2010年06月16日

攻撃開始2 The Kick Off2

11月25日、深夜0時。照明弾が打ち上げられ、北壁に展開しているドスタム軍が一斉に射撃を開始した。

とはいえ、ドスタム軍は、暗視装置を持っていないため、タリバンがいる南側に向けて、文字通り「めくら撃ち」をしているにすぎない。それに対して、タリバンは、敏感に反応した。彼らは、武器弾薬が豊富なことに加え、決死の覚悟をしているため、ドスタム軍に向けて正確に射撃し、勇猛に突進してきた。

タリバン兵のあまりの勇猛さにドスタム軍は圧倒され、占領した北壁から逃げだす者も現れた。この様子を見たガードナー中尉は、すぐに北壁によじ登り、「クソ虫ども!踏みとどまれ!」と英語で大喝した。

ドスタムの兵に英語が通じるわけもないのだが、ガードナーの一喝は、言葉を超えて、ドスタム兵に響き、兵たちは落ち着きを取り戻した。そしてガードナーは、近くの兵士の銃を取り上げると、「銃は、こうやって撃つんだ」。と叫び、タリバン兵に向け発砲した。至近距離であったため、面白いほど当った。あとは、ガードナー中尉の指揮の下、ドスタム軍は、きびきびと行動した。

一方、城塞の南東側にまわった部隊である。この部隊は、クリス曹長が率いるSAS隊員を含む10名である。「思ったよりも高いな」。クリス曹長は、城壁を見上げ言った。
しかし長年、風雨にさらされた日干しレンガの城壁はぼろぼろで、よじ登ることはさほど難しくなかった。

部隊は難なく壁を越え、城塞に侵入し、すぐにタリバンが密集する内壁付近に到達した。こちらは、ドスタム軍と違って、全員が暗視ゴーグルだけでなくGPSも装備していた。
タリバン兵は、ドスタム軍との戦闘に気をとられ、クリス達が侵入したことにすら気がついていない。

「敵さんが遊んでいる間に、俺たちは、さっさと仕事をしちまおう」。クリス達は、すばやくレーザー識別機を城塞の適所に取り付けた。

クリス曹長は、城塞に侵入した隊員が全員、集合場所に集まったことを確認すると、無線で城外のCCTに、「バーベキューの準備が整った。ウェルダンで焼いてくれ」。と言い、ただちにデイブが篭る南塔の捜索を開始した。


次回更新は、6月23日「ターニングポイント」です。お楽しみに。
本ブログの内容の無断転載を禁じます。ご意見・ご質問をお待ちしています。
写真は、イメージです。



------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)



私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。画像クリックでamazonへ飛びます。






同じカテゴリー(Story(物語) )の記事
 作戦終了 Over the Operation (2014-02-19 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 4 (2014-01-29 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 3 (2014-01-22 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 2 (2014-01-15 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO (2014-01-08 07:00)
 ネプチューン・スピアー Neptune spear  7 (2014-01-01 07:00)

Posted by 友清仁  at 07:00 │Comments(2)Story(物語)

この記事へのコメント
だいぶCIAコスが板に付いてきましたねぇ~
「N・Y」キャップが、とってもスパイシーw
Posted by カサ@@ハラ at 2010年06月16日 17:36
カサ@@ハラ さま

ありがとうございます。Seals、Marine Corpsとすべて中途半端に終わった私としては、新境地を開拓してゆきたいと思います。

CIAは、民生品のセレクトがポイントですね。
Posted by 友清仁友清仁 at 2010年06月16日 23:35
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。