2012年08月29日

セクショナリズム2  Sectionalism 2

タリン・コットで悪戦苦闘するODA574のジェイスン大尉の悲痛な叫びを受けたのは、ODB570のデビット・リー曹長であった。

リー曹長は、すぐにODB570指揮官である、ロブ・ケアンズ少佐へ報告し、指示を待った。報告を受けたケアンズ少佐は、「分かった。マティ将軍に報告し、指示を受けてくる」。そう言って、テントを出て行った。

ケアンズは、リノ空港の簡易滑走路を横切りって、空港の管制塔へ、(と言っても2階建てのコンリートの粗末な建物だが)、走っていった。滑走路の端には、CH53が4機、CH46が6機、戦闘ヘリのコブラが4機、停っているのが見えた。

ODB570は、戦地で活動するODAをバックアップする部隊であることは、すでに述べた。バックアップする部隊であるため、ODB570の司令部は、先に75レンジャーが占領し、その後、海兵隊が運営を引き継いだ、リノ基地に置かれていた。

ケアンズ少佐は、第15海兵遠征部隊司令官、ジェームズ・マティ海兵准将がいる管制塔の2階へ上がっていった。ケアンズが司令部のある部屋に入ると、「暑い」。という言葉が浮かんだ。

それもそうである。日中の最高気温は40度にもなる土地で、冷房設備もなく、風通しも良くないコンクリートの部屋は、窓を全開にしていても、死にそうなくらい暑かった。外の方がよっぽど涼しかった。

そんな暑い部屋の中で、マティ海兵准将は、簡易テーブルと椅子の司令官席に座っていた。額には汗がにじんでいた。BDUの上着は脱いでいる。

なぜ、マティ将軍は、このクソ暑い部屋に閉じこもっているのだろうか。それは、単なる指揮官の安全を確保する、という理由に過ぎない。

リノ基地は、カブールが陥落し、トラボラの掃討戦が本格化した現在では、中央作戦軍司令部の中では、最前線ではなく、「後方」という位置づけになっていた。

マティ海兵准将もそのつもりでやってきたのだが、実際は、タリバン勢力の砂漠の中にポツンとあるオアシスのようなものであることが分かった。

リノ基地には、海兵隊500名と75レンジャー200名、合計700名の兵士がおり、おそらく当時のアフガニスタンで最大の部隊であったと思われるが、周辺に連携する部隊がいないので、孤軍と言ってよかった。

いつタリバンの大攻勢が始まるかわからない。その時に司令官が戦死してしまっては、最大戦力といっても、あっという間に全滅してしまうだろう。司令官の存在こそが部隊の生命線であると、マティ将軍は思っている。そのため、死ぬような暑さのなかでも司令部にとどまっていた。

もっとも、管制塔の薄いコンクリートの壁では、AK47の銃弾は防げても、RPG-7が撃ち込まれたらひとたまりもない。

「将軍、先ほど、タリン・コットに展開するODA574指揮官、ジェイスン・ハニンガム大尉から、緊急無電があり、救助ヘリおよび応援部隊を派遣して欲しい、と要請がありました」。ケアンズは報告した。

マティ将軍は、ケアンズの顔をうっとうしそうに見て、「それで?」。と短く返した。上半身のランニングは、汗でびっしょりと濡れている。

「ODB570は、前線に展開しているODAなどの部隊のバックアップが任務ですから、この要請に応え、救助ヘリを派遣すべきだと思います」。ケアンズの額にも汗がにじんできた。

「ケアンズ君、君の意見ももっともだが・・・、それは、ODBの包括的な任務だ。しかし、君の受け取った命令書にはなんと書いてある?ODB570は、カブール司令部と連携をとりつつ、リノ基地の海兵隊の活動を援護せよ、ではなかったか?」。

「ODA574の要請は、我々ではなく、カブールの司令部へ出すべきだ。君は、その無電をカブールで転送するだけで良い」。マティは、額の汗を拭った。

「しかし・・」。そう言いかけたケアンズを遮るように、「下がって良い」。とマティ将軍は言った。


次回更新は、9月5日、「セクショナリズム」です。ご意見、ご感想をお待ちしております。
------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)




私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。
画像クリックでamazonへ飛びます。







  


Posted by 友清仁  at 07:00Comments(0)Story(物語)

2012年08月22日

セクショナリズム Sectionalism

「こちら、ODB 570。貴官の所属および司令官を報告せよ・・・・・」。
ODA574指揮官、ジェイスン・ハニンガム大尉は、応答のあったPRC-148を鷲掴みにすると、
「こちらODA547。現在、味方の誤爆を受け、負傷者多数。至急、救護ヘリを派遣してくれ」。
しかしその直後、無線機は再び沈黙した。ODA574のSOSは届いたのか・・・・。

一方、3000メートル上空のB-52である。キャプテンのティモシー・クロスビー中佐は興奮していた。タクティカル・コーディネータから、命中の報告を受けると、「やったぞ」。クロスビーは、コックピットから立ち上がらんばかりに叫んだ。

しかし、クロスビーの興奮とは対照的に、副操縦士のハリス大尉は冷静に言った。
「キャプテン、地上軍に確認を取りましょう」。
空爆成功の興奮に酔っていたクロスビーにとって、ハリスの落ち着いた物言いは、冷水を浴びせられたようなもので、ハリスに対し、怒りを通り越して憎悪感すら持った。

「よかろう。第3次攻撃は、もっと精度を上げねばならんからな。地上軍でも、司令部でも、どこでも連絡を取り給え」。クロスビーは吐き捨てるように言うと、操縦をハリスに任せ、コックピットを出て、機体後部のレストエリアの簡易ベッドに横になった。
ハリス大尉は、クロスビーの姿が見えなくなると、無線の操作を始めた。

ODA574のSOSを受信したODB570とは、いかなる部隊なのか。
いわゆるODAとは、Operation Detachment Alpha(作戦分遣隊アルファ)の略で、ODBとは当然、Operation Detachment Beta(作戦分遣隊ベータ)の略である。

アフガン戦争初期では、Alpha部隊が主にグリーンベレーで構成され、主に戦闘行為を行うのに対し、Beta部隊は、各軍からエキスパートが派遣され、Alpha部隊の援護をするようになっていた。この援護とは、物資の補給・輸送、負傷者の回収・搬送などである。

つまりODA574は、まさに必要とする部隊と通信を取ることができたのだが、これで一件落着とはいかなかった。アフガンで行われている作戦は秘密作戦である。しかも、表向きは北部同盟とタリバン政権との戦いであり、アメリカ軍は影で活動することが基本方針となっていた。

現地で活動するODAには、広範囲な自由度を与えられているように見えるが、本当のところは、かなり制約されていた。

戦場のどこにCNNなどのテレビ局がいるか分からない。アメリカ軍は、アメリカ軍とタリバン軍と戦っている画が、世間に流布されることを極端に恐れていた。

当時のアメリカ首脳が危惧していたのは、キリスト教VSイスラム教の図式なることであり、できるだけアメリカ軍の行動を「隠蔽」しようとしていた。極言すれば、何か行動を取るためには、必ず上級司令部の許可が必要だった。

ODA574を含む、在アフガニスタン米軍の悪夢が始まった。


次回更新は、8月29日「セクショナリズム」です。ご意見・ご感想をお待ちしております。
------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)




私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。
画像クリックでamazonへ飛びます。







  


Posted by 友清仁  at 07:01Comments(0)Story(物語)

2012年08月15日

誤爆 Friendly bombing 8

無人の民家の地下倉庫へ避難したジェイスン、ペティソリー大尉およびカルザイは、その瞬間を待っていた。3人が避難している地下倉庫は、この家の主の食料などを保管しておくためのものであり、防空処理などはされていない。

B-52のAGM-69 SRAM の直撃弾を食えば、ひとたまりもない。至近弾であっても屋根が崩れ落ちて生き埋めになるだろう。「どうか、この近くに落ちませんように・・・」。ジェイスンは子供のように祈った。

数秒後、地響きが地下室に響いた。屋根から大量の土やホコリが舞い落ちた。ペティソリー大尉は、思わず目をとじてしまった。そのあとは、まるで今までの喧騒がウソのように静かになった。

爆発音や銃声が聞こえないことを確認した3名は、地下室から地上へ出た。地上は、地下室と打って変わって、消火活動に追われる男たちで、まさに火事場の騒ぎである。

ジェイスン大尉は、元の司令部があったホテルへ向かった。ホテルの近くでは、カザフ空挺連隊のアシモフ大佐が、愛用のドラグノフを背中に斜めに回して、アフガン兵に現地の言葉で怒鳴り散らし、消火や負傷者の救護活動の指揮をしていた。

アシモフは、ジェイスンの姿を認めると、
「アメリカ人よ。お前たちは、なんと間抜けなのだ。敵ではなく味方に爆弾を落とすとは!」。これ以後は、アシモフの言葉があまりに早口で、ジェイスンには聞き取れなかった。

おそらく、アシモフは、彼なりに現地軍を指揮して、タリバンと戦っていたのだろう。そこへ何の連絡もなく、(確か、アシモフには部隊間で通信する無線機を渡していなかった)、空爆され、危うく死にかけた。そのことを、思いつく限りの悪口憎言でまくし立てているのだろうと、ジェイスンは理解した。

ジェイスンは、アシモフに、「Sorry」と簡単に謝った。それ以外にどうしろというのか。その言葉を聞いて、アシモフも黙った。アシモフも同じことを考えていたのだろう。アシモフは、攻撃を仕掛けたタリバン軍は、空爆で全滅した、と言った。

ジェイスン大尉は、ODA574メンバーの点呼をとった。死亡者はいなかったが、CIAのゼペス、空軍のデニスが、空爆の際にガレキが体に当たり、大けがをしていた。メディックのケンが、骨折したペティソリーを含めて、高度医療が受けられるカブールに搬送する必要があると言った。

ついで、アレックスらCCTに、どこか上級司令部に通信できたかを尋ねた。CCTは、通信できないことを報告すると、ジェイスンは、通信を継続するように指示した。

退避指示を受けていなかったアフガン兵に、負傷者が多い。メディックのケンが懸命に手当をしているが、人手が足りず、全く追いついていない。そんな時、再びAK47の銃声が響いた。タリバン軍が生き残っていたのか?

「アメリカ人よ。奴らはタリバンではない。山賊馬賊の輩だ。どさくさに紛れて略奪をしようとしている。追っ払ってくるから兵士を少し借りるぞ」。アシモフはそう言うと、付近の兵士を引き連れて、銃声の方へ走っていった。

ともかく、タリン・コットおよびODA574は、危機的な状況であった。頼みの綱は、上級司令部に連絡が取れることであった。ジェイスン大尉は、通信を試みるCCTらの背後で、その作業を見守っていた。

数分後、
「・・・・・こちら、ODB 570・・・。貴官の所属および司令官を報告せよ・・・」。
ついに、地獄の底で挌闘しているODA574に、蜘蛛の糸が降りてきた。


次回更新は、8月22日「セクショナリズム」です。お楽しみに。
ご意見・ご感想をお待ちしております。
------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)




私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。
画像クリックでamazonへ飛びます。







  


Posted by 友清仁  at 07:01Comments(0)Story(物語)

2012年08月08日

誤爆 Friendly bombing 7

4発のAGM-69 SRAMがタリン・コットに向けて飛翔している。B-52のタコ(タクティカル・コーディネータ)が操作するコンソールには、ミサイルを表すオレンジ色の×がタリン・コットの白い×へ向けて進んでいるのが表示されている。

当初、オレンジの×は、4発分すべてが重なっていたが、時間が経つにつれ、4発は、扇子の骨の上を進むがごとく扇型に間隔を広げた。画面を拡大・スクロールすると、タリン・コットを表す四角が現れ、その四角を横断するように、真一文字に着弾予想地点を示す白い×が並んでいる。

AGM-69 SRAMはクラスター爆弾ではないが、その爆破範囲を考えれば、クラスターでなくとも街全体が爆破範囲に入る。「命中まで20秒」。タコは、報告した。


街の臨時司令部にいるODA574のジェイスン大尉は、誤爆とラービフの攻撃により、大混乱を起こしているタリン・コット防衛軍をまとめることに忙しかった。部隊長に無線を入れるが応えない。戦死したのか、逃げてしまったのか?どこに何人いるのかすら把握できない。

やがて、B-52の爆音とAK47の銃声に混じって、もう1つの耳障りな音が聞こえ始めた。
「来たか・・」。最悪な事態にもかかわらず、ジェイスンは、むしろホッとした。混乱を収めようと中途半端に指示を出すのをやめた。

倒れ始めたドミノを直すのに、今まで並べたドミノの労力を惜しんで、ごちゃごちゃやるからかえって被害が大きくなるのである。いっそ全部倒してしまって、はじめから並べれば楽だろう。土と粘土の建物ばかりのタリン・コットの街や、すぐに逃げ失せるアフガン人のことなど知ったことか。

しかし、ODA574のメンバーだけは別である。
「ジェイスンからODA各員へ。まもなく空爆が始まる。各員、退避せよ。空爆終了後、点呼をとる。それまで死ぬなよ」。そう無線に告げると、ジェイスンは、骨折したペティソリー大尉とカルザイを伴い、無人の民家の地下倉庫へ入った。


司令部が一時的に「停止」したことで、タリン・コット防衛軍は組織的な行動が取れなくなった。(もともと崩壊していたが・・)兵士の中には、果敢に射撃する者もいたが、ほとんどの兵士が逃げ失せた。市民も誤爆を避けてすでに街から脱出していた。タリン・コットはゴーストタウンのようになった。

タリバン司令官ラービフは、車両の助手席で笑い出した。アメリカ軍とは、なんと間抜けなのか。おそらくあの誤爆は、山中に隠れているタリバンを爆撃するためのものだったのだろう。しかし、あろうことか敵ではなく、味方の頭上に爆弾を落とすとは。

その後の混乱を収拾できず、あっけなく街を放棄してしまうあたり、アメリカ軍の作戦能力も大したことはない。「勝った、勝った、勝った」。ラービフは、鼻で大きく息をしながら心のなかで叫んだ。もはやラービフ達に向かって発砲してくる奴もいない。

ラービフは車両を止めさせ、あとに続く兵士たちに叫んだ。
「アメリカ兵も敵もいない。タリン・コットは我々のものだ。略奪を許す」。そう言われた兵士たちは、一斉に車から飛び降り、無人の民家に押し入った。

こんな田舎の街に金目のものなどはない。兵士たちは、清潔な水と新鮮な食料をどんどん車に運び込んだ。ラービフは略奪に参加しない。

兵士たちは略奪したものをどんどんトラックに積み込んでいる。やがてトラックの荷台がいっぱいになり、ラービフはその光景を見て、「そんなに積み込んだら、お前らは一体どこに乗るんだ?」。そんなことを思いつつ、兵士たちの無邪気さに心を和ませていた。

ラービフは、久しぶりののんびりした気分で、ふと空を見上げた。雲一つない青空であったが、一瞬、キラっと光るものを見つけた。ハッと息を呑む。「爆弾だ。逃げろ!」兵士たちに怒鳴るが、略奪に夢中の兵士たちは気がつかない。

ラービフは走った。直後、背後から爆発音が響き、爆風がラービフを襲った。体が宙に浮いたかと思うと、民家の壁に思い切り叩きつけられた。立ち上がり、なおも走り出そうとしたが、すぐに体中が燃え上がり、息ができなくなった。タリバン司令官ラービフは、その場に斃れた。


次回更新は、8月15日のつもりですが、お盆で忙しくなった場合は1週お休みをいただきます。
ご意見・ご感想をお待ちしております。
------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)



私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。画像クリックでamazonへ飛びます。

  


Posted by 友清仁  at 07:00Comments(0)Story(物語)