2013年01月23日

死に値すべきもの The worth dying for 14

ODB570のCH46がタリン・コットの街を飛び立った。操縦桿が重い、上昇のスピードも緩慢である。パイロットのグレック大尉の脳裏に、「無事に到着できるか・・」、不安が襲った。

ODA574指揮官、ジェイスン大尉も上昇するヘリを見送った。CH46の巨体が次第に小さくなり、ローター音もなくなり、暗闇に、緑色の戦術ライトだけが小さく見えた。その戦術ライトも、やがて深黒の闇に塗りつぶされ、見えなくなった。
「Good Luck」、ジェイスンは心の中でつぶやいた。

結論から言うと、2機のCH46は、カブールの手前30キロの地点で、燃料不足のため不時着した。その旨をカブール総司令部に連絡すると、すぐに英軍SAS2個小隊がソ連製トラックに乗って救出にやってきた。

2個小隊のうち、1個がトラックで負傷者をカブールまで運び、もう1個がCH46を警備した。さらに1時間ほどすると、燃料タンクを積んだブラックホークが飛来し、CH46に燃料を補給し、2機は、とりあえずカブールへ移動した。

首都カブールでは、骨折したペティソリー大尉は、ギプスと松葉杖をあてがわれると、タリン・コットの状況を報告するため、カルランド少将、マルホールランド大佐らが待つ司令部へ向かった。

総司令部で、ペティソリーは、誤爆はODA574の無線の誤操作が原因であること、フォックス少佐の戦死、さらにカンダハル攻撃の中核をなすタリン・コット軍が空爆により大被害を受け、カンダハル攻略には、かなり時間がかかることを報告した。

報告が終わるころ、タリン・コットからロニーの戦死が報告された。司令部の面々に疲労の色が濃くにじみ、カルランド少将は、手で顔を覆ったほどだ。夜がうっすらと白み始めていた。

留守を預かるカルランド少将は、当座、英軍SAS1個小隊をタリン・コットへ派遣すること、関係各位は、本日午後1時まで休息し、再度、集合して事後をはかることを伝え、会議は解散した。

タリン・コットも同様であった。ジェイスン大尉は、フォックス少佐とロニーの遺体を回収すると、最低限の見張り兵を残し、残りの兵員は午後まで休息するように伝えた。ジェイスン自身もタバコを1本吸うと、あとは泥のように眠った。

12時をわずかに過ぎたころ、ジェイスンは目が覚めた。戦場にいる緊張が、どんなに疲れていても長く寝ることを許さなかった。わずか数時間の睡眠であったが、軍人であるジェイスンは、十分に体力・気力ともに回復した。

昨晩、負傷者を収容した街の広場に向かって歩いてゆくと、人だかりができているのが見えた。人だかりの中央で、聞き覚えのある声が、聴衆に向かって何かを叫んでいる。

声の主は、カルザイであった。
「われわれは、非常な困難に直面している。しかし、立ち止まってはならない。タリバンの、アルカイダの悪政を止め、新しい世の中を創らねばならない」。
「今日は犠牲者を弔おう。しかし明日は、タリバンの根拠地カンダハルへ攻め込むのだ。敵もこの空爆で大被害を受けた。攻めるのは今しかない」。
聴衆のアフガン人は皆、武器を持ち上げ、応という反応を見せていた。

アフガン人の中で、何かが生まれ、そして激しく旋回し始めている。


次回更新は、1月30日「戦闘終結」です。お楽しみに。
ご意見・ご感想をお待ちしております。
------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)



私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。
画像クリックでamazonへ飛びます。













同じカテゴリー(Story(物語) )の記事
 作戦終了 Over the Operation (2014-02-19 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 4 (2014-01-29 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 3 (2014-01-22 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 2 (2014-01-15 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO (2014-01-08 07:00)
 ネプチューン・スピアー Neptune spear  7 (2014-01-01 07:00)

Posted by 友清仁  at 07:01 │Comments(2)Story(物語)

この記事へのコメント
おはようございます。
あなたのブログを読んでカルザイさんのファンがだいぶふえたのではないでしょうか。
ただこれからの国の舵取りはいばらの道のようですが。
Posted by JTGCチーフ at 2013年01月23日 08:49
JTGCチーフ さま

コメントありがとうございます。

このあとの話になりますが、カルザイは何の実績もなく政権首班になってしまい、文字通り、いばらの政権運営になってしまいました。
Posted by 友清仁友清仁 at 2013年01月24日 08:25
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。