2011年04月13日

タクール・ハーの戦い Takur Ghar 20

タクール・ハーの山頂を観察している着弾観測員から、頻々と山頂の様子が司令部に報告されている。同時にアルカイダに包囲されている山頂のセルフ大尉たちからも、報告が上がってきた。
「山頂を囲むようにアルカイダが展開しています。その数200名以上。レーザー02の弾薬は残りわずか。至急、応援を」。セルフ大尉らの無線は、悲痛を極めた。

セルフ大尉を悲痛にさせているのは、死への恐怖ではない。戦死はアフガニスタンに派遣されたときから覚悟している。だが、部下が苦しんで死んでゆくのを、指揮官として冷静で見ていることなどできなかった。山頂には、医療品も、そして緊急医療の技術を持つPJもいなかった。セルフができることといえば、司令部へ救出を要請することだけであった。

ガルディーズのハーゲンベック将軍は、司令部のスクリーンを凝視していた。どのように救出するべきか・・・。この戦場に投入できるヘリコプターは、チヌーク、MH-53ペイブロウ、そしてMH-60ペイブホーク、それぞれ1機だけである。

「至急、援軍を!」。セルフ大尉から再び無線が入った。その声は冷静さを失っていた。すでにアルカイダ残党は、山頂へ向け、射撃を開始したようである。
「ヘリのパイロットをここに呼べ。今から、山頂のレンジャーを始め、ヘリのパイロットすべての部隊を、私が直接、部隊指揮を執る」。セルフ大尉の悲痛な叫びは、ハーゲンベック将軍の何かを呼び起こしたようだった。

すぐにMH-53ペイブロウのパイロットのレイトン・アンダーソン少佐、そしてMH-60ペイブホークのパイロットのエドワード・レンゲル少佐が司令部にきた。

「貴官らに、非常に危険な任務をやってもらいたい。この作戦の指揮官として、戦死の可能性がある任務を貴官らに出すことが心苦しいが、貴官ら以外に頼める者がいない。とにかく山頂へ向け飛んでくれ。作戦は、山頂に着いてから説明する」。

ハーゲンベックが訓示すると、アンダーソン少佐は、「司令、我々SOAR(第160特殊作戦航空連隊)も、すでに2機やられています。アルカイダのやつらの好きにはさせません」。

2機のヘリは、すぐにタクール・ハー山頂に向けて飛び立った。機内には大量の煙幕弾が積まれていた。これは、ハーゲンベック将軍の指示である。
空爆については、あれほど誤爆を恐れていたハーゲンベックだが、ガンシップによる機銃掃射には積極的だった。「上空のガンシップに連絡。山頂を制圧射撃せよ。救援ヘリが到着するまで、アルカイダを1ミリも近づけるな」。AC-130ガンシップは、その命令どおり山頂を制圧射撃し、アルカイダの動きを封じ込めた。

2機の救援ヘリのパイロットから、山頂へ到着した旨の無線が届いた。
「いいか。チヌークの位置を良く覚えておけ。煙幕が広がったら、何も見えなくなるぞ。そして私の合図とともにチヌークの真上に降りろ」。ハーゲンベックは、アンダーソン少佐に言った。

「煙幕弾投下」。ペイブロウの副操縦士が叫んだ。ペイブロウから無数の煙幕弾が山頂に放出され、着地すると、勢いよく煙を吐き出した。それに合わせて、セルフ大尉たちも、手持ちの煙幕や信号弾を一斉に投げた。すぐに山頂は、白、赤、黄色の煙に包まれた。

司令部の山頂を映すスクリーンも、あっという間に煙幕で何も見えなくなった。参謀達が不安そうにスクリーンを見ている中で、ハーゲンベック将軍だけが、確信に満ちた目でスクリーンを凝視していた。やがて、「今だ。ペイブロウ突入」。
アンダーソン少佐は、操縦桿を思いっきり倒し、まったく視界の効かない煙幕の中に突入した。濃霧の中を飛行した経験は何度もあるが、それは水平飛行に近い状態であり、不正地面に向かっての着陸ではなかった。ペイブロウは、煙幕弾の煙の中を急降下した。

次回更新は、4月20日「タクール・ハーの戦い」です。※もう少し続きます・・
ご意見、ご質問をお待ちしております。


------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)


私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。画像クリックでamazonへ飛びます。







同じカテゴリー(Story(物語) )の記事
 作戦終了 Over the Operation (2014-02-19 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 4 (2014-01-29 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 3 (2014-01-22 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 2 (2014-01-15 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO (2014-01-08 07:00)
 ネプチューン・スピアー Neptune spear  7 (2014-01-01 07:00)

Posted by 友清仁  at 07:03 │Comments(2)Story(物語)

この記事へのコメント
この間、紀伊〇国屋で何冊かミリネタの本を買ったんですけど、そのとき、「最強軍団 アメリカ海兵隊」もかわさせて頂きました。まだ読み始めたばかりですが、非常に興味深いです!!


次回も楽しみにしています。
Posted by ラビット at 2011年04月16日 14:36
ラビット さま

私の訳書をご購入いただきまして、ありがとうございます。劣訳ですので、読みにくいところがあるかと思いますが、よろしくお願いします。

現在、スナイパーの本を訳しております。今年中の発売ですので、ご期待ください。本書の著者は、元シールズのスナイパーなので、実戦に即した内容となっておりますので、ご期待ください。
Posted by 友清仁友清仁 at 2011年04月16日 22:08
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。