2011年03月30日

タクール・ハーの戦い Takur Ghar 18

山頂のセルフ大尉らレンジャーたちは、再び岩場に押し込められた。「もう少し火力があれば、制圧できた・・」。レンジャーたちは、苛立った。進むもならず引くもならず・・そんな状態に追い討ちをかけるように、チヌーク内のPJのハニンガムから、「輸血や点滴などの医療品が底をつきます。負傷者を一刻も早く搬送する必要があります」。と無線が入った。セルフには、次に打つ手がなく愕然とした。

しかし、その危機的な状況であっても、指揮官であるセルフ大尉は、冷静に敵情を分析した。
先の一斉攻撃で、敵の反撃を受けたものの、その射撃は統制が取れたものではなかった。おそらく空爆により、敵の指揮官、少なくとも射撃統制をする士官クラスの多数は戦死したのだろう。
統制された射撃でなければ、どんなに銃口が多くても、恐れる必要はない。しかし、レンジャーたちも兵力が足りなかった。

アルカイダも被害確認と部隊再編成に取り組んでいるのだろうか、しばらくの間、不気味な静寂が続いた。

セルフは、敵のタコツボの観察を続けた。タコツボの中央にマシンガンが据え付けられていて、セルフたちを串刺ししようと、岩場に銃口が向いていた。それ以外は、AKを持ったアルカイダがぽつぽつ見える程度であった。

「セルフ大尉、待たせたな」。セルフの肩をつかむ者が言った。セルフが振り返ると、顔中を汗まみれにしたエスカーノ大尉がいた。待ちに待ったレーザー02のレンジャー15名が山頂に到着した。

エスカーノ大尉の率いるレーザー02は、雪中の急勾配を上ってきたせいか、激しく疲労していた。「急いで来たんでね、しばらく休ませてくれ」。エスカーノ大尉はセルフに言った。

30分ほど休憩すると、セルフ、エスカーノ両大尉は、敵情と攻撃方法について打ち合わせた。セルフが、敵は銃口こそ多いが射撃統制がないこと、空爆でかなりの被害が出ていることをエスカーノに伝えると、「歩兵教則の基本、ムーブアンドシュート(Move and Shoot)で、タコツボを攻略しよう」。2人は、部隊を10名ずつの2つに分け、一斉攻撃することにした。

「3、2、1、GO!!」セルフが号令をかけると、20名のレンジャーはいっせいに岩場を飛び出し、瞬時にエクステッドライン(横一文字)に展開した。

「ファイア、ファイア、ファイア」。エスカーノ大尉指揮下の10名は、叫びながら膝をついてタコツボに向けてM4を放った。その一方で、「ムーヴ、ムーヴ、ムーヴ」。とセルフ大尉は、10名のレンジャーに号令をかけ、こちらもM4を撃ちながら、ゆっくりと前進した。10メートルほど進んだところで、立場が逆転し、今度はエスカーノ大尉の部隊が前進した。

アメリカ軍の突然の反撃、さらにフォーメーション攻撃にアルカイダたちは驚いた。
小刻みに移動と射撃を繰り返し、どんどん迫ってくるレンジャーに対し、タコツボの機関銃手は、銃口を左右に振るばかりで、トリガーを引くことができなかった。他のAKのアルカイダも同様で、迫りくるアメリカ軍の迫力に、武器を棄てて逃げ出す者もいた。

あと15メートルのところまで近づくと、「グレネード!!」。セルフ大尉は号令をかけ、セルフ以下10名は一斉に手榴弾をタコツボに向かって投げた。手榴弾全部がタコツボに吸い込まれるように入り、大爆発を起こした。

少し遅れて、エスカーノ大尉の部隊も同様に手榴弾を投げた。こちらもタコツボで大爆発を起こした。その後、タコツボから応射がなくなった。

あれだけレンジャーたちを苦しめたタコツボ陣地は、ついに沈黙した。

次回更新は、4月6日「タクール・ハーの戦い」です。
ご質問、ご意見をお待ちしております。


------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)


私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。画像クリックでamazonへ飛びます。







同じカテゴリー(Story(物語) )の記事
 作戦終了 Over the Operation (2014-02-19 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 4 (2014-01-29 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 3 (2014-01-22 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 2 (2014-01-15 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO (2014-01-08 07:00)
 ネプチューン・スピアー Neptune spear  7 (2014-01-01 07:00)

Posted by 友清仁  at 07:01 │Comments(3)Story(物語)

この記事へのコメント
どうもこんにちは。いつも楽しく読ませていただいています。

そろそろこのミッションも終わりですね。


ところでPJのカニンハムと出てきたんですが、PJとメディックとは違うんでしょうか? 

また、ASVABテストとはいったいどんなテストですか?


長文になってすいませんm(_._)m
Posted by ラビット at 2011年03月31日 08:23
ラビットさま

ご質問、ありがとうございます。
メディックというのは、いわゆる「衛生兵」のことで、陸海空・海兵隊すべてにある兵種です。

それに対し、PJというのは、「Pararescue Jumper」の略で、空軍の衛生兵(部隊)を指します。詳細につきましては、後日、別項を設けて解説したいと思います。
Posted by 友清仁友清仁 at 2011年04月01日 09:10
早い回答ありがとうございました。

次回も楽しみにしています。
Posted by ラビット at 2011年04月01日 19:08
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。