2010年03月31日

心理作戦 Psychological operations

アフガン空爆が開始されたのは、10月6日であることはすでに述べた。このとき、海空軍の爆撃機がアフガン上空を飛び交ったが、飛び交ったのは、それらの爆撃機だけではなかった。

空爆が開始されると、直ちに第4心理作戦軍が組織された。この部隊の目的は、特殊部隊が展開する予定地へ反タリバン、反アルカイダのビラを撒いたり、ラジオ番組などを放送したりすることである。心理作戦軍に所属するC-130は、兵装などはすべて外され、その代わりに、1機で1つのラジオ局となるほどの放送機材が積み込まれた。

心理作戦軍の作戦は、3段階に分けられる。
特殊部隊が侵入する前は、「アフガンを愛する人々にお願いします。何の罪もない人々に危害を加えるビンラディンとその一味を裁判にかけましょう」、「奴らは、何の罪もないアフガン国民および米人を殺すため、祖国を基地に使っています。テロリスト達は、アフガンの人々とイスラム教を冒涜しています」といったメッセージのビラや放送を流し、住民に反タリバンを植え付けた。

そして部隊が侵入すると、「アメリカの軍隊があなたの街を通るでしょう」など、近く戦闘が起こることを知らせ、住民に避難するように勧告する。

作戦が完了すると、「アフガンの人々を幸せにする自由な国を共につくろう」のような希望に満ちた表現を放送するのだ。

さらに治安が安定した地域には、アフガンの音楽をBGMにした、あまり議論が起こらないニュースや明るい話題、および援助物資の配給や医療援助などの案内を流した。

タリバン政権は、音楽を聞くことも作曲することも禁じていたため、この放送は非常に効果が高かった。しかしアフガンの人々は、この放送がアメリカの心理作戦軍によって製作されていることを知らなかった。


次回更新は、4月7日「民衆への対応」です。お楽しみに。
本ブログの内容の無断転載を禁じます。ご意見・ご質問をお待ちしています。
写真は、イメージです。


------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)



私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。画像クリックでamazonへ飛びます。






同じカテゴリー(knowledge base(基礎知識))の記事
 いきなり終了で申し訳ございませんが・・・・ (2014-03-05 07:00)
 コンクルージョン conclusion (2014-02-26 07:00)
 シールズ・チーム6 Seals team 6 2 (2013-08-07 07:00)
 アフガンに展開したODAについて ODA in Afghan (2013-02-27 07:00)
 J-DAM (2012-06-20 07:02)
 B-52 (2012-05-30 07:01)

Posted by 友清仁  at 07:02 │Comments(0)knowledge base(基礎知識)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。