2013年09月25日

キャンプ・アルファ Camp α 3

キャンプ・アルファに来たチャーリーは、特にすることがない。今まで働いていた分、休んでいれば良いのだが、もともと軍人なだけに、ダラダラ過ごすことができず、毎日、一定の距離を、義足と松葉杖で歩く訓練をした。しかし、数年間、箱車を使っていたため、正直なところ、この歩行訓練は辛く、時々、サボることもあった。

それを不憫に思ってか、基地責任者のカポスが電動くるま椅子を用意してくれた。そればかりか、主要な建物の入口にスロープ(傾斜)まで作ってくれた。
「アメリカと同じだ。ありがたい」。チャーリーは、つぶやいた。

数日後、チャーリーは、カポスに呼ばれ、カポスの執務室へ行った。執務室は、クーラーが効いていて快適だった。今日は、カポスと初めて打ち合わせをする。
「チャーリーさんは、奴がどこに潜伏していると思いますか?」 初めての打ち合わせであるせいか、陳腐な質問から始まった。

チャーリーは、すでに何度も語られたであろう、ビンラディンがあの屋敷にいる可能性や証拠について語った。カポスもじっと聞いている。最後に、ポケットから例の指輪を取り出すと、カポスの前に滑らせた。

「その指輪は、脱出の直前に、アボタバードの宝石店で手に入れた。裏には、サウジ王室に非常に近い人物しか持つことが許されないことを示す紋様がある。あの田舎町でそんなものを持っている者・・・。奴しか考えられん」。
カポスは、指輪をつまみあげると、チャーリーを見て頷き、「この指輪は、しばらくお預かりします」。

次いで、カポスは、「アボタバードの隠れ家の詳細な3D映像ができました」、と、大型プロジェクターのスイッチを入れた。「意外にでかいんだな」、チャーリーがつぶやくと、カポスの方が、意外という顔をした。それに気がついたチャーリーは、「俺は、箱車に乗って、壁しか見ていない」。カポスは納得したようだった。

カポスが映像を使って、建物を解説した。
「よく考えられている」。チャーリーは、感心した。建物は、いびつな三角形の塀に囲まれている。外界とつながっている門を抜けても、すぐに母屋に行けるわけではなく、三角形の頂点に向かって回廊が伸びている。この回廊を移動している間、絶えず母屋と、回廊の先からの攻撃にさらされる。




かろうじて、回廊を抜けたとしても、頂点部分がトラップになっていて、母屋から攻撃を受け続ける。その後、母屋のエリアに侵入すれば、そこは火力が集中しており、それらを制圧するには、相当な犠牲を覚悟しなければならない。

畑のエリアから侵入しても、遮蔽物のない畑を進む間、3階建ての母屋から狙撃を受けることになるし、母屋のエリアに侵入しても、重厚な攻撃を受けることになる。この屋敷・・というよりも城塞を攻略するには、優れた部隊が必要である。

「この作戦を遂行できる部隊といえば、デルタフォースか?」 チャーリーは、カポスに聞いた。
しかしカポスは、「デルタは縁起が悪いです」。と答えた。カポスの意味するのは、イーグル・クロウ作戦の失敗だろう。その答にチャーリーは、また鼻で笑ってしまった。情報を収集し、分析し、そのうえで実行するCIAが、縁起を担いでいるのである。

「デルタでないとすると・・・、シールズ・・・。チーム6?」 チャーリーの問いに、
カポスは、「今日は、ここまでにしましょう。しかし、現在、アフガンの某所にキルハウスを建設中です」。と答えた。

次回更新は、10月2日「キャンプ・アルファ」です。
ご意見・ご感想をお待ちしております。


------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)



私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。画像クリックでamazonへ飛びます。







同じカテゴリー(Story(物語) )の記事
 作戦終了 Over the Operation (2014-02-19 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 4 (2014-01-29 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 3 (2014-01-22 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 2 (2014-01-15 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO (2014-01-08 07:00)
 ネプチューン・スピアー Neptune spear  7 (2014-01-01 07:00)

Posted by 友清仁  at 07:00 │Comments(2)Story(物語)

この記事へのコメント
どうもこんにちは。

やはりデルタフォースは縁起が悪いというのが現状なのでしょうか?

最近はアメリカ軍特殊部隊といえばデルタよりシールズみたいな感じがしてますよね(笑)
Posted by 戦場の貴公子 at 2013年09月25日 11:41
戦場の貴公子 さま

コメント、ありがとうございます。

デルタフォースが縁起が悪いというのは、アメリカ首脳陣の共通したイメージですね。
もっとも、イーグル・クロウ作戦の失敗は、デルタが悪いんじゃなくて、「特殊部隊なら何でもできるだろ」的な発想を持っていた大統領側近が悪いんですけどね。

結果として、「特殊部隊の詰め合わせ」みたいになって、連携が取れずに失敗したんですが・・・。
そう考えると、デルタもかわいそうですね。
Posted by 友清仁友清仁 at 2013年09月25日 15:16
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。