2013年01月30日

戦闘終結 Over the war

その日、タリン・コットの午後は、空爆で死亡した兵士や市民の葬儀、そしてガレキの片付けで終わった。

翌朝、まだ日が登らぬ薄暗い中、タリン・コットの街にあるすべての4輪駆動車とソ連製トラックが、街の中央の広場に集められた。荷台には、AK47やRPG-7を持ったタリン・コットの若者たちが、乗り込み、カンダハルへの出撃準備を整えていた。

日が昇り、あたりが明るくなった頃、カルザイが広場に現れた。荷台の兵士たちは、一斉にカルザイの名を叫んだ。カルザイは、兵士に向かって、「出撃!勝利は我々のものだ」。そう叫ぶと、車列の先頭の4輪駆動車に乗った。

数十台の車列は、タリン・コットの街を出ると、渓谷を縫うように走る道をカンダハルへ向けて走った。車列の最後方にODA574のジェイスン大尉らが乗ったトヨタハイラックスが続いた。

アメリカ軍の空爆の頻度は極限状態まで高まり、トラックが2台連なっただけでも空爆の対象となっているため、ODAが絶えず、友軍であることを上空の爆撃機に知らせないと、再び誤爆の悲劇が起こる。そのため、ODA574のCCT、アレックスは、定期的に友軍に無線を発していた。

タリン・コットからカンダハルまで200km近くあるため、途中で野営し、2日後にカンダハル郊外に到着した。その間、全くと言っていいほど、タリバンの攻撃を受けなかった。

遠くに霞むようにみえるカンダハルの街を、ジェイスンは双眼鏡を通してみた。城壁の上や城門のあたりに兵士は見当たらず、街は平静を保っているかのようだった。

「どうする?」。ジェイスンは、カルザイに訊ねた。
「戦術的なことは、私にはわからない。しかし、兵士たちの士気が高いうちに決着をつけるべきだ」。

ジェイスン大尉は、街をアフガン兵に偵察させようと思ったが、彼らの偵察能力の低さを、嫌というほど知っているのでやめた。自分が偵察に行こうと思ったが、カンダハルまでは、広々とした砂漠で、身を隠すようなところがなく、的に発見される可能性が非常に高かった。

GPSを見ると、カンダハルの南東15キロの位置に、カンダハル国際空港があることがわかった。
「空港を空爆してみよう。敵の士気が旺盛ならば、消火活動に出るだろうし、その規模で、敵戦力もわかる」。ジェイスン大尉は、空爆を要請することにした。

CCTのアレックスが無線を操作していると、味方からの無線を受信した。無線の主は、アフガン最南端の都市シンナレイへ侵入し、当地の軍閥、ガル・アタ・シャルザイを支援しているODA583からであった。

「こちらODA583指揮官、マイク・パーカー大尉、貴官の部隊名と氏名を求む」。
「こちらODA574、ジェイスン・クラフト大尉だ。北部のタリン・コットからカンダハル攻略を計画している。そちらの位置と兵力を知りたい」。

その後、無線の往復のあと、ODA583のシャルザイ軍は、1000人規模の大部隊であること、また無線やGPSなどの装備も充実していることがわかった。

そこで2部隊は、役割を分担し、ODA583が空港の空爆および占領を行い、ジェイスンのODA574は、近隣集落の占領と慰撫を行うことになった。

2000年11月24日、カンダハル国際空港への昼夜を問わない空爆が開始された。元々が民間空港であったため、ろくな対空設備もなく、一方的な空爆であった。

カンダハルの市街地には、1発も爆弾を投下していないのだが、12月7日、カンダハルのタリバン司令官から、降伏の申し出があった。

ガル・アタ・シャルザイとODA583は、カンダハルへ入場し、タリバンの武装解除を行った。こうして、アフガン南部最大の都市、カンダハルが陥落した。


次回更新は、2月6日「戦闘終結」です。お楽しみに。
ご意見・ご感想をお待ちしております。
------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)



私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。
画像クリックでamazonへ飛びます。







  


Posted by 友清仁  at 07:00Comments(0)Story(物語)

2013年01月23日

死に値すべきもの The worth dying for 14

ODB570のCH46がタリン・コットの街を飛び立った。操縦桿が重い、上昇のスピードも緩慢である。パイロットのグレック大尉の脳裏に、「無事に到着できるか・・」、不安が襲った。

ODA574指揮官、ジェイスン大尉も上昇するヘリを見送った。CH46の巨体が次第に小さくなり、ローター音もなくなり、暗闇に、緑色の戦術ライトだけが小さく見えた。その戦術ライトも、やがて深黒の闇に塗りつぶされ、見えなくなった。
「Good Luck」、ジェイスンは心の中でつぶやいた。

結論から言うと、2機のCH46は、カブールの手前30キロの地点で、燃料不足のため不時着した。その旨をカブール総司令部に連絡すると、すぐに英軍SAS2個小隊がソ連製トラックに乗って救出にやってきた。

2個小隊のうち、1個がトラックで負傷者をカブールまで運び、もう1個がCH46を警備した。さらに1時間ほどすると、燃料タンクを積んだブラックホークが飛来し、CH46に燃料を補給し、2機は、とりあえずカブールへ移動した。

首都カブールでは、骨折したペティソリー大尉は、ギプスと松葉杖をあてがわれると、タリン・コットの状況を報告するため、カルランド少将、マルホールランド大佐らが待つ司令部へ向かった。

総司令部で、ペティソリーは、誤爆はODA574の無線の誤操作が原因であること、フォックス少佐の戦死、さらにカンダハル攻撃の中核をなすタリン・コット軍が空爆により大被害を受け、カンダハル攻略には、かなり時間がかかることを報告した。

報告が終わるころ、タリン・コットからロニーの戦死が報告された。司令部の面々に疲労の色が濃くにじみ、カルランド少将は、手で顔を覆ったほどだ。夜がうっすらと白み始めていた。

留守を預かるカルランド少将は、当座、英軍SAS1個小隊をタリン・コットへ派遣すること、関係各位は、本日午後1時まで休息し、再度、集合して事後をはかることを伝え、会議は解散した。

タリン・コットも同様であった。ジェイスン大尉は、フォックス少佐とロニーの遺体を回収すると、最低限の見張り兵を残し、残りの兵員は午後まで休息するように伝えた。ジェイスン自身もタバコを1本吸うと、あとは泥のように眠った。

12時をわずかに過ぎたころ、ジェイスンは目が覚めた。戦場にいる緊張が、どんなに疲れていても長く寝ることを許さなかった。わずか数時間の睡眠であったが、軍人であるジェイスンは、十分に体力・気力ともに回復した。

昨晩、負傷者を収容した街の広場に向かって歩いてゆくと、人だかりができているのが見えた。人だかりの中央で、聞き覚えのある声が、聴衆に向かって何かを叫んでいる。

声の主は、カルザイであった。
「われわれは、非常な困難に直面している。しかし、立ち止まってはならない。タリバンの、アルカイダの悪政を止め、新しい世の中を創らねばならない」。
「今日は犠牲者を弔おう。しかし明日は、タリバンの根拠地カンダハルへ攻め込むのだ。敵もこの空爆で大被害を受けた。攻めるのは今しかない」。
聴衆のアフガン人は皆、武器を持ち上げ、応という反応を見せていた。

アフガン人の中で、何かが生まれ、そして激しく旋回し始めている。


次回更新は、1月30日「戦闘終結」です。お楽しみに。
ご意見・ご感想をお待ちしております。
------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)



私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。
画像クリックでamazonへ飛びます。







  


Posted by 友清仁  at 07:01Comments(2)Story(物語)

2013年01月16日

死に値すべきもの The worth dying for 13

CH46のキャプテン、グレック大尉の指示を受けて、PJやヘリクルーたちは、アフガン兵負傷者をヘリへ乗せ始めた。

CH46は、通称シーナイトと呼ばれ、アメリカ軍を代表する汎用ヘリコプターである。通常は、貨物や兵員を輸送する任務に使用されるため、兵員用の座席や物資を固定する棚などが、機内に設置されているのだが、今回は、救急任務がメインになるため、カイコ棚のように、両サイドに担架が設置されている。

しかし、その担架も1機あたり8つしかなく、2機で合計16名ほどしか収容できない。グレック大尉がトラックに乗せられた負傷者をみると、担架に乗せられた者は、少なくとも30~40名はいた。それ以外にも、腕を包帯で吊っている者、頭のほとんどを包帯で覆われている者などが何人もいた。

そこで、PJたちは、機体内部の左右の担架の間に棒を渡し、そこへ板戸を載せて応急の担架を作った。これで負傷者を載せられるようになった。しかし、PJたちの乗るスペースもかなり制約される。

PJのリーダーが、ヘリに載せる負傷者の選別を行っている。重傷者の中で、さらに重傷なものを乗せるように指示を出している。CIAのゼペスと空軍のゼニスは、まっさきに収容されたのは言うまでもない。

ODA574のもう一人の指揮官であるペティソリー大尉は、足を骨折していた。彼はアフガン兵の負傷者と比べると、「軽傷」の部類だが、カブール総司令部へODA574やタリン・コットの状況を報告するため、カブールへ行くことになった。

しかし、ペティソリーを乗せるスペースがなかった。PJたちがどうすべきか判断を出しかねていると、ペティソリーは、「あそこがある」と指を刺した。

その指の先にあるのは、かつてシュワイン少尉が乗っていた、副パイロットの操縦席であった。すでにシュワインの遺体は下ろされているが、彼を襲った銃弾の跡や血痕はそのままであった。

PJたちが何か言う前に、ペティソリーは、足を引きずりながら歩いてゆき、操縦席のドアを開けて、コックピットに収まった。

ペティソリーが操縦席に座ると、となりには、正パイロットのグレックが、ヘリのコントロールパネルを凝視していた。しかし、直ぐにペティソリーに気がつくと、「あんた、そこに座るのか?」と訊ねた。

その言葉は、シュワイン少尉に対する感傷ではなく、ペティソリーが副パイロットの役目を果たせるのか、という意味である。ペティソリーも、十分に承知しているようで、「こんなことでもなければ、ヘリの操縦席に乗れないからな。となりであんたの操縦を見ておくよ」。

ひとりでも多くの負傷者を運ぶため、ヘリの重量を軽くせねばならない。ガナーのマルティネス軍曹は、ヘリの装備されている、M240の予備弾薬を機外へ出した。弾薬箱4つだが、7.62mm弾が数百発あるため、人間一人分の重量の節約になっただろう。

ついで、工具箱からスパナを取り出し、M240の銃座を分解し始めた。弾丸がなければ、銃は何の役にも立たない。左右に取り付けられているM240を取り外せば、もう一人分の重量の節約になる。もちろん、マルティネスもヘリを降りる。大柄のマルティネスが降りれば、小柄なアフガン兵2名分くらいになるだろう。

グレック大尉は、背後で行われている作業を見て、コックピットのそばに置いてある、護身用のMP5も機外のアフガン兵に渡そうとした。しかし、それを見たマルティネスは、「キャプテン、それだけは持っていてくれ。最後の守り神だ」。CH46の兵装はMP5、1丁のみとなった。

やがて負傷者の積み込みが終了したことを告げられたグレック大尉は、離陸するべくCH46のエンジンの出力を上げた。機体にエンジンの振動が激しく伝わる。そしてグレックは後ろを振り返り、アフガン兵負傷者に向かって叫んだ。

「これからカブールに向けて飛び立つ。しかし無事に到着できるか、それは神のみぞ知ることだ。俺たちはキリストに祈る。お前らはアラーに祈れ。神様も2人いれば、なんとかなるだろう」。

グレックは、操縦桿をグッと引き寄せた。負傷者を満載しているせいか、操縦桿は異様なほど重かった。


次回更新は、1月23日「死に値すべきもの」です。
ご意見・ご感想お待ちしております。
------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)



私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。
画像クリックでamazonへ飛びます。







  


Posted by 友清仁  at 07:00Comments(0)Story(物語)

2013年01月09日

死に値すべきもの The worth dying for 12

ODA574のメディックのケンの一言に、救援に駆けつけたODB570のPJたちは、一斉にケンの顔を見た。

ヘリに負傷者を載せカブールへ移送する、すなわち、あの低空飛行をカブールまでもう1度行うことになる。しかも、今度は負傷者を満載しての飛行である。急な操縦は不可能で、タリバンの攻撃を回避できない。

陽が落ちている。確かに闇夜がCH46を隠してくれるだろう。しかし、タリバンが持っているスティンガーミサイルは、感熱シーカーを装備している。ヘリのローター音がする方向へ向かって放てば、よほどのことがない限り命中する。危険であることはかわりがなかった。

「この負傷者を、全員、カブールへ移すのですか?」。PJの一人は訊ねた。
「彼らは、アフガン人だが、アメリカ軍に協力している。いわば、アメリカの同盟軍だ。同盟軍の負傷者を助けることは、友軍として当然だ」。
ジェイスン大尉は、同じことを何度も言わせるなと言わんばかりの顔で返した。

ODA574とPJたちの会話は、当然のことながら、英語で行われ、アフガン人には分からない。しかし、言葉がわからないが、どうやらアメリカ人は、我々、アフガン人について言い争っている、という雰囲気だけは、アフガン人の負傷者、そして救助を手伝っているアフガン衛生兵には、伝わっているようだった。

彼らは、言い争っているアメリカ人を見ている。その目は、「我々を見捨てるのか」という、不安、猜疑、絶望のまなざしであった。

タリン・コットのアフガン人からしてみれば、タリバンの支配は窮屈であったものの、それなりに平穏無事に生活ができていた。そこへ突然、アメリカ軍が侵入してきて、平和だった街の周辺で戦闘が行われるようになった。

しかも、タリン・コットの街は、戦略的重要地点であるという理由で、それは街に住む者にとっては全く関係のないことで、アメリカ軍がやってきて、さらにタリバン軍が攻撃してきた。いつの間にか自衛軍が結成され、戦った。

その視線を感じたのか、PJたちも沈黙し、重傷者を担架に乗せ、歩けない者には肩を貸し、ヘリコプターまで輸送する車両に乗せた。

街の南の空き地で待機しているCH46パイロットのグレック大尉とガナーのマルティネス軍曹は、遠くからトラックのヘッドライトが近づいてくるのが見えた。ヘリはいつでも飛び立てるように、アイドリング状態である。

「いよいよだな」。グレックがつぶやいた。再び決死の飛行が始まる。マルティネスも、すぐに銃座に戻り、M240Bの弾帯を確認した。

トラックが、CH46に横付けされた。荷台には負傷者が満載され、苦痛の叫びなのか、それとも護送される安堵感なのか、皆、口々にわめいていた。

しかし、その様子を見て驚いたのは、パイロットのグレック大尉である。理由は、PJたちと同じであった。
「負傷者は、アメリカ兵ではないのか?」。グレックは、聞いた。PJたちは、ジェイスン大尉から言われた通りのことを伝え、ヘリに載せるかどうか、カブールへ連れてゆくかどうか、グレックの判断に任せるといった態度であった。

グレックは、躊躇(ちゅうちょ)した。しかし、その理由は、PJたちとは違った。彼は、自分の任務は、負傷者を運ぶことだと、極言すれば、単なる「運び屋」だと思っている。輸送ヘリのパイロットなどそんなものだ。

「運び屋」としての躊躇。それは、明らかに重量オーバーなのである。CH46の燃料は、半分よりわずかに多いくらいで、定員で飛んで、ギリギリ到着できる程度である。さっと見たところでも、重傷者だけでも、かなりの人数である。
アメリカ兵だけを輸送するならば、十分に足りるが、それでは大量の重傷者を見捨てることになる。

アメリカ兵だけを輸送するべきか、それともアフガンの重傷者も連れてゆくべきか・・・・

「負傷者を全員、ヘリに乗せろ。その代わり兵装や予備弾薬を棄てる。カブールまで、退避行動は一切できない。早く乗せるんだ!」。「負傷者を載せたら、すぐに飛び立つぞ。アーメン!」。
グレックはPJたちに怒鳴った。


次回更新は、1月16日「死に値すべきもの」です。お楽しみに。
ご意見・ご感想をお待ちしております。
------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)



私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。
画像クリックでamazonへ飛びます。







  


Posted by 友清仁  at 07:00Comments(0)Story(物語)