2012年09月26日

セクショナリズム5 Sectionalism 5

リノ基地へ救助ヘリの要請が出された。しかし、基地司令のマティ海兵少将の返事はあまりに杓子定規であった。

「そちらの事情もよく分かるが、こちらは敵のど真ん中にいる。航空戦力は非常に貴重だ。救助ヘリはそちらで手配してくれ」。

マティ将軍の言うことも一理ある。万が一、タリバンの一斉攻撃がリノ基地へ開始された場合、攻撃ヘリコプラを使えば、一発で撃退できるし、CH46は、直接攻撃はできないものの、迫撃砲の着弾観測に使える。対空装備を持たないタリバンならば、よほど低空飛行でもしない限り、RPG-7が命中することもない。

マティの返事を聞いたカルランド少将が再び激昂した。
「マティ将軍、そちらのタリバンの攻撃は未知だ。しかし、こちらの負傷者は実際に存在している。ODB570は、すぐにタリン・コットへ救助に向かえ!!」。

カルランド少将の命令口調に、今度はマティ少将が反撃した。
「カルランド君、口を慎みたまえ。君が私に命令できるのか?確かにカブール総司令部は、リノ基地より上級司令部であるが、君も私も同じ階級だ。君は、単にフランクス大将の留守を預かっているだけだ。君に命令権はない」。
マティは、一方的に通信を切った。

マティ将軍の発言は、自軍の保全が最大の目的とはいえ、組織論としては正論である。しかし、カルランドはそのようには受け取らなかった。何につけて陸軍に対抗意識を持つ、海兵隊特有の嫌がらせにしか思えなかった。(多少はそのような意図もあっただろうが・・・)

カルランドは、司令部の机の上のアルミ製コーヒーカップを、地面に投げつけた。カップは、派手な音を立てて転がった。

「タリン・コットを空爆した、馬鹿なB-52へ繋げ。今どこを飛んでいやがる」。
怒りが頂点に来たのか、将官らしからぬ口調である。

問題のB-52、そのパイロットのクロスビー中佐へのチャンネルはすぐに開通した。カルランド少将は、クロスビーが無線に出ると、考えうる限りの悪口憎言で、クロスビーを罵倒した。マティ将軍からの怒りを引きずっている。

突然の罵倒に、クロスビーも憤りを覚えた。クロスビーからすれば、自分は、カブール総司令部の直接指揮下にあるワケではなく、いきなり罵倒される覚えはないのである。

「将軍、おっしゃっている意味がわかりません。私はSOS信号に応じたまでです」。
クロスビーは言い返したが、それは、カルランドの怒りを増幅させただけであり、なんの解決にもならなかった。

カルランドの罵倒が再び始まるまえに、隣にいた副官が事情を説明した。味方がいるタリン・コットを誤爆し、負傷者が多数いること、そして3次空爆はせずに、トラボラへ向かうことを告げた。

その間でもカルランドの怒りは収まらず、最後に、
「クロスビー中佐、君には空気の薄い上空での勤務は向いていないようだ。基地に帰ったら、適切な任務につけるように取り計らおう」。

3次空爆のおそれはなくなったものの、依然として救助ヘリの目処が立たなない。ODB570から経由されてくるタリン・コットの状況は悲惨なものばかりである。空爆の負傷者に加え、その後、馬賊どもの攻撃で、負傷者が増えているという。

このような状態でも、カブールとリノ基地とのあいだで、実務者レベルの交渉は続いている。しかしながら、基地司令のマティ少将が、応と言わなければなんともならない。このまま無意味な時間が流れてゆくのか・・・・

その時、マルホールドランド大佐が席を立ち、通信兵へ近づき、耳元で命令した。
「インカムを貸せ。そして、ほかの誰にも気づかれないように、ODB570のケアンズ少佐と直接、話ができるようにしろ」。


次回更新は、10月3日「セクショナリズム」です。お楽しみに。
ご意見・ご感想をお待ちしております。
------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)




私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。
画像クリックでamazonへ飛びます。







  


Posted by 友清仁  at 07:00Comments(2)Story(物語)

2012年09月19日

セクショナリズム4 Sectionalism 4

はじめに・・・
1週間お休みをいただきましてありがとうございました。まだ本調子ではありませんが頑張りたいと思います。


タリン・コットのジェイスン大尉は、沈黙したPRC-148を見つめている。リノ基地のODB570に最後に通信してから、1時間ほど経っている。救助ヘリはやってくるのか、空爆は止まったのか・・・。ジェイスンの不安は、そこに集中した。

ジェイスンは、再び、ODB570へ通信した。
「こちらODA574。味方の誤爆により負傷者多数。空爆の中止および救助ヘリの派遣を求む」。
再び、この通信をリー曹長が受け、ケアンズ少佐に伝えた。「転送しろ」。ケアンズは返した。

リノ基地の滑走路には、CH53、CH46が停まっているのが見える。これらのヘリとパイロットは、ODB570指揮官、ケアンズ少佐の指揮下にある。組織上、ケアンズが出動命令を出しても良いのだが、基地司令として、海兵隊のマティ少将がいるため、勝手に出動させるわけにはいかなかった。

そのころ、カブールの総司令部では、アルバート・カルランド少将を議長に、再び作戦会議が開かれていた。
(この頃、フランクス大将は、アフガンにはいなかったようです。おそらくワシントンに居て、留守をカルランド少将が預かっていたのかもしれません。しかし資料によっては、フランクス大将がいたような感じのものもあります)

会議室の正面のスクリーンには、時系列のタリン・コット周辺の衛星写真が映し出された。航空戦力や対地ミサイルなどの攻撃があったなら、どこかに航空機なり発射炎などが写っているはずである。しかし、緊急無電を受けてから数時間前の写真には、そのようなものは一切、写っていなかった。

会議室は、再び疑問の渦に巻き込まれたが、恐ろしい事実を知るには、まったく時間がかからなかった。衛星写真をスローで再生してゆくと、画面の下方からB52が現れ、ぐんぐんタリン・コットに接近し、やがて機体から4基のミサイルが発射された。ミサイルは、ぶれることなくタリン・コットに突き進んでゆくのがはっきりとわかったのである。

そして衛星写真は・・・、会議室の全員が最も恐れていた結果を映し出した。街に大きな火柱が4つ上がった。
カルランド少将は、席を立ち上がり、「ディエゴ・ガルシア基地に連絡し、このB52が今どこにいるか確認しろ。誰がタリン・コットを空爆しろと言ったかもだ」。

その時、会議室のマルホールドランド大佐のもとにODA574からの無電が書かれたメモが手渡された。マ大佐はすぐにそのメモを読み上げると、その場の全員がすぐに状況を把握した。

カルランド少将は、「至急、タリン・コットに救護ヘリを派遣しろ」。航空参謀に怒鳴った。しかし数分後、現在、カブールには、すぐに飛び立てるヘリコプターが1機もない、という報告が上がった。

その報告に、カルランドは激昂した。カルランドのあまりの激高に、航空参謀は恐る恐る、「リノ基地には、ODB570のヘリが数機待機していますが・・・、ODAの直接指揮下にありません。これが使えれば・・」。と付け加えた。

「至急、リノ基地へヘリ派遣を要請しろ」。カルランドは再び怒鳴った。


次回更新は、9月26日、「セクショナリズム」です。
ご意見・ご感想をお待ちしております。
------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)




私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。
画像クリックでamazonへ飛びます。







  


Posted by 友清仁  at 07:00Comments(0)Story(物語)

2012年09月05日

セクショナリズム3  Sectionalism 3

ODB570指揮官、ケアンズ少佐は、リノ基地司令部の管制塔を出ると、すぐに駆け足でODB570司令部のあるテントへ走った。滑走路の端には、ヘリが数機停っているのが見える。

リノ基地からタリン・コットまで、わずか80キロほどである。おそらく、離陸準備やブリーフィングなどの時間を入れても、1時間以内に現地に到着するだろう。「くそっ」、ケアンズはつぶやいたが、命令には従わなければならない。

テントに到着すると、無線係のデビット・リー曹長に、ODA574の緊急電をカブールへ転送するように命じた。

この緊急無電に驚いたのが、ODA574の指揮官である、クリス・ミラー少佐である。ほんの数時間前、確かにODA574からSOS無電を受けたが、それは無線機の操作ミスであり、タリン・コットは平穏無事であることが確認された。

しかし今度は、空爆を受けて負傷者多数であるという。しかもその無線がODA574ではなく、リノ基地のODB570から発信されてきた・・・。だいたい、空爆とはどうゆうことだ?タリバンが航空兵力を持っているのか?クリスの頭の中には?マークだらけになった。

ともかく、事実を確認せねばなるまい。通信兵に命じ、ODA574と直接連絡を取ることにした。数分後、通信兵から、タリン・コットと通信ができないと報告を受けた。クリスの頭の中は再び?マークでいっぱいになったが、異常事態が発生していることだけは理解できた。

(おそらく、通信兵は、タリン・コットに配備された最新の無線機である「ヴァイパー」に通信したのだろう。しかしヴァイパーは、空爆により破壊されており、通信が開通しないのも当然である)

やむおえず、クリス少佐は、再びODB570へ通信し、詳細を尋ねることにした。しかし、聞かれたODB570も、偶然、無電を受け取っただけで、詳細などわかるわけもない。ODB570も再びタリン・コットへ尋ねた。

タリン・コットのPRC-148のスピーカーが鳴った。ジェイスン大尉は、すぐに無線に出た。ついに救助ヘリがやってくるのか。しかし、無線の内容は、ジェイスンを失望させるものだった。

「こちらODB570。貴官の要請をカブールへ転送した。しかしカブールから再度、現地の様子について詳細が欲しいとのことである。そちらから、カブールへ直接、通信できないか?」

ジェイスンは、無線を叩きつけたいほどの衝動を覚えたが、この無線機まで破壊してしまったら、通信手段が全くなくなってしまう。大きく息を吸って答えた。
「こちらは、空爆によりメインの広域無線が破壊され、カブールへは直接通信できない。本隊は、空爆を受け、負傷者多数。至急、救助ヘリを求む」。

この通信が、再びカブールへ転送された。まさに伝言ゲームである。ジェイスン大尉の発言が、カブールの総司令部に伝えられ、緊急参謀会議が開かれた。先のタリバン軍の攻撃以来、タリン・コットに関しては、ODA574だけの問題ではなく、カブール総司令部で対応することになっていた。

カブールの司令部では、救助ヘリ派遣よりも、無線が破壊されたことよりも、「空爆」の一言にとらわれていた。全滅寸前のタリバン軍は、未だに航空兵力を持っているのか?それとも、強大な野砲部隊でも潜んでいるのか?場合によっては、今後の作戦に大幅な変更が必要かもしれない。

結局、緊急参謀会議の結論は、タリン・コット周辺の兵力や情勢を調査し、1時間後に再度、会議を開く、ということになった。


次回更新は、9月19日「セクショナリズム」です。(いわゆる夏バテで、体力がありません・・謝)
ご意見・ご感想をお待ちしております。
------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)




私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。
画像クリックでamazonへ飛びます。







  


Posted by 友清仁  at 07:01Comments(0)Story(物語)