2013年04月17日

アボタバード Abbottabad 5

チャーリーは、市場でデマ情報を流し続けた。同じことを言い続けても、飽きられるだけなので、少しずつ、脚色していった。
「塀の中には、プールがあって、毎日、子供が泳いでいる」、「庭には、純金できた銅像が立っている」。

何と言っても、デマ情報である。どんなに大きなことを言っても問題はないし、話が大げさになればなるほど、広範囲に知られ、間違いを訂正する者も現れるだろう。それが正しい情報である。

町外れの屋敷が怪しいことは、セイフ・ハウスにいるCIAスタッフにも報告され、CIAは、直ちに屋敷の近くに監視小屋を建て、24時間体制で監視を続けている。しかし、目立った動きはなかった。

そんなことをして、1週間ほど経過した。チャーリーは、いつものように、人通りの多い通りに出て、物乞いをしていると、市場で野菜を売っている老人が、チャーリーに話しかけてきた。
「お前は、あの屋敷の主を、イスラマバードから来たと言っているが、それは間違っている」。

老人によると、1ヶ月ほど前、その屋敷に、トヨタのピックアップトラックが横付けされ、数人の男が屋敷から出てきて、多くの荷物が下ろされた。珍しいことなので、老人が、畑仕事の手を休めて、その光景を眺めていると、厳しい顔をしたリーダー格の男が歩み寄り、「爺さん、何を見てるんだ?」と尋ねた。

老人からすれば、特に目的があるわけではない。その光景が珍しいだけで、何の警戒心もない。
「引越しかい?」。老人は、呑気に返した。

その呑気さに、男もハッと我に返ったようで、すぐに頬を緩ませて、
「ああ、引越しだ。俺の名はタレクだ。チャルサダから来た。兄貴のアシェットの屋敷でしばらく厄介になる。爺さんも、よろしく頼む」。
そう言うと、ポケットからいくらかの金を出し、老人に与えたという。

「どんな奴だったんだい?」、チャーリーは尋ねた。老人は続けて、男は40代半ば、身長は170センチくらい、口ひげ以外はキレイに剃っていたという。チャーリーは、それ以上の詮索をせず、老人と世間話をして、その場をあとにした。

チャーリーは、箱車を漕ぎながら、「チャルサダ」という土地が気になった。この土地は、パキスタン北西部にあり、カイバル峠から100キロほどの位置にある。街自体は、大した街ではないのだが、問題は、1月ほど前に、そこから、何者かが衛星携帯電話を発信しているのである。

パキスタンの田舎町で、衛星携帯電話を発信する者・・・。それは、田舎に視察に来た政府高官か、タリバン・アルカイダ幹部くらいである。

チャーリーの情報を元に、セイフ・ハウスでは、1ヶ月内外で、衛星携帯電話を持ちうる、政府高官がチャルサダを訪れたかどうか調査した。結果は、そのような要人は一人もいなかった。

もう1つ気になるのが、40代半ばの小綺麗な男で、チャルサダから来た、タレクである。パキスタンでは、ある一定以上の階層の男は、口ひげ以外をキレイに剃る習慣がある。これは、タリバン・アルカイダ幹部でも同様である。

その後の監視小屋からの報告では、その屋敷に住んでいるはずのタレクが、それから、全くその姿を認めることができず、人の出入りもほとんどないという。

アボタバードの調査グループは、町外れの屋敷と、行方不明のタレクを徹底的にマークすることにした。


次回更新は、4月24日「アボタバード」です。
ご意見・ご感想をお待ちしております
------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)




私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。
画像クリックでamazonへ飛びます。













同じカテゴリー(Story(物語) )の記事
 作戦終了 Over the Operation (2014-02-19 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 4 (2014-01-29 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 3 (2014-01-22 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 2 (2014-01-15 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO (2014-01-08 07:00)
 ネプチューン・スピアー Neptune spear  7 (2014-01-01 07:00)

Posted by 友清仁  at 07:00 │Comments(4)Story(物語)

この記事へのコメント
ミリタリーナレッジレポート VOL2の通販の再販はありますか?
Posted by 新米二等兵 at 2013年04月18日 20:53
新米二等兵 さま

コメントありがとうございます。

VOL2ですが、おかげさまで初版が完売しまして、大変驚いております。

現在、増刷しているところです。4月末には、コミックZINさんに入荷する予定です。同時に通販も再開されると思います。よろしくお願いします。
Posted by 友清仁友清仁 at 2013年04月18日 23:29
初めまして。貴著「ミリタリーナレッジレポーツ VOL.2」を購入した者なのですが、本に付属していましたCDがどうやら空のようで、pdfファイルが入っておりませんでした。僭越ながらどうすれば宜しいでしょうか?パソコンのドライブに何度か入れ直しても空のCDと認識していました。
Posted by ノイマン at 2013年04月21日 05:35
ノイマン さま

CDが空だったということで、大変申し訳ございません。良品をお送りいたしますので、
de4622000@yahoo.co.jp
まで、件名を「ナレッジレポーつVOL2のCDの件」として、ご住所とお名前をご連絡ください。

よろしくお願いします。
Posted by 友清仁友清仁 at 2013年04月21日 22:04
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。