2012年12月26日

死に値すべきもの The worth dying for 11

「システム、オールグリーン」。
ODB570所属のCH46のパイロット、グレック大尉は、タリン・コットの南の空き地に着陸を成功させると、すべての計器に異常がないことを確認した。背後では、PJたちが室内灯をつけて、医療装備を準備している。タリン・コットには相当数の負傷者がいるはずである。入念な準備が必要である。

陽が落ちたタリン・コットの街は、もちろん灯火管制を敷いていないのだが、暗黒の街であった。しばらくすると、車のヘッドライトが近づいてきた。グレックは、シートベルトをはずし、ヘルメットを脱ぐと、扉を開けて外に出た。

車がヘリの横に止まり、内からジェイスン大尉が出て、
「ODA574指揮官、ジェイスン・クラフト大尉です。救援に感謝します」。と、敬礼した。
グレックも、自分の所属を述べ、敬礼を返した。

「ともかく、負傷者が大量にいる。メディックは、すぐに車に乗ってくれ」。ジェイスンはそう指示し、ODB570のPJたちは、医療装備とともにトヨタピックアップに乗り込むと、闇に消えた。パイロットのグレック大尉とガナーのマルティネス軍曹らは、ヘリに残る。

タリン・コットの負傷者が集められている広場に着いたPJたちは驚いた。大量の負傷者のなか、手当をしているのは、たったひとりのメディックのケンだけだったのである。

「ほかのメディックはどこだ?アメリカ兵はいないのか?」。ODB570のPJは、ODA574のたったひとりのメディックのケンに聞いた。
「あいにく、メディックは俺ひとりだ。アメリカ兵も全部で10人くらいしかいない。とにかく人手が足りない。医療品も使い果たした。すぐに手当を開始してくれ」。

PJたちは、負傷者が並べられている広場、かがり火だけで全体を見わたすことができないが、負傷者のほとんど、いや全部がアフガン人である。彼らは、すこし戸惑った。我々は、アメリカ兵を助けるためにやってきたのではないのか・・・・。

なかなか負傷者の中に入ってゆかないPJたちに、ジェイスン大尉は、「早くやれ」。と命令した。しかし、PJの一人は、「アメリカ兵の負傷者はどこですか?限られた医療品でやるのですからアメリカ兵が優先です」。と返した。

その言葉に、ジェイスンは唖然として、人差し指を立てて言った。「彼らはアフガン人だが、アメリカ軍に協力してくれている。そしてこちらの誤爆で負傷した。助けねばならん。負傷者に国籍が関係あるのか」。

その発言に、PJたちは、黙って負傷者の中に入っていった。しかし、何か釈然としないものがあった。アメリカ人特有の、選民思想とか差別などではないアメリカ第一主義というべき発想が、PJの中に漂っている。

我々は命をかけて、仲間のシュワイン少尉の死を乗り越え、ここまでやってきた。それはアメリカ軍、アメリカのためである。自分と仲間の命をかけて行うべきことが、アフガン人の手当なのだろうか。

しかし、兵士は戦場に入ると、ある種の機械になってしまう。ODBのPJたちは、何かわだかまりがありながらも、負傷者を前にすると、テキパキと手当を開始した。

いままで、放って置かれた重傷者にも手当が施されるようになった。(戦場医療では、治療を施す順番は、運ばれた順でもなく負傷の種類でもない。助かりそうな負傷者から優先的に治療が施される)
いままで絶望的な雰囲気であったアフガン人に、希望の光が見えてきた。

応援のPJたちの働きもあり、手当にめどがついてきた時である。メディックのケンが「では、重傷者からヘリに運べ。カブールでさらに治療をする」。と言った。この言葉に、PJたちは、一斉にケンの顔を見た。


次回更新は、1月2日「死に値すべきもの」です。お楽しみに。
ご意見・ご感想をお待ちしております。

------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)



私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。
画像クリックでamazonへ飛びます。







  


Posted by 友清仁  at 07:00Comments(2)Story(物語)

2012年12月19日

死に値すべきもの The worth dying for 10

戦場とは不思議な空間である。そこには、武器を持った人間しかいないはずなのだが、しかし、人間以外のなにかがある。それは勝利の女神なのか、死の悪魔なのか。
成功と失敗、勝利と敗北、そして、生と死。何がきっかけで、どんなタイミングでこれらが決まるのだろうか。

「ジェラーユ ヴァーム ウダーチ !!」
囮作戦をはじめるに時に、アシモフ大佐が叫んだ言葉が、ロニーの頭の片隅で振動していた。RPG-7の超至近弾を喰らい、意識が飛んだあとでも、その言葉は響いていた。どんな意味なのか。

頭上、斜め45度くらいから、CH46の鈍いローター音とともに、M240Bの激しい咆哮が聞こえた。曳光弾が、馬賊たちが潜んでいると思われる岩場や窪地に向けて、降り注いでいるのが見えた。

CH46のパイロット、グレック大尉もガナーのマルティネス軍曹も、ナイトビジョンを装着している。上空から、馬賊どもの動きは手に取るようにわかった。ヘリの胴体に、M240Bの発射振動が響く。同じ間隔で、突然の上空からの機銃掃射に慌てふためいて逃げる馬賊どもの背に、M240Bの7.62mm弾が容赦なく突き刺さる。

馬賊の中には、曳光弾の発射元へ向け、反撃を試みる者もいたが、ヘリコプター2機による十字掃射の前に、1発も撃つことなくなぎ倒された。馬賊どもも、このような逆転劇が起こるなど、夢にも思わなかっただろう。

やがて、馬賊どもにも退却命令が出たのか、潮が引くように、タリン・コットの街から遠ざかってゆくのが上空からはっきりと認められた。
「OK。敵は退却した。これより着陸態勢に入る。着地ポイントに誘導願う」。グレック大尉は、CCTのアレックスに通信した。

囮狙撃手のロニーも、上空からの機銃掃射により、馬賊どもが去ってゆく様子が感じ取れた。
「やっと終わった」。思わず、つぶやいた。

掃射が終わったことを確認して、ロニーは、再びアレックス・アシモフと合流しようと、潜んでいた廃屋をでて、通りを歩き出した。頭上には、バラバラとCH46のローター音が響いている。着陸態勢に入ったのか、目印の緑色の戦術灯が点滅しているのが見えた。

「来んのが遅ぇんだよ」。
ロニーは、つぶやき、アシモフから預かったドラグノフを、緑色の戦術灯に向けてかまえた。スコープの中央に、緑の戦術灯を捉えた。こちらからはそれ以外、何も見えない。ロニーは何も考えていなかった。戦闘が終わった安堵感が心の中を占領していた。

CH46の機内は、緊張の中にいた。理由は言うまでもなく、副パイロットのシュワイン少尉が戦死するほどの決死の低空飛行を敢行し、そして今、ヘリコプターにとって、最も緊張する瞬間である、着陸態勢に入っていた。パイロットのグレック大尉はもとより、周囲の警戒にあたるマルティネス軍曹も緊張の上限にいた。

どのような表現が適当なのだろうか。現象としては、地上のロニーと、上空のマルティネスは、スコープ越しに、「目が合った」状態になった。すぐに反応したのは、マルティネスである。
「着陸地点付近に、敵スナイパー!ファイア!」。CH46の機内に、再び振動と薬莢が飛び散る音が響く。

ロニーは、スコープの中で、一瞬、キラッと瞬くものがあったかと思うと、次には、ぎゅーん、ぎゅーんという、真空音とともに、オレンジの火が、まるで火箭のように向かってくるのが見えた。スコープから目を外すと、暗闇の中で足元をパン、パン、パンと、何かが弾ける音がした。

ロニーには、本能的に何が起こっているのかがわかった。敵と間違われて撃たれているのである。敵ではないことを示すため、すぐさま、ドラグノフを背に回し、両手を大きく振った。しかし、ロニーの傍らから勝利の女神が去り、その代わり、死の悪魔がロニーの肩にそっと手を置いた。

「野郎、ふざけやがって」。ナイトビジョンを装備しているマルティネスの、そのライムグリーンの視界の中には、米軍の3カラーのBDUも、ニューヨークヤンキースのキャップも見えなかった。見えたのは、ドラグノフの独特のシエルエットだけである。

CH46のクルーには、タリバンが挑発しているようにしか見えなかった。
「全ガナー、撃て」。
部隊長のグレック大尉も命令する。4本の火箭が1点に集中する。

「ヤバイっ」。ロニーも焦った。とにかく身を隠すことにした。しかし、すぐに身を隠せる間口が空いている建物がなかった。暗闇を走って入口を探す。5メートルほど向こうに、ポッカリと口を開けているような間口があった。

その間口へ向けて走り出した時、左足首をひねった感覚がした。しかしそれだけでなく、その場に転んでしまった。立ち上がり、再び走り出そうとしたが左足に力が入らない。

力が入らないのではなかった。力をいれると、左足全体に激痛が走った。足も見ると、スニーカーのつま先が見当違いの方向を向いていた。7.62mm弾が、ロニーの左足首を粉砕していたのである。

這いつくばいながらも進み、なんとか間口までたどり着いた。そのまま建物に入ろうとしたが、できなかった。背に回したアシモフのドラグノフのバレルが、壁に引っかかって、ロニーの侵入を阻止していた。

ドラグノフを捨てようと格闘しているロニーに、悪魔が忍び寄り、むんずと、ロニーのBDUの襟首を掴んだ。上空から繰り出された銃弾の1発が、ロニーの背中の中心に命中した。

「ジェラーユ ヴァーム ウダーチ !!」
ロニーは、結局、アシモフの言葉の意味が分からぬまま、目の前が真っ暗になり、それからの記憶が消えた。


次回更新は、12月26日「死に値すべきもの」です。お楽しみに。
ご意見・ご感想をお待ちしております。
------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)



私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。
画像クリックでamazonへ飛びます。







  


Posted by 友清仁  at 07:00Comments(2)Story(物語)

2012年12月12日

死に値すべきもの The worth dying for 9

RPG7の弾頭が黄色い炎を上げながら、ロニーの隠れる建物へ飛んでゆく。1秒後、建物に命中して、大きな火柱が上がる。その火柱を見て、馬賊どもは、訳のわからない雄叫びをあげている。
「ロニー、ロニー、応えろ!応答してくれ!」

アレックスは、何度も無線のPTTを押して、火柱の向こうにいるであろうロニーに呼びかけた。となりのアシモフ大佐もその様子と火災の起こった建物をかわるがわる見ていた。数分が過ぎたが、依然としてロニーからの応答はない。

馬賊どもも、RPGでスナイパーを殺したと思ったのだろう。再びAK47を撃ち始めた。
「アメリカ人よ。奴は死んだ。あきらめろ。今は、奴の仇を討て」。アシモフは、SR25をかまえ直して言い、そして撃った。

アレックスも軍人である。自らの戦死はもとより、仲間を失うことも十分に承知していた。アシモフの言うとおりである。再び銃を構え、ロニーを撃った、RPG射手を探した。

スコープの中に、弾頭のなくなったRPGの筒を持って、自慢げに、火災の方向を指差している兵士が見えた。スナイパーを殺したと思っているのか、無防備に、仲間とはしゃいでいるのが見えた。
「ぶっ殺してやる」。アレックスはつぶやき、トリガーを絞った。

スコープの中の敵は、胸を撃ち抜かれ、その場に膝をついて倒れた。それを見た周りの馬賊どもは、未だにスナイパーがいることに気づき、蜘蛛の子を散らすように、再び岩陰に隠れた。

アシモフも何人か倒したようだ。馬賊もスナイパーを恐れて再び動かなくなった。しかし、こちらもロニーの囮射撃がなくなったため、戦場は膠着した。
「馬賊の割にはシツコイ奴らだ」。アシモフがつぶやく。よほど、タリン・コットの街が魅力的なのか・・。再び沈黙の闇が、辺りを支配する。

「・・・・・こちら、ロニー、応答が遅れてすまない・・・。アレックス、こっちは無事だ。ケガもしていない・・・・」。アレックスのヘッドセットに、囮のロニーから応答があった。

アレックスは、すぐに返信する。
「馬鹿野郎、心配させやがって。無事なら、なんですぐに応答しないんだ」。
ロニーは、「すまない」、と一言だけ返し、RPGは、となりの部屋に命中したのだが、あまりの衝撃のため、平衡感覚というか、意識が飛んでいたらしい。RPGという兵器のすごさを実感したような口ぶりであった。

再び、囮作戦を開始することにした。また、RPGを喰らってはたまらないので、ロニーは、大きく移動することにした。ロニーが1発撃つと、馬賊どもは、再び咆吼した。

その咆哮を目指して、アシモフとアレックスは再び狙撃を開始しようとしたとき、斜め後ろから、ヒュン、ヒュンという鈍い音が聞こえた。2人が音の方向を見上げると、暗闇の中で、はっきりとは見えないが、2軸のヘリコプターらしき輪郭が認められた。待ちに待った救助ヘリがやってきた。


「こちらODA570所属のCH46。タリン・コット上空に到達した。応答願う」。パイロットのグレック大尉は、発信した。無線を切ると同時に、激しい銃声と火花が下方で散っているのが見えた。

グレック大尉の通信に、まっさきに答えたのは、CCTのアレックスであった。
「こちらODA574所属CCT、アレックス軍曹。救援感謝する。到着早々申し訳ないが、敵の掃討を要請する。敵座標は・・・」。と、言いかけたアレックスに対し、
「座標は無用。目視できる。これより機銃掃射を開始する。地上部隊は安全な場所へ退避せよ」。グレック大尉は、即答した。

「CH46α機長から全ガナーへ。地上のイモムシどもをすり潰せ!」。グレックが命令するやいなや、2機のCH46の4挺のM240が火を噴いた。


次回更新は、12月19日「死に値すべきもの」です。
ご意見・ご感想をお待ちしております。
------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)



私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。
画像クリックでamazonへ飛びます。







  


Posted by 友清仁  at 07:00Comments(0)Story(物語)

2012年12月05日

死に値すべきもの The worth dying for 8

ロニーと、アシモフ、アレックスの3名は、右翼・左翼のポジションについた。その間、馬賊たちも盛んに射撃してくるのだが、こちらの狙撃を恐れて、なかなか近づいてこない。
「始めろ」。アシモフは、そばのアレックスに、無線でロニーに伝えるように指示した。

囮のロニーは、深呼吸しながら、ドラグノフに初弾を装填した。そして、命中は期待できないものの、敵のマズルファイアに向けて、1発撃った。
どおんっと、7.62ミリ弾の射撃音とマズルファイアが起きる。辺りは一瞬だけ明るくなった。ロニーは、すぐにその場にうずくまり、敵の銃火に備えた。

予想通り、ロニーの周りの壁や窓に、敵の銃弾が集中して、表現のしようもないほどの大騒ぎになった。

馬賊たちというか、アフガン人は、狙って撃つということをあまりしない。大抵、敵のいそうな方向へフルオートで撃つ。アフガン人の戦闘というのは、そのフルオートの勢いと勢いのぶつかり合いであり、先に勢いに負けたほうが、戦闘の敗者となる。

そんなアフガン人でも、ごく希に狙って撃ってくる奴がいる。そうゆう奴は、恐ろしい程の精度で撃ってくる、超一級のスナイパーであり、ロニーは、かつて、ヘルメットを棒の先に引っ掛けて、囮としてフラフラと漂わせていると、そのヘルメットに幾筋も銃弾が命中したことがあった。

アシモフには、500メートル先で、ドラグノフのマズルファイアが見えた。すぐにロニーのSR25を構える。アレックスもナイトビジョンのスイッチを入れ、同様に構える。一瞬後、馬賊のAK47の咆哮が始まった。

AK47のフルオートで1マガジン30発を撃ち尽くすのに、わずか3秒である。AKは、3秒間は、けたたましく鳴き咆哮するが、すぐに沈黙する。しかし、アシモフは、その間に敵の位置を把握し、トリガーを絞る。

SR25には、サプレッサーが取り付けられているため、パシッ、パシッという、空き缶を踏み潰したような音だけがする。アレックスは、ナイトビジョン付きスコープを通して、アシモフの撃った方向を見ている。スコープの中には、馬賊が数人いるのがはっきりとわかる。

そのうちの一人が、もんどり打って斃れる。アシモフは、続けて撃つ、再び、もう一人が斃れる。「命中、命中」。とスコープの中の馬賊が斃れるたびに、アレックスはつぶやく。アシモフは、ひとしきり撃ち終えると、「報告しなくてもいい。お前もどんどん撃て」。いつの間にかアレックスは、アシモフのスポッターの役割をしていた。

アシモフの言うとおりである。こちらはナイトビジョンで敵の位置がわかるのだ。ロニーの囮射撃に構わず狙撃できる。アレックスは、サッと戦場を見渡した。およそ、50人ほどの馬賊が、次のロニーの囮射撃が起こるのを、息を殺して待っているのが見える。

その内の一人を撃つ。そいつはその場にドサッと斃れる。そばにいたもう一人は、仲間がやられたことに気がついていない。そして、もう一人を撃つ。そいつも膝をついて、地面に顔面を打ち付けるように斃れる。アレックスは、軽く息を吐いて、スコープ越しに次の獲物を探した。

再び、ロニーの囮射撃のマズルファイが光る。愚かな馬賊どもは、その光に向かって、一斉射撃をする。それを目印に、アシモフが撃つ。一人、また一人と、馬賊どもは倒れてゆく。一面が暗闇であるせいか、奴らは、仲間が次々とやられていることに気がついていない。

そんなことが、2度、3度と繰り返された。こちらの狙撃も命中しない時もあり、敵兵の数が、効率的に減っているわけではないが、敵は狙撃を恐れて、突入してこない。五分の戦いをしているといっていい。

アレックスは、次の獲物を探した。敵も狙撃を恐れて、窪地や岩陰に隠れるようになって、思うように敵を見つけられなくなっていた。しかし、敵はこちらの位置に気がついていないうえに、こちらは、敵が丸見えである。焦ることはない。

しばらく敵を探していると、岩の影から、見慣れたひし形が見えた。間違いなくRPG7の弾頭である。
「マズイ、こいつを倒さねば・・・」。しかし、スコープから見えるのは、弾頭だけで、肝心の射手の体は見えない。アレックスは焦った。

次の瞬間、ロニーの囮射撃音が起こる。それとほぼ同時である。スコープ内のひし形を中心に、画像が真っ白になる。アレックスは、スコープから目を外すと、RPG7の弾頭が独特の黄色い発射炎を吐き出しながら、ロニーのいる方向へ進んでゆくのが見えた。

アレックスは、無線のPTTのスイッチを思いっきり押して叫んだ。「ロニー、逃げろ!」


次回更新は、12月12日「死に値すべきもの」です。お楽しみに。
ご意見・ご感想をお待ちしております。
------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)




私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。
画像クリックでamazonへ飛びます。







  


Posted by 友清仁  at 07:00Comments(0)Story(物語)