2010年09月29日

CIA無人偵察の活躍 Predeter in action

CIAは、有人無人を問わず簡易空港を世界中に持っている。空軍が無人機(UAV)の運用を始める1995年以前に、無人機ジェネラル・アトミック・ジーナット750(General Atomic Gnat 750)をボスニアで運用していた。

CIAは、ジーナット750より少し遅れて、折りたたみ翼で武器を搭載可能な無人偵察機プレデターを独自に開発した。このCIA仕様のプレデターは、ヘルファイアミサイルが搭載できるようになっていた。ミサイルの射程は8キロで、静止および移動目標の双方に使用できる。

偵察任務に使用する際には、AN/ZPQ-1レーダーを搭載する。このレーダーは、10キロ四方で30センチ、28キロ四方で1メートルの解像度を持っている。1時間の作戦で100キロ四方を最高解像度でカバーできる。CIAが初めてUAVを攻撃手段として使用し、ついで空軍が同様の目的で使用した。

アフガニスタンでの戦闘は、CIAにとってUAVの可能性を実証する絶好の機会であった。情報収集することから兵器を搭載して敵を攻撃し、爆撃効果の判定まで使用することができるためである。その戦果は、確たるもので、作戦中のUAVの評価は非常に高まった。

9月22日に、アルカイダによりプレデターが撃墜されたとき、CIAはすでに周辺国に相当量のUAVを展開し運用していることを明らかにした。アフガン戦が始まるかなり前に、タリバンは、カブールで撃墜したプレデターの機体の残骸を公表したが、この程度のことではすでに数年前から開始されていたウズベキスタンのUAV配備計画を中止させるには至らなかった。

無人偵察機は、厚い秘密のベールに覆われて運用されていたが、開戦時にはすでに何百時間の運用されていることが明らかになっている。

しかしながら、無人偵察機も良いことばかりではない。
2002年2月4日、CIAオペレータは、その建物内部でアルカイダ幹部が会議を開いているとの情報を得て、プレデターを付近に飛ばし、ミサイル2基を建物に向けて発射した。しかし実際に建物の中にいたのは、廃物で金属を集めていた民間人3名で、この3名は当然のことならが死亡した。CIAは、この補償に各遺族に1,000ドルを支払うことになった。

このようなCIAの「勝手な上空からの攻撃」は、中央作戦軍を大いに苛立たせた。CIAは勝手に敵を攻撃するくせに、自分では戦果判定や戦利品の回収などを一切やらず、それらを空軍や中央作戦軍にやらせるからである。

中央作戦軍からすれば、「勝手な攻撃」でも、CIAにとっては、「臨機応変の攻撃」であり、プレデターによる攻撃をやめることはなかった。


次回更新は、10月6日 「グレイの苦悩」です。お楽しみに。
本ブログの内容の無断転載を禁じます。ご意見・ご質問をお待ちしています。
写真は、イメージです。


------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)


私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。画像クリックでamazonへ飛びます。






同じカテゴリー(knowledge base(基礎知識))の記事
 いきなり終了で申し訳ございませんが・・・・ (2014-03-05 07:00)
 コンクルージョン conclusion (2014-02-26 07:00)
 シールズ・チーム6 Seals team 6 2 (2013-08-07 07:00)
 アフガンに展開したODAについて ODA in Afghan (2013-02-27 07:00)
 J-DAM (2012-06-20 07:02)
 B-52 (2012-05-30 07:01)

Posted by 友清仁  at 07:09 │Comments(0)knowledge base(基礎知識)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。