2009年11月11日

中央軍の部隊 CENTCOM forces

中央作戦軍の主な組織は、以下の通りである。

統合特殊作戦山岳軍 (the Combined Joint Special Task Force-Mountain)
統合特殊作戦山岳軍は、隷下に機動部隊64、58およびジャカナを置いていた。機動部隊64は、オーストラリア特殊空挺連隊(Australian special air service regiment・・・SASR)で編成されていた。機動部隊58は、海兵隊第15遠征部隊(MUE)で編成されていた。
この部隊は、2002年1月からは、第101空挺師団、第10山岳師団およびカナダ軽歩兵大隊と交代した。また機動部隊ジャカナは、イギリス45コマンドで編成された1700名の部隊であった。

対テロ合同調整機動部隊 (the Joint Interagency Task Force-Counterterrorism)
対テロ合同調整機動部隊は、陸海空および海兵隊の情報士官、CIA、FBI、NASA、さらに連合国の連絡将校などで構成された部隊である。作戦に関わるさまざまな情報を収集、整理して前線の機動部隊に提供した。アナコンダ作戦(後述)では、重要な役割を担った。

連合軍合同政軍作戦機動部隊 (the Coalition Joint Civil-Military Operation Task Force)
連合軍行動政軍作戦機動部隊は、カブール陥落後に創設され、人道支援および民間活動を支援した。北方民政軍司令部と南方民政軍司令部に別れて、現在もアフガン復興のために活動している。


次回更新は、11月18日 「機動部隊ダガー」です。お楽しみに。
本ブログの内容の無断転載を禁じます。ご意見・ご質問をお待ちしています。


------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)



私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。画像クリックでamazonへ飛びます。







同じカテゴリー(knowledge base(基礎知識))の記事
 いきなり終了で申し訳ございませんが・・・・ (2014-03-05 07:00)
 コンクルージョン conclusion (2014-02-26 07:00)
 シールズ・チーム6 Seals team 6 2 (2013-08-07 07:00)
 アフガンに展開したODAについて ODA in Afghan (2013-02-27 07:00)
 J-DAM (2012-06-20 07:02)
 B-52 (2012-05-30 07:01)

Posted by 友清仁  at 08:22 │Comments(0)knowledge base(基礎知識)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。