2014年02月26日

コンクルージョン conclusion

いよいよ、このブログも終わりに近づいてきました。最後というわけではありませんが、アフガン戦争をまとめてゆきたいと思います。
しばらく、論文調の文体となりますが、よろしくお願いします。


これまで知識編や物語などで解説してきたアフガニスタン戦争(2001年-現在)とは、当時、アフガン国内で進行中であったアフガン内戦に9.11同時多発テロをきっかけにアメリカ軍を主体としたNATO軍が「テロとの戦い」を名目に介入した戦争であるといえる。

当時のアメリカ大統領、ジョージ・ブッシュは、9.11テロの直後、タリバン政権に対し、オサマ・ビンラディンの引渡しとアルカイダの追放を要求した。この要求に対し、タリバン政権は、ビンラディンが9.11テロに深く関与している明確な証拠がないことを理由に、ビンラディンの引渡しを拒否し、その代わり、ビンラディンが自主的にアフガニスタンから出国すると通知して来た。しかし、出国日時を明言しなかったため、事実上の拒否といってよかった。

この回答を受けて、アメリカ政府は、これ以上の交渉は意味がないと判断し、2001年10月7日、イギリスとともに不朽の自由作戦を開始することを決定した。英米は、タリバンの対抗勢力の北部同盟と結び、空爆と特殊部隊を中心とした作戦を実施し、わずか1ヶ月で首都カブールを占領し、タリバン政権を駆逐してしまった。

その後、NATO軍は、アフガンの要所に駐留地を建設し、アフガニスタンの統治を開始したが、タリバン・アルカイダ首脳のほとんどがパキスタン国境の山岳地帯へ逃走してしまい、同勢力を完全に消滅させることができなかった。

2001年12月、国連安全保障理事会は、国際治安支援部隊(International Security Assistance Force・・・ISAF)を設立し、アフガン国内の治安維持と、アフガン国治安維持軍(Afghan National Security Forces)の訓練を行うことを決定した。

2001年12月のボン会議で、ハミト・カルザイがアフガン暫定政府の責任者に選出され、翌2002年、カブールで開かれたロヤ・ジルガ(遊牧民族の中で開催される族長会議)にて、アフガン国内でも正式に首長として認められた。2004年の普通選挙でカルザイは大統領に選出され、国号は、アフガニスタン・イスラム共和国となった。

2003年になると、NATO軍は、43カ国からなるISAFが当面のアフガニスタン政府の行政を行うと発表した。ISAFは国連により設立された組織とはいえ、その大部分がアメリカ軍とその関係者であった。しかも、駐留しているアメリカ軍とISAF軍を比較しても、アメリカ軍のほうが圧倒的に多く、アメリカ軍の中にISAFが存在していると言ってよかった。事実、ISAF指揮下のアメリカ軍と中央作戦軍直属のアメリカ軍が混在していた。

この事実上のアメリカ支配に反発するかのように、同年、タリバン政権首班であったムハンマド・オマルが、タリバン軍残党を結集して蜂起した。

タリバン軍は、ハクニ連合体(Haqqani Network)およびハズビ・イスラム・ゴルブディン(Hezb-e-Islami Gulbuddin)を主体とした部隊がISAFに対し数で圧倒したものの、戦法は、ゲリラ戦や待ち伏せ攻撃が主体であった。

これらの戦法に、次第にアメリカ軍が対応できるようになると(タリバンは、ある戦法が1度成功すると、それを何回も繰り返す習性があった)、都市部へ侵入して自爆テロを繰り返すようになった。また、このころから「裏切り者への報復」と称して、ISAFへの協力者に対するリンチも行われるようになった。

このような戦法は、長期間にわたる内戦で苦しんでいた国民にとっては、やっと訪れた平和を破壊する行為にしか思えず、タリバンは、都市部では急速に支持を失っていった。

アフガン国内での支持を失ったタリバン勢力は、アフガン北部でアメリカ軍に武力で対抗するよりも、南部に移り、ゲリラ戦を継続しつつも、暫定政府の腐敗を宣伝する情報戦に切り替えた。

このようなタリバンの方針変更に対し、ISAFも、2006年に部隊を大幅に増強し、対ゲリラ作戦として、クリア・アンド・ホールド作戦を実施し、村々の武器弾薬を回収し、アフガン全土の武装解除を行った。一方で、タリバンの情報戦に対しては、「国家建設計画」を発表し、人心収攬作戦として、ハート・アンド・マインド作戦を開始した。

これらの作戦が功を奏し、タリバン残党は、パキスタン北西部の山岳地帯に残るのみとなった。(南部は、人が住めいないような砂漠地帯であり、南部タリバン勢力は、同地で反抗しているというよりも、そんな場所へかろうじて逃げ込んだといったほうが正しい)

2011年5月2日に、アメリカ海軍特殊部隊シールズにより、パキスタン、アボタバードに潜伏していたオサマ・ビンラディンが殺害された。その3週間後、NATO軍首脳は、ISAF軍などを撤退する声明を発表した。

国連の支持の下、アフガン政府とタリバンとの間で、和平交渉が開始された。2013年の時点で、何万人にも人々が戦火の犠牲なった。多くが民兵や一般市民である。さらに、4000名以上のISAF兵士および民間人、さらに1万人のアフガン国軍の兵士が犠牲になった。


次回更新は、3月5日です。ご意見・ご感想をお待ちしております。

------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)




私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。
画像クリックでamazonへ飛びます。







  


Posted by 友清仁  at 07:00Comments(1)knowledge base(基礎知識)

2014年02月19日

作戦終了 Over the Operation

2週間、お休みをいただきまして、ありがとうございます。


アボタバードのビンランディンを襲撃し、作戦を見事に成功させたシールズ・チーム6を載せたヘリは、いったん、アフガン国内のキャンプ・アルファへ帰還した。かつてのビンラディン襲撃作戦の最前線基地は、シールズたちが出撃した、ほんの2、3時間前とは様子がまったく変わっていた。

出撃前は、工作員たちが活動するバラックが整然と並び、レーダーなどのアンテナがあちこちに立っていたのだが、それらがすべて取り壊されてしまった。基地の中央に大きな穴が掘られ、それらが次々と投げ込まれていた。無論、それらを操作していたコンピュータやモニターなどもハンマーで打ち砕かれ、どんどん穴に放り込まれてゆく。

すべてが穴に放り込まれると、ガソリンが撒かれ、火がつけられた。闇夜に大きな火柱が上がる。おそらく炎は、コンテナの城壁よりも高く上がっているだろう。遠くからでも、炎の先端が見えるはずである。

今まで、基地内では、厳しい灯火管制が敷かれ、夜中に基地内を歩くのにも不自由したほどだが、作戦が終了した現在では、灯火管制よりも証拠隠滅のほうが優先している。

シールズを出迎えた基地責任者のシュチュワート・カポスも、普段のYシャツとスラックスからマルチカムのBDUに着替えていた。しかし、彼の場合は、単に「作業着」に着替えた程度の感覚だろう。基地で着ていたシャツやスラックスも「証拠隠滅」したのだろうか?

キャンプ・アルファで、シールズたちがやった作業は単純だった。ビンラディンの遺体とともに、待機していた航続距離の長いチヌークへ移動しただけである。チヌークは、基地を飛び立つと、まっすぐ、インド洋で待機している、空母カールビンソンへ向けて飛び立った。

カールビンソンに、ビンラディンの遺体が到着すると、すぐに医務室へ運ばれ、皮膚の細胞が採取された。DNA鑑定を行うためである。アメリカには、ビンラディン本人のDNAサンプルはなかったが、前年にビンラディンの妹がアメリカ国内で脳腫瘍で死亡していたため、妹のDNAと比較するのである。

DNAがビンラディン本人のものではないが、血縁者のDNAは酷似している。鑑定の結果、検体とサンプルが本人と一致してないことを考慮しても、この遺体がビンラディンではない確率は、12兆8千億分の1であることが判明した。間違いなくビンラディンは殺害された。

DNA鑑定の結果が、ホワイトハウスのオペレーションルームで作戦を見ていた、オバマ大統領たちに伝えられた。一同、作戦の成功に胸をなでおろした。通信障害があったのか、作戦の途中から、現地の映像が途絶えていたため、その場にいたすべてのスタッフが、作戦の結果を案じていた。すぐに、作戦成功の演説をするべく、オバマ大統領は、その場を去った。



空母カールビンソン 飛行甲板
元グリーンベレー隊員で、CIA工作員のチャーリー・ベッカーが、空母の医務室が用意してくれた手動の車椅子に座り、飛行甲板から朝日を眺めていた。今日は、甲板での訓練が休みなのか、飛行甲板は閑散としている。朝日が、チャーリーの顔をオレンジ色に染めていた。

すべて終わった。長かった。チャーリーは深く思った。自分がこのような体になってから、4年の歳月が流れていた。自分をこのような体にしたのは、もちろん、直接的にビンラディンではないのだが、この4年間、自分の体を見るたび、ビンラディンを思っていた。

海風が、ゆっくりとチャーリーの眉を撫でる。
「ここにいたんですか、チャーリーさん」。

後ろから声がした。振り返ると、CIAのシュチュワート・カポスが立っていた。しかし、その姿を見て、チャーリーは笑ってしまった。昨夜のマルチカムのBDUから、再びYシャツとスラックスに着替えていたからである。キャンプ・アルファで、「証拠隠滅」をしていなかったらしい。チャーリーの電動車いすは、廃棄されてしまったというのに・・・

「この船はアメリカに向かっているんだろ?いつ本国に着くんだ?」 
チャーリーは尋ねた。
「この艦がアメリカに向かっているかどうかは分かりませんが、数日中に、本国へ帰還するようになります」。

このカポスの答えに、「数日か・・・。それなら、暇つぶしにアイツに載ってみたいな」。
チャーリーは、飛行甲板にあるF-18/Aを指さして言った。

カポスは、機体を見て少し困ったという顔をしながらも、
「今回の作戦の最大の功労者はチャーリーさんです。お望みなら、CIAから海軍に申請しますが・・・」。
カポスには、チャーリーの冗談が通じていない。

「あのF-18/Aは海軍じゃない、申請するなら海兵隊だ。だが、断られるだろうよ。たぶん奴ら、「なんで、この作戦に海兵隊が投入されなかったんだ!」って拗ねるだろうからな」。

チャーリーは、車椅子を漕いで、カポスの脇を通り、艦内の自室へ戻った。それを見送るカポスの衛星携帯電話が鳴った。また別のテロ組織の壊滅の指令が下ったようだった。

おわり


次回更新は、2月26日 「アフターマス」です。
ご意見・ご感想を待ちしております。

------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)



私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。
画像クリックでamazonへ飛びます。







  


Posted by 友清仁  at 07:00Comments(4)Story(物語)