2013年12月25日

ネプチューン・スピアー Neptune spear 6

この隠れ家の存在をアメリカに突き止められた。タレクに起こった事件から、ビンラディンは直感した。すぐに、この地の警察署長で、部下のナセル・アブドルザラクに使者を送り、新しい隠れ家を用意するように命令した。

すぐに移動せねば・・・。屋敷の者にも荷物を整理するように命じた。アメリカ軍がここへ攻めてくるのも時間の問題だ。ビンラディンの態度の変化をつぶさに感じた側近の一人は、「屋敷の警備を固めますか?」と尋ねた。
「いや、急に警備を固めたら、むしろ、私がここにいることを証明するようなものだ。皆には普段通りの生活をするように伝えろ」。

問題は、いつアメリカ軍が行動を移すかだ・・。パキスタン軍を主体とするならば、情報を掴んで、すぐに逃げることができる。空爆なら早いだろうが、領空飛行の許可を得るのに1週間はかかるだろう。

特殊部隊が襲撃に来る・・・? それは無理だ。
アフガニスタンから、パキスタン軍のレーダーを避けて飛んでくることができるわけがないし、そんなことをすれば、重大な主権侵害だ。アメリカは世界中から非難されるに決まっている・・・。


アフガニスタン キャンプ・アルファ
ネプチューン・スピアー作戦が開始されてから、カポスのバラックが総司令部となり、たくさんのモニターやコンピューターが運び込まれ、工作員が活動を始めた。カタカタとキーボードを叩く音だけが響き、モニターにさまざまな情報が表示されている。

「タレクの衛星携帯電話の微弱電波がなくなりました」。
工作員の一人が報告した。この報告に、カポスとチャーリーは、顔を見合わせた。ビンラディンに、こちらが追跡していることがバレた・・・。
「すぐに襲撃部隊を出動させろ」。チャーリーが叫んだ。

キャンプ内のシールズたちが待機している倉庫のサイレンが鳴った。いつものように訓練開始の合図である。隊員たちは、いつものようにテキパキと装備を身に付け、ヘリポートへ向かう。しかし、いつもと違うことが1つあった。

倉庫の入口で、ダンハム大尉が怒鳴っている。
「今日は訓練じゃない。実戦だ。弾丸を多めに持ってゆけ!!」

襲撃部隊のチーム6全員がヘリに乗り込むと、ヘリは、すぐに飛び立った。チームの全員が、ダンハム大尉の「実戦」の言葉の意味を考えていた。そこへ、隊長のダンハム大尉から無電が入った。

「ダンハム大尉からチームメンバーへ。本日は訓練ではない。実戦である。作戦名はネプチューン・スピアー」。

「作戦目的は、人質救出ではない。アルカイダの首領、オサマ・ビンラディンの殺害である。全員、気を引き締めろ」。

「繰り返す。作戦目的は、ビンラディンの殺害である。たとえ、奴が背を向けて逃げても、降伏を申し出ても射殺しろ。屋敷内にはビンラディンの家族もいる。女子供でも作戦の障害となるなら射殺せよ。これより、ビンラディンをジェロニモと呼ぶ。各員、注意せよ」。

チームの一同、顔を見合わせた。キャンプ・アルファに来て以来、特殊な作戦を行うと思っていたが、まさかビンラディンの殺害とは・・・。誰もが予想していなかった。

「作戦は、当初の予定通り、屋上と地上の二手に分かれて行う。訓練通りにすれば、絶対に成功するぞ」。

母屋の襲撃チームのリーダー、トロイ・ロバーツ軍曹は、目を閉じてダンハム大尉の訓示を聞いていた。ついに、この日が来た。結局、最後まで内部の様子が分からなかった。

突入後、物陰からナイフで切りつけられるかもしれない。背後から撃たれるかもしれない。いろいろなことが頭を巡った。最後には、妻ブリタニーの顔を思い浮かべた。必ず生きて帰る・・・。そう、心に誓った。


アボタバード ビンラディンの屋敷
ビンラディンは、その夕食を、普段通りに家族とともにとった。妻、息子、孫、一家揃っての楽しい団らんであった。その場所から、わずか数メートルのところで、タレクの妻と娘が陵辱され、拷問を受けていることなど、全く気にしていない。

夕食を終えると、3階の寝室へ入り、そのままベッドに横になった。
落ち着け・・・。アメリカ軍はすぐには攻めて来ない。最近のアメリカは、くだらん個人主義やマスコミ世論を気にして、何をするにも時間がかかる国家になった。たとえ、今夜、私がここに居ることがバレても、すぐには、状況は変わらない。

今まで、そうやって逃げてきた。明日は警察署長のナセルを呼びつけ、家族だけでも避難させよう。やがて、ビンラディンは眠りに落ちた。


次回更新は、1月1日「ネプチューン・スピアー」です。
ご意見・ご感想をお待ちしております。



それはさておき・・・
まぁ、あんまりたいしたことではないんですが、
年末の31日、コミックマーケットに参加致します。
でも、間借り参加なので、あんまり本をもってゆきません。
一応、ブース番号は、東地区 U-09Bです。

------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)



私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。
画像クリックでamazonへ飛びます。







  


Posted by 友清仁  at 07:00Comments(2)Story(物語)

2013年12月18日

ネプチューン・スピアー Neptune spear 5

パキスタン アボタバード
タレクは、倉庫の様子を見て愕然とした。目の前に広がるのは、もぬけの殻の倉庫であった。
「私の荷物は、どこだ?」 
タレクは、倉庫の管理人の胸ぐらを掴んで叫んだ。

管理人の初老の男は、泣きそうな顔をして、
「昨日、イスラマバードの本社よりトラックがやってきて、引渡しの日が早まったので、直ちに荷物を処分するとかで、すべての倉庫の荷物をトラックに乗せて持って行きました・・・」。

タレクは、管理人を突き飛ばすと、倉庫事務所の電話で倉庫会社の本社に怒鳴った。しかし、電話に出た担当者は、要領を得ないようで埒があかなかった。タレクは、受話器を叩きつけると、その場で頭を抱えた。

アルカイダ、いやビンラディン一家の財産を奪われた・・・。タレクは、胸に矢が刺さったかのような気持ちになった。非常にマズイ・・。ビンラディンの財産を預かる身として、この責任を取らねばなるまい。

このまま逃げてしまおうか・・・。一瞬考えたが思いとどまった。なぜなら、タレクの妻と娘が人質として、あの屋敷にいるのである。彼女らを捨てて自分だけ逃げるわけにはいかない。

自分が逃げれば、その責任を妻子が取らねばならない。ひどい拷問のうえ、殺されるに違いない。そんな場面を、タレクは、今まで何度も見てきた。
とりあえず、屋敷に戻り、マスター(ビンラディン)の許しを乞おう・・・。タレクはトボトボと歩き出した。なんの警戒もせずに・・・。背後には、CIAの工作員が尾行し、屋敷に入るところを確認した。


アボタバード ビンラディンの屋敷
その日の夜、タレクは、羊のように丸まって、ビンラディンの前に平伏していた。ビンラディンは、最近、物資や金がなかなか送られてこなかったことを、思いつく限りの言葉で罵倒した。

そして最後に、ビンラディンはドスの効いた声で尋ねた。
「なぜ事前に連絡もせずに、ここへ戻ってきた?」 
タレクは、子犬のような目をして、
「久しくマスターのお顔を拝見しておらず、また屋敷の皆も元気かどうか心配になりまして・・・」。
消え入りそうな声で答えた。

「黙れ!そのような見え透いた嘘をつくな。何か隠しているだろう?」
ビンラディンの鼻腔が大きくなった。

タレクは観念し、荷物・財産を全て失ってしまったこと、衛星携帯電話が故障したことを必死に弁解した。5秒、沈黙が続き、ビンラディンは、「お前の携帯電話を見せろ」。静かに言った。

タレクは、恐る恐る懐から例の携帯電話を取り出し、ビンラディンに手渡した。見ると、電源が入ったままであった。電源が入っているということは、携帯電話から微弱電波が発信されているに違いなかった。この携帯電話の位置を知らせているようなものだ。

そのあと、ビンラディンは、急に穏やかな声になって、SIMカードやプリペイドカードを確認したかなどを尋ねた。タレクは、なぜそんなことを聞くのか分からなかったが、考える余裕はなかった。なによりも、ビンラディンの声が穏やかになったことで安心した。

安心すると、喉がカラカラに乾いていることに気がついた。たまらず目の前の氷水を一口飲んだ時だった。ビンラディンが立ち上がり、タレクの携帯電話を、バキバキと音を立てて2つに割った。目が鋭く、不気味に輝いていた。

タレクは、氷水のグラスを手から滑り落とすと、立ち上がることもできず、四つん這いになって、出口へ逃げようとした。これから起こることを、タレクは動物的な勘で察知した。

あと30センチで、ドアノブに手が届くというところで、タレクは、後ろの襟首を掴まれ、部屋の中央に引きずり戻された。タレクは、何かを叫びながら抵抗したが、身長が190センチ超の大男のビンラディンには、なんの意味もなかった。

ビンラディンの右の拳が、タレクの腹に突き刺さった。ビンラディンは、ただのサウジの金持ちではない。格闘技の相当な達人でもあった。腕力で周りを威圧しなければ、金だけ奪われて、国際テロ組織のリーダーになれなかっただろう。右の拳が、タレクの肝臓を破裂させた。

ビンラディンは、腹を抱え、激痛に苦しむタレクに何の情けをかけることもなく、顔や腹を何度も殴りつけた。10分後、タレクの体が動かなくなった。
「この死体を片付けろ。奴の妻と娘も犯して殺せ」。ビンラディンは、平坦な声で言った。


次回更新は、12月25日「ネプチューン・スピアー」です。
ご意見・ご感想をお待ちしております。


------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)



私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。
画像クリックでamazonへ飛びます。







  


Posted by 友清仁  at 07:00Comments(0)Story(物語)

2013年12月11日

ネプチューン・スピアー Neptune spear 4

アフガニスタン カブール 某ホテルの一室
「どうしたんだ・・・・」。
タレクは、衛星携帯電話を見つめていた。何回も電源を入れ直しても通話できない。SIMカードも入れ直したし、プリペイドの有効期限も確認した。全て問題ない。しかし、通話も着信もできない。

「故障したのか?」 タレクは思ったが、ほんの1時間ほど前まで問題なく使えていたのだ。
日本製品は故障しない・・・。そう信じて、この「日本製」の衛星携帯電話をサウジアラビアで購入したのだが、後でよく見てみると、日本製と偽った韓国製だった。

こんなことになるのなら、すぐに正しい日本製に買い換えるべきだった。よりによって、こんな時に故障するなんて・・。タレクは、焦りとともに怒りがこみ上げてきた。

タレクが焦り怒っている原因は、まさに1時間前にかかってきた電話であった。電話の主は、いつも物資を送っているアボタバードの倉庫を管理している会社だった。

「現在、荷物を預かっている倉庫は、あるアメリカのIT企業により買収された。すぐに土地と建物を引き渡すので、10日以内に荷物を引き上げて欲しい。引き上げなければ、こちらで処分する」。
倉庫会社の担当者は、淡々と伝えてきた。

「急にそんなことを言われても困る。別の倉庫を手配してくれ」。タレクは、叫ぶように頼んだが、
「そのIT企業が、当社の空いている倉庫や建物、空き地まで全部、契約してくれた。なんでも、中東地域最大のデータセンターを作るそうだ。だから空いているところはない。別の会社をあたってくれ」。
一方的に電話が切れた。

「くそ、アメリカ人め。どこまでも俺たちを苦しめる・・」。タレクは歯ぎしりした。
もちろん、このIT企業とは、CIAが作ったダミー会社である。その会社が、アボタバード周辺の倉庫などの不動産を、法外な価格で押さえてしまったのである。


時間をすこし戻す・・・
アフガンのキャンプ・アルファでは、カポスとチャーリーが雑談をしていた。そこへ、ラングレーから作戦開始の電話がパネッタから入った。パネッタからの電話を切ると、カポスは、すぐにアボタバードのCIA基地へ電話をかけた。
「作戦が裁可された。すぐに下準備にかかれ。どんなに金がかかっても構わない」。

「下準備?」 チャーリーが尋ねた。カポスは、すこし頬を緩ませながら、
「ビンラディンが、あの屋敷に絶対にいるという最終確認の準備ですよ」。チャーリーは解せない。

「アボタバードの倉庫を押さえて、タレクの衛星携帯電話を止める・・。連絡の取れなくなったタレクは、荷物の回収にアボタバードに現れるでしょう。そして、ビンラディンがあの屋敷にいれば、善後策を相談するため、屋敷に入る・・。屋敷にビンラディンがいる確証になります」。


CIAのそんな「下準備」を知らないタレクは、衛星携帯電話が故障したと思っている。倉庫の荷物を引き上げなければならない。アボタバードに、荷物を屋敷に運ぶように指示しようと電話をかけたが繋がらない。

正直な話、倉庫の食料や衣類などは惜しくなかった。大切なのは、その荷物に紛れ込ませている、ビンラディンの、トラボラの洞窟から運び出した財宝である。あの財宝がなくなってしまえば、ビンラディン一家が路頭に迷う。なんとしても回収しなければならない。

どこかカブールで国際電話がかけられるところ・・・。カブール国際ホテル・・・。ダメだ、そんなところは、アメリカ兵がウヨウヨいる。近づくことすらできない。

タレクは、腕時計の日付を見た。よし、アボタバードに戻ろう。今から出発すれば、5日後には到着する。自分が行って、荷物を引き上げ、別の倉庫を手配しよう。
タレクは、荷物をまとめると、ホテルを出た。


次回更新は、12月18日「ネプチューン・スピアー」です。
ご意見・ご感想をお待ちしております。



------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)



私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。
画像クリックでamazonへ飛びます。







  


Posted by 友清仁  at 07:00Comments(0)Story(物語)

2013年12月04日

ネプチューン・スピアー Neptune spear 3

アフガニスタン某所 キャンプ・アルファ
キャンプ・アルファ責任者スチュワート・カポス、そのオブザーバーのチャーリー・ベッカー、そして、襲撃部隊隊長ドナルド・ダンハム大尉が、カポスの執務用バラックで協議している。

「訓練の首尾はどうですか?」 カポスの問いに、ダンハム大尉は、
「訓練の成果は確実に出ています。目標の時間も達成しつつあります。しかし・・・・」
「しかし、建物内部の構造が分からないため、あくまでも参考程度に・・・、ということか」。
最後にチャーリーが加えた。

目下、3名の関心事は、建物内部の構造だけになっている。それは、まさに作戦成功の鍵だからである。キルハウスの構造は、一般的なパキスタンの家屋の作りになっているが、実際はどうか分からない。

用心深いビンラディンが、自分の生活エリアを銀行の金庫のような作りにしているかもしれないし、地下倉庫があって、抜け道を作っているかもしれない。それ以前に、ビンラディンが建物のどこにいるかさえ、分からないのだ。

金庫のようになっていれば、それを破壊する爆薬やツールを持ってゆかねばならないし、抜け道があれば、それを潰してしまわなければならない。

「建物の構造がわからない以上、部隊を2つに分けずに、地上から、全員で一斉攻撃したらどうか?そうすれば、戦力が多いから、少々のトラブルにも対応できるだろう」。
元グリーンベレーのチャーリーが提案した。

「それも1つの案です。畑のエリアに全員が降下して、一気に母屋を目指す。しかし、母屋に敵が集中していた場合、激しい銃撃戦となるでしょう。そうなると、遮蔽物がある敵が圧倒的に有利になります。ポイントは、敵に気づかれずに母屋のドアを開けられるかどうかです」。

戦闘行為についてまったくの素人のカポスは黙って聞いていたが、クリアファイルの中から、屋敷の航空写真を取り出して、チャーリーとダンハムの両人に見せた。

「一時期、警戒が厳重でしたが、最近は、警戒レベルが落ちてきています。夜間は、見張りすら立っていないようです」。
カポスは、写真を解説した。

「敷地に簡単に降下できるが、母屋に入って、敵が目覚めた途端、銃撃戦となる可能性があるな」。
チャーリーは、つぶやいた。

「一度、地上からの一斉攻撃も訓練してみましょう」。
ダンハム大尉が、会議を締めた。

その夜は、地上からの一斉攻撃を訓練した。エリート特殊部隊のチーム6は、突然の変更も卒なくこなし、上々の結果を出した。ダンハム大尉は、屋上降下と地上攻撃のいずれの作戦を取るべきか、チーム全員の多数決をとった。結果は、半々であり、どちらの作戦をとるか、ダンハム大尉が決めることとなった。


バージニア州 ラングレー CIA本部
CIA長官、レオン・パネッタは、ホワイトハウスでの、ビンラディン襲撃についての国家安全保障会議を終えると、そのまま、CIA本部に戻った。到着したのは早朝である。

長官執務室に入ると、壁に大きく貼られている中東地域の地図、・・・パキスタンのアボタバードに赤い丸がついている・・・を見て、軽く息を吐いた。ついにこの日が来た。パネッタは全身が硬直した。アフガンのキャンプ・アルファ直通電話の受話器を上げる。2コールで、カポスが出た。

「襲撃作戦の許可が出た。すぐに実行に移せ。いつできる?」 パネッタは興奮している。
「作戦遂行にあたり、最後の準備に10日ほどかかります。最短で5月2日未明です」。
カポスは冷静である。
「わかった。できるだけ早くやれ。妙な横槍が入らんうちに」。パネッタは受話器を置いた。


フロリダ州 タンパ マクディール空軍基地
一方の実行者である、マグレイブ特殊作戦司令も在アフガニスタンSOCOM司令部へ作戦開始の命令を下した。

「作戦名は、ネプチューン・スピアー(海王の槍)。かねてからの計画通り遂行せよ。なお、本作戦では、目標のオサマ・ビンラディンを「ジェロニモ」とする。したがって、作戦終結宣言が出されるまで、ビンラディンに関して「ジェロニモ」以外の呼称を使った、命令、連絡、報告、および文書は、本作戦とは関係がない。注意せよ」。


次回更新は、12月11日「ネプチューン・スピアー」です。
ご意見・ご感想をお待ちしております。


------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)




私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。
画像クリックでamazonへ飛びます。







  


Posted by 友清仁  at 07:00Comments(0)Story(物語)