2009年11月18日

機動部隊ダガー Task Force Dagger

コードネームのダガーとは、小刀の意味である。第5特殊軍グループおよび第160特殊航空連隊(SOAR)のヘリが数機で編成され、ジョン・マルホールランド(John Mulholland)大佐が指揮した。アフガンに侵入し、実質的なアフガン攻略作戦に従事し、北部同盟の指揮官の調略および支援を行った。アフガン侵入後にはCIA工作員も行動を共にした。(前述、アフガンの特殊部隊参照)

機動部隊ダガーは、A、B、Cの3チームで構成されていた。Aチームは、13名の隊員で1チームが構成され、すべての隊員が、諜報、爆破、車両整備などの特技を持った兵士である。

彼らは、北部同盟の首長の懐柔し、配下の兵士を訓練し、反タリバン軍として編成した。Aチームは、複数の部隊に分けられ、それぞれ、コードネームがつけられていた。
555(バグラム攻略)、595(マザリ・シャリフ攻略)、553、586、594、574(カルザイ氏の保護および南部での反タリバン勢力の形成)である。

Bチームは、Aチームの活動に必要な情報の収集、弾薬、医薬品の運搬などを行なった。
Cチームは、特殊作戦群(SOG)司令部にあって、A、B両チームを統括した。また、Aチームには、空軍から戦闘管制官(Combat Controller・・・CCT)が派遣され、近接航空支援を使って、タリバンを攻撃した。ときには、空軍のパラジャンパー(PJ)により医療支援を受けた。


次回更新は、11月25日 「機動部隊Kバー」です。お楽しみに。
本ブログの内容の無断転載を禁じます。ご意見・ご質問をお待ちしています。





------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)



私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。画像クリックでamazonへ飛びます。







同じカテゴリー(knowledge base(基礎知識))の記事
 いきなり終了で申し訳ございませんが・・・・ (2014-03-05 07:00)
 コンクルージョン conclusion (2014-02-26 07:00)
 シールズ・チーム6 Seals team 6 2 (2013-08-07 07:00)
 アフガンに展開したODAについて ODA in Afghan (2013-02-27 07:00)
 J-DAM (2012-06-20 07:02)
 B-52 (2012-05-30 07:01)

Posted by 友清仁  at 07:58 │Comments(2)knowledge base(基礎知識)

この記事へのコメント
画像の人たち、フランスのエアソフターですね。
Posted by L at 2009年11月18日 09:14
L さま

ご指摘ありがとうございます。

掲載に使用する写真ですが、なるべく記事の内容にあったものを選んでいるつもりなのですが、なにぶん「特殊部隊」なもので、なかなか正確なものを入手することができません。

なので、あくまで「イメージ画像」ととらえていただければ、幸いです。
Posted by 友清仁友清仁 at 2009年11月18日 10:38
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。