2012年06月20日

J-DAM

本ブログでも度々登場するJDAM(Joint Direct Attack Munition・・・統合直接攻撃弾)とは、爆弾そのものではなく、実は、爆弾に追加で取り付ける精密誘導装置のことであるが、この装着後は爆弾を含む全体を指してJDAMと呼ばれることが多い。

JDAMには、INS(Inertial Navigation System・・・慣性誘導装置)とGPS受信機が組み込まれ、2つの方式を併用した誘導装置が尾部の制御翼をコントロールして、外部からの誘導なしに設定された座標へ高精度で着弾させることができる。

公表値では、投下地点を中心に最大25kmまでの範囲の目標へ誘導する能力を爆弾に付加できるようになっている。

JDAMは、空力制御翼面を備えた尾部セクション、ストレーキ部、尾部内に収められた慣性誘導とGPSによる誘導制御ユニットより構成され、JDAMキットが取り付けられた爆弾には「Mark 80」など名称が変わり、GBU(Guided Bomb Unit・・・誘導爆弾装置)と云う名称コードが与えられる。

JDAMの誘導システムは、誘導制御ユニット内の慣性誘導システムとGPSが自身の位置と方向を割り出し、尾部の空力制御翼面を動かすことで、着弾目標の座標へ高精度で誘導する。

目標座標は、離陸前に航空機から入力する方法と投下直前に搭乗員の手動による方法がある。これに加え、「ライトニング2」や「スナイパー」照準ポッドのような搭載照準装置からデータリンクを通じた入力が可能になっている。

JDAMは、超低高度から超高高度で、水平飛行中はもとより、上昇・急降下などの体勢であっても投下することができる。

つまり、従来型の精密誘導ユニットが搭載された爆弾は、爆弾のシーカーが確実に目標を視野に捉えられるように目標に向かって飛行しなければならないが、JDAMではそういった制約は無く、目標とは異なった方向に飛行しても投下でき、命中する。


湾岸戦争時、中高高度からの非誘導兵器の投下の命中精度の悪さや煙幕や砂塵などの障害による空爆時の空対地攻撃兵器の能力不足が強く指摘された。

このような問題を解決するために、1992年、「悪天候精密誘導弾」の研究が開始され、97年にJDAMの試作が完成した。500発近くのJDAMが投下されたテストでは、10m以下のCEPで95%を上回り、まさに百発百中の精度を確立し、すぐにアメリカ軍に採用された。

JDAMが初めて実戦に投入されたのは、1999年のコソボ紛争でのアライド・フォース作戦(Operation Allied Force)である。

JDAMを搭載したB-2ステルス爆撃機がミズーリ州のホワイトマン空軍基地から無着陸で30時間の往復飛行を行い、合計650発のJDAMを投下した。

詳しい戦果は報告されていないが、ある軍事専門誌によると、「アライド・フォース作戦で投入されたB-2は、651基のJDAMを投下し、96%の信頼性と計画された目標の87%に命中した」と述べている。

初期型JDAMのアライド・フォース作戦での成功によって、500ポンドのMark 82爆弾と1,000ポンドのMark 83爆弾へも計画が拡大され、1999年末には開発が始められた。


このように華々しい戦果と性能を見せたJDAMであるが、機械である限り正しく運用されなければ、重大な事故を招くことがある。

2001年12月、B-52がアフガニスタンに展開する地上軍の求めに応じ、JDAMを投下した。しかしこのJDAMは、対タリバン勢力のリーダー、カルザイと彼を護衛する特殊部隊に着弾し、特殊部隊数名が死亡、カルザイも負傷した。

のちの事項調査で判明した原因は、特殊部隊のCCTがGPSの電池を頻繁に交換したため、その際にGPSがリセットされてしまったことと、そのことに気がつかずに空爆要請をしたため、自分の座標を爆撃機に伝えてしまったために起きたとされた。(しかし公式の発表は未だにありません・・)

その後、不朽の自由作戦とイラクの自由作戦の教訓を得て、海空軍は移動目標へ対応するため、終末誘導用精密シーカーだけでなくGPS精度の向上も進め、レーザー誘導型のLJDAMが開発された。


次回更新は、6月27日 「誤爆」です。お楽しみに。
ご意見・ご感想をお待ちしております。
B52の翼下に取り付けられたJ-DAM
------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)



私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。
画像クリックでamazonへ飛びます。













同じカテゴリー(knowledge base(基礎知識))の記事
 いきなり終了で申し訳ございませんが・・・・ (2014-03-05 07:00)
 コンクルージョン conclusion (2014-02-26 07:00)
 シールズ・チーム6 Seals team 6 2 (2013-08-07 07:00)
 アフガンに展開したODAについて ODA in Afghan (2013-02-27 07:00)
 B-52 (2012-05-30 07:01)
 カンダハル Kandahar (2012-05-09 07:00)

Posted by 友清仁  at 07:02 │Comments(2)knowledge base(基礎知識)

この記事へのコメント
先日のゲーム会お疲れ様でした~!
皆さんの装備際立ってましたww
色々貴重な話聞かせていただいてすっごい楽しかったです。

ハートロックの写真ホントすごいですね!
自分も参加できるように精進していきたいと思いますw
Posted by YamaC!YamaC! at 2012年06月20日 22:49
Yamac! さま
先日のゲーム会、お疲れさまでした。チームメンバー一同、大変楽しませていただきました。ありがとうございます。

10月のハートロック、ぜひ、一緒に参加しましょう。装備とかいろいろ難しいと考えてしまいますが、私は、すべてレプリカです。あまり肩肘はらずに気軽に参加してみてください。

HR前には、必ずメンバー内で「ハートロック衣装合わせ会」をやるので、都合があえば、参加してみてください。
Posted by 友清仁友清仁 at 2012年06月21日 07:59
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。