2012年07月04日

誤爆 Friendly bombing 2

「J-DAM、リリース」。B-52のタクティカルコーディネータは、冷静に報告した。タコ(タクティカル・コーディネータの略)は、目の前のコンソールを見ている。

B-52は、巨大な爆撃機であるが、窓と呼べるものはコックピットにしかなく、パイロット以外は、機内から外を見ることができない。ちょうど潜水艦が浮上航行していても、外気に触れることができるのは、艦長をはじめとする艦内首脳士官だけなのと同じである。

従って、昔の爆撃機のように、爆弾が落ちてゆく様子を見ることもなく、また爆弾が投下される瞬間に機体に走る振動も感じることもない。

コンソールの画面には、目標地点の白い×印とJ-DAMを表すオレンジ色の×印が映っている。オレンジの×が左右に微妙に揺れながら、白い×へ近づいている。J-DAMの自律誘導システムが正確に作動しているのが分かる。

数秒後、白とオレンジのバツがぴったりと重なると、赤い×になり、激しく点滅し、やがて消えた。目標地点に着弾したのだ。あたかもテレビゲームである。「J-DAM、目標に命中」。タコは、機長のクロスビー中佐に短く報告した。

「機長からタコへ。次いで2次爆撃を行う。これより旋回を開始し、1時間後に再びタリン・コット上空に戻る。残り全弾の諸元入力を30分以内に終えろ」。クロスビーは無線を切った。


B-52から3000メートル下のタリン・コットでは、CCTのアレックスが自警団に行軍ドリルを行なっていた。しかし、B-52の爆音が激しいため、全員、しばらくその場に座り、休憩していた。

やがて爆音が遠のき、街に静寂が戻った。再びドリルを行うべくアレックスが立ち上がった。自警団の兵士にも、訓練再開を指示した。しかし、その一瞬後、爆音が遠のくのと反比例するように、今度は、キューっという、空気を切り裂く音が聞こえた。

その音が、J-DAMの自律誘導システムの尾翼が空気を裂く音だと、CCTのアレックスにすぐに分かった。すぐに音の方向に振り返ると、上空に黒い点がものすごい勢いで落ちてくるのが見えた。

B-52から放たれたJ-DAMは、最新無線機「ヴァイパー」とODA574の司令部のあるホテルへ一直線に落下し、その屋根を突き破り、室内で大爆発を起こした。

「Bombing!!(空爆)」。アレックスは叫び、すぐにその場に伏せたが、自警団には、意味がわからない。彼らは、その場にぼーっと突っ立っているほかなかった。

どーん、という音が響いた瞬間、ホテルの窓という窓から火炎が吹き出し、ホテル全体が火の柱と化した。あたかも火山が噴火するかのように、爆風でコンクリートや窓ガラスの破片が飛び散り、特に付近にいた自警団の兵士たちに降り注ぎ、まさに地獄絵図の様相を呈した。


同じ頃、ジェイスン大尉は、司令部で作戦会議を終え、街へ飲み物を買いに、ホテルのゲートを出たところであった。後頭部を思い切り殴りつけられるような爆音が響いたかと思うと、体が宙を浮き、5メートルほど吹き飛ばされた。

何が起きたのか訳も分からずホテルを見ると、ホテルは火柱と化していた。「タリバンの奇襲か?」 そう直感した。次いで、ホテルにとどまっていた、フォックス少佐、ペティソリー大尉を救うべく、燃え盛る建物へ入り、両名の名を叫んだ。

ペティソリーはすぐに見つかった。右足を骨折しているようだったが、ジェイスンの肩を借りてホテルを脱出した。次いでフォックス少佐を探した。しばらく捜索すると、落下したホテルの巨大なコンクリートの梁の下に、フォックスがうずくまっているのが見えた。

「少佐、脱出しましょう」。ジェイスンが呼びかけたがフォックスは答えない・・・。ジェイスンががれきを押しのけ、フォックスを引きずり出すと、彼は胸と口から大量の血を出し、すでに絶命していた。

「なんてこった・・」。ジェイスンは呟いた。その時、脳裏をかすめるものがあった。
「カルザイ・・」、ジェイスンは、再び言った。


次回更新は、7月11日「誤爆」です。お楽しみに。
ご意見・ご感想をお待ちしております。
------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)



私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。
画像クリックでamazonへ飛びます。












同じカテゴリー(Story(物語) )の記事
 作戦終了 Over the Operation (2014-02-19 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 4 (2014-01-29 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 3 (2014-01-22 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 2 (2014-01-15 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO (2014-01-08 07:00)
 ネプチューン・スピアー Neptune spear  7 (2014-01-01 07:00)

Posted by 友清仁  at 07:01 │Comments(0)Story(物語)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。