令がいつ出てもおかしくない状況であったが、CIAは、現地人に大量のドル札や物資を与えて土地の賃貸契約を結び、無人偵察機の簡易飛行場を建設してしまった。

CIA派遣部隊のリーダーである、グレイは、9月23日までに北部同盟-タジキスタンが支配しているアフガニスタン領内に侵入するように命令を受け、準備をすすめていたが、25日になっても進入することはなかった。

ワシントンの作戦部長テネットは、一刻も早く侵入し戦果を上げろと、矢のような催促であったが、グレイは、すべて無視した。現地のグレイからすれば、CIA単独での侵入は非常に危険であり、グリーンベレーなどの特集部隊と協働するつもりでいたのである。

タジキスタン政府がビザの発給やCIAの機材の搬入の許可をなかなか出さなかったため、準備が整わず、進入しようにも進入できなかったのも事実である。

グレイの進入を遅らせていたもう1つの理由は、移動に使うヘリコプターであった。現地に着いてすぐに現地民から旧ソ連製のMi-17を買い取ったのだが、買い取ったMi-17は、おそろしくポンコツで、いままで幾度となく修羅場をくぐり抜けてきたグレイでも乗ることにためらうほどであった。

グレイは、さらにドル札をばら撒き、できる限り程度のよい中古パーツを買い集め、同行のエンジニアにヘリを修理させた。

最終的には、機体の修理だけでなく、西側のレーダーやナイトビジョンシステムまで搭載する「最新」ヘリコプターに生まれ変わった。(このヘリコプターは、その後、北部同盟に供与され、タリバン崩壊後は、アフガニスタン軍航空部隊の1号機となった)

9月末日の未明。グレイとその部下10名は、北部同盟司令部へ向けて飛び立った。

次回更新は、10月13日 「ジョーブレーカー」です。お楽しみに。
本ブログの内容の無断転載を禁じます。ご意見・ご質問をお待ちしています。
写真は、イメージです

------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)


私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。画像クリックでamazonへ飛びます。

  


Posted by 友清仁  at 07:07Comments(0)Story(物語)