2010年12月29日

タクール・ハーの戦い7 Takur Ghar 7

「3,2,1、Go!!」。セルフ大尉は、そう叫ぶと同時にチヌークのミニガンをアルカイダの塹壕に向けて発砲した。ヘリの後部ハッチから、レンジャーたちが次々と飛び出し、岩場に向けて走り出した。

最初にヘリから飛び出したレンジャーは、デ・ポゥーリ軍曹であった。セルフ大尉の援護射撃は、アルカイダの塹壕を正確に狙い、テロリストに頭を上げさせなかったが、それでもなお、テロリストは、銃だけを塹壕から出して射撃していた。そんなあてずっぽうな射撃の数発が、ヘリの後部ハッチ付近に当たり、銃弾の破片がデ・ポゥーリ軍曹の防弾ベストに食い込んだが、幸いケガはなかった。

デ・ポゥーリ軍曹が飛び出して、2,3メートル進んだところで、セルフ大尉が射撃している2時方向とは正反対の8時方向に、アルカイダが1名、RPGをかまえているのが見えた。デ・ポゥーリは、瞬時にM4のフルオートの全弾を、そのテロリストに叩き込んだ。日ごろの射撃訓練の成果が出たのか、弾は吸い込まれるように、テロリストに向かい、敵はその場に崩れた。そしてデ・ポゥーリは、岩場に飛び込んだ。

次にヘリを飛び出したのは、ジョシュア・ウォーカー軍曹であった。彼もデ・ポゥーリ軍曹と同様に、銃弾の破片がヘルメットにいくつも当たった。ウォーカーは、塹壕に向かって射撃しながら、岩場に滑り込んだ。
ついで、ランカスター曹長が猛然と岩場に走り、岩場の端にたどり着くとすぐにプローンで塹壕に向けて射撃を開始した。

デ・ポゥーリ、ウォーカー、そしてランカスターの3名が岩場にたどり着き、援護射撃を始めたのを確認すると、機関銃や無線機などの重量物を運ぶ者が続いた。ガンナーのアンダーソン軍曹が続くべきだったが、すでに銃弾に倒れていた。

弾薬転送係のギリアム上等兵は、ほんの少し前に、実戦を前に緊張していた自分を励ましてくれたアンダーソン軍曹のM240を掴むと、ヘリから飛び出した。機関銃の重量のためか、それとも自分が雪中行軍になれていないせいなのか分からなかったが、ヘリから飛び出すと、すぐに膝まで雪に埋まり、転んでしまった。しかしギリアムは必死に岩場まで、這いつくばってたどり着いた。もちろん機関銃を手放すことはなかった。

ギリアムが岩場に到着するのを見届けると、CCTのヴァンス軍曹が大きな無線機を背負い、岩場に滑り込んだ。

チヌークのミニガンを撃ちつつ岩場に向かっていく影がなくなったことを横目で確認したセルフ大尉は、最後に自分が岩場に向かうべく、射撃をやめ、ヘリ後部のタラップへとほふくで向かった。

タラップまでのわずか数メートルの距離に、かつての部下たちの亡骸があった。技術軍曹のマット・コモンは、目を見開いたまま、虚空を見つめていた。セルフ大尉が抱きかかえて見ると、額から血を流していた。血は機外まで流れ、雪を赤く染めていた。
ブラッド・クローズ軍曹もタラップから出た直後に銃弾に倒れたのか、雪に顔をうずめ、微動だにしていなかった。

ほんの少し前まで生きていた部下たちが、今は冷たくなっていた。たった今、死んだのであれば、もう少しぬくもりがあってもよさそうだとセルフは思ったが、しかしこれが戦争なのかもしれないと思い直した。

最後まで機内で生き残っていたのは、PJのジェイスン・カニングハム軍曹だけであった。
「お前が生き残っていたのは、唯一の幸運だ。お前はここに残って、負傷者を助けろ」。セルフ大尉は、ジェイスンにそう言い放つと、生き残った部下たちが待つ岩場に向けて走った。

次回更新は、2011年1月5日「タクール・ハーの戦い8」です。おたのしみ。
ご意見・ご質問をお待ちしております。

------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)


私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。画像クリックでamazonへ飛びます。







同じカテゴリー(Story(物語) )の記事
 作戦終了 Over the Operation (2014-02-19 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 4 (2014-01-29 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 3 (2014-01-22 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 2 (2014-01-15 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO (2014-01-08 07:00)
 ネプチューン・スピアー Neptune spear  7 (2014-01-01 07:00)

Posted by 友清仁  at 07:02 │Comments(1)Story(物語)

この記事へのコメント
お楽しみに 
なんて不謹慎も甚だしい。
お前が戦地に行って死ね。
Posted by とおり at 2015年03月09日 05:12
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。