2013年06月26日

CIA長官 レオン・パネッタ  Leon Panetta 3

パネッタは、間抜けな報道官の始末を終えるとすぐに、CIA本部の地下3階にある、ビンラディン捜索特別グループ、通称BLGの責任者である、国家秘密活動部長スチュアート・カポスを呼び出した。

ほどなく、カポスがパネッタの執務室に現れた。パネッタは、カポスにソファに座るようにすすめ、両人が着座すると、「見たか?」とカポスに尋ねた。カポスは、パネッタの意図が分かっている。「ハイ」と短く答えた。

「面倒くさいことになった」。パネッタは続けた。
「万が一、ビンラディンがあの放送を見ていたら、直ちに隠れ家を変えてしまうだろう。たしかに、アボタバードに隠れているという確証はないが、私は、かなりの確率で、ヤツはアボタバードにいると考えている」。

カポスも、パネッタと同様にビンラディンがパキスタンに潜伏していると思っている。ロシアやイラン潜伏説に対して、パキスタンには、謎の電話やアルカイダ幹部のナセルがVIP待遇でいることなど、付加情報が多いからである。

「私も長官と同じ意見です。おそらくビンラディンは、隠れ家を変更するか、さらにカモフラージュを高めるなどの行動を起こすでしょう。そうすれば、今までの追跡が全て水の泡になる可能性はあります」。

「しかし、チャンスであるとも言えます。アボタバードの「隠れ家」が完成してから、丸二年が経過しています。ビンラディンがそこにいると仮定すると、奴は、2年間は追跡されていない、うまく隠れている、と思っているはずです」。

パネッタは、カポスの言いたいことが分からないような顔をした。
「つまり、安心しきっているところへ、当てずっぽうのデマ情報とはいえ、アボタバードと指定された・・・。奴は動き出すでしょう。ろくな準備も警戒もせずに・・・」。

パネッタは、カポスの意図がわかった。
「奴がアセって動き出せば、手がかりが得られるということか」。
カポスは、無言でうなずた。

翌日、パネッタの行動は早かった。現在、割と暇な地域である極東や南米担当の工作員や分析官を、ほぼ全員、ビンラディン捜索グループに編入し、衛星電話をはじめとする、さまざまな通信媒体の分析を開始した。

パキスタンに何か動きがあれば、わずかなことでも報告書にまとめるように厳命した。報告書は、1日に数百枚になることがあったが、パネッタとカポスは、全て目を通し、必要があれば協議した。

数日後、二人は、ビンラディンが、かなりの確率でアボタバードにいるという確証を得た。例の衛星携帯電話の発信が頻繁になったのである。

通話内容は、相変わらずビジネス会話のようであるが、「金を集めろ」とか「金を送れ」などの言葉が多くなった。これは今までになかった傾向である。

電話の主は、アルカイダの相当な幹部であることは分かっている。その幹部が金を集めているということは、何か行動を起こす予兆であろう。

「餌に食いついた」。パネッタとカポスは、ほくそ笑んだ。


次回更新は、7月3日「レオン・パネッタ」です。お楽しみに。
ご意見・ご感想をお待ちしております。
------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)




私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。
画像クリックでamazonへ飛びます。












同じカテゴリー(Story(物語) )の記事
 作戦終了 Over the Operation (2014-02-19 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 4 (2014-01-29 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 3 (2014-01-22 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 2 (2014-01-15 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO (2014-01-08 07:00)
 ネプチューン・スピアー Neptune spear  7 (2014-01-01 07:00)

Posted by 友清仁  at 07:00 │Comments(0)Story(物語)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。