スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2011年10月19日

墜落 The clashed

5機のブラックホークが、闇の中をアフガニスタン南部のウルズガンに向けて飛行している。ブラックホーク5機の内訳は以下のとおりである。各機には、テキサス1から5までのコードネームがつけられている。

テキサス1 キャスパー(CIA)、ハミッド・カルザイ、
テキサス2 ペティソリー大尉、マイク、ロニー、ゼペス(CIA) 
テキサス3 ダン(CCT)、ウェス(CCT)、アレックス(CCT)、ケン(MED)、 
テキサス4 ジェイスン大尉、アシモフ大佐、 
テキサス5 現地で使う物資および機材

当然のことながら、各機には人員だけでなく、武器や弾薬、そして当面の活動に必要な機材が満載されている。

機内は、薄い赤色の非常ライト以外の光源はまったくなかった。ヘリのパイロットでさえ、暗視ゴーグルを装着して操縦していた。ペティソリー大尉は、ヘリのデッキから暗闇を見た。低く鈍いヘリのローター音の向こうに、僚機の緑色の戦術ライトだけが見えた。5機は、この戦術ライトを頼りに編隊飛行している。

当面の作戦として、ウルズガンの某所に降り立ったのち、ODA574は、ウルズガン州の某所(調べましたが分かりませんでした・・)の村に拠点を構え、反タリバン勢力の核となる、ゲリラ部隊300名を組織・訓練する。

空軍の空爆の力を借りながら、ゲリラ部隊を使って各地の要地・拠点を確保し、北部同盟軍の南下準備の時間を稼ぐ。最終的には、北部同盟軍と協働し、アフガン南部最大の都市カンダハルを攻略する。




「テキサス1、キャプテンから僚機全機へ。予定着陸地点付近に到着した。着陸態勢をとれ」。機内の誰も話さないため、機長の通信すら機内に響いた。ペティソリーには、各ヘリの緑色の戦術ライトが一斉に展開してゆくのが見えた。

大量の荷物があるため、1ヶ所にまとめて着陸したいところだが、着陸地点が敵の勢力圏内であるため、1ヶ所に着陸して敵に発見されると、すぐに全滅してしまう可能性があった。

したがって、5機は4~5キロ離れて着陸して、貨物をおろし、貨物を付近に隠匿したのち、人員だけ集合する。集合したのち、協力的な村に移動し、カルザイの手引きにより荷馬を使って機材を村に運び込むことになっていた。

テキサス1が急降下してゆく。機体が大きく傾き、機内のカルザイは、とっさに付近のバーにつかまった。すぐに、ズンっと機体に衝撃が走った。

「カルザイさん、あんたも、もう客じゃない。荷物を降ろすのを手伝ってくれ」。同乗のCIA工作員キャスパーが闇の中で言った。

ついでテキサス2も着陸した。テキサス2に従うように、機材のみを積んだテキサス5も付近に着陸した。ペティソリー大尉ら4名は、2機分の荷物をすばやく降ろした。身軽になったブラックホークは、すぐに秘密基地に向けて飛び立った。

3機の着陸を見届けるように、テキサス3も地面に接近した。緑の戦術ライトが、スーッと移動してゆくのが、最後まで上空にとどまっているテキサス4のジェイスン大尉には見えた。このままうまく行くかと思ったその瞬間、どーんという音と、一瞬だけだが炎が上がった。

異常を察したジェイスン大尉は、すぐにコックピットの無線を取ると、「テキサス3、状況を報告せよ」。と怒鳴った。しかし、無線からの応答はなかった。眼下の闇には、テキサス3の緑の戦術ライトだけが見えた。

「あれは、岩にぶつかったな・・」。隣のアシモフ大佐が言った。「アフガンの砂漠は、上からは真平らに見えても、急傾斜や大きな岩はたくさんある。わしが現役のころは、多少の危険を覚悟しても、ライトをつけて夜間着陸をしたものだ」。

ジェイスンは、なにをいまさら、と言う目つきでアシモフ大佐を睨んだ。アシモフは、その視線に気付いたのか、「炎上していないところを見ると、ヘリは無事なのかも知らん」。とのんきに言ったが、ジェイスンにとっては何の解決にも、なぐさめにもならなかった。

「テキサス4からオールテキサスへ。作戦に変更はない。テキサス4も着陸態勢に入る」。
ジェイスン大尉は、闇に浮かぶテキサス3の戦術ライトを見つめ、無線を切った。


次回更新は、11月2日、「テキサス3」です。お楽しみに。(週末、ハートロックなんで、1週お休みします・・謝)
ご意見、ご質問をお待ちしております。


------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)


私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。
画像クリックでamazonへ飛びます。







  


Posted by 友清仁  at 06:58Comments(0)Story(物語)