2009年12月30日

最初の作戦 The first operation

21日の朝7時。バクラム近郊で、ファヒム将軍は、ディアスおよびハード少尉らと面会した。将軍の目は、明らかに猜疑心にあふれていた。開口一番、「我々、北部同盟がアメリカと協働するかどうかは、アメリカ軍の実力にかかっている。弱者と組んでも意味がない」と、言うと、すぐに別室へ消えてしまった。

ファヒム将軍は、ディアスがアメリカ軍を連れてくるというので、てっきり1個大隊くらいの部隊が来ると思っていたらしい。残された部屋で、「ともかく、証拠を見せないかぎりは、話が進まんな」とハード少尉は、ディアスに言った。

ハード少尉は、配下のチーム555に、周囲を偵察するように命令した。やがて隊員から、バグラム空軍基地から南へ80kmの地点にタリバンの大拠点があることが分かった。さらにウズベクの司令部から衛星写真も取り寄せて、拠点の規模を確認した。
タリバン拠点は、10km四方の範囲に塹壕が張り巡らされ、その内側には、司令部、通信施設、砲兵陣地などがあり、周辺には戦車や装甲車が数十台配置されていた。部隊規模は1個大隊、5000名くらいであろう。

ハード少尉は、「この拠点をファヒム将軍の目の前で潰す。方法は、夜間に敵拠点に忍び込み、重要施設に発信機を取り付ける。夜が明けてから空爆を要請して、拠点を根こそぎフッとばす」と、衛星写真を前に隊員たちに言った。
隊員の中には、空爆ではなく、特殊部隊だけで壊滅させたほうがよいという意見もあったが、ハード少尉は、「それでは我々が強いことの証明になっても、アメリカ軍が強いことを証明できない」と、意見を退けた。あとは、どの隊員がどこから侵入し、どの施設に発信機をとりつけるのかを打ち合わせた。

某日深夜。チーム555は、アフガンの闇に消えた。2時間ほどで、全員が帰還した。タリバン兵はまったくの無防備で、特殊部隊が侵入したことに気付かなかったようである。
「明日は、花火大会だ」。ハード少尉は、隊員たちに言った。


次回更新は、1月6日 「近接航空攻撃」です。お楽しみに。
本ブログの内容の無断転載を禁じます。ご意見・ご質問をお待ちしています。
写真は、イメージです。


------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)



私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。画像クリックでamazonへ飛びます。






同じカテゴリー(Story(物語) )の記事
 作戦終了 Over the Operation (2014-02-19 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 4 (2014-01-29 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 3 (2014-01-22 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 2 (2014-01-15 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO (2014-01-08 07:00)
 ネプチューン・スピアー Neptune spear  7 (2014-01-01 07:00)

Posted by 友清仁  at 07:00 │Comments(0)Story(物語)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。