2010年06月30日

掃討か?虐殺か? Mop-up? Bloodshed?

11月26日、この日も激しい銃撃戦が行なわれたが、昨晩の空爆と混乱でタリバン軍の戦力は半減した。9時ごろ、ガードナーは、北壁の数箇所にやぐらを設置させた。このやぐらにCCTや観測兵を置き、場外の迫撃砲や上空の航空機にタリバン兵の位置を知らせるためである。やぐらからの情報を基にした砲撃は、非常に効果があり、城内のタリバン兵は、徐々に弱まり始めた。しかし、タリバンは、未だに城塞の南半分、250から300メートル四方の範囲を占拠していた。

CCTの誘導の下、撃砲および空爆が続けられた。もはやタリバン側からの反撃はなかった。否、タリバンの射程から離れたところで、CCTは、攻撃地点の座標を端末に打ち込み、上空の航空機、城外の砲兵に送るだけの、「作業」を続けているだけだった。そのとき、戦場の悪魔がそっと近づいていることに、北壁のCCTたちは気づいていなかった。

「攻撃機パイロットから北壁のグループへ。送られてきた座標がおかしいようだ。確認せよ」。この連絡に北壁のCCTは、手元の端末を確かめることなく、「敵が移動したから、座標をずらしただけだ。座標は正しい。すぐに爆弾を落としてくれ」。と簡単に応答した。

10時53分、GBU-32レーザー誘導爆弾数発が、城外で待機しているドスタム軍の戦車部隊に命中し、大爆発を起した。「なんてこった。そこじゃない」。とCCTは、叫んだが、すでに遅かった。この誤爆で、ドスタム軍の兵士80名および英SAS隊員5名が死傷した。

このようなトラブルがあった中、信じられない情報がガードナーの元に届けられた。なんと、英人ジャーナリストが、監獄の暴動以来、連絡が取れなくなっており、どうやら、城塞で暴動が起きたとき、こっそり潜入し、そのまま取り残されているとの事だった。

ガードナーは、教えられたジャーナリストの衛星携帯電話の番号をダイヤルした。おそらく死んでいるだろうと思ったが、ジャーナリストが電話に出た。「すぐに助け出してくれ」。と悲痛な叫びが電話から聞こえた。「暴動の中に潜入して、あの空爆の中で生きているとは、俺たち(特殊部隊)よりもすげえ奴だ」。ガードナーはあきれながら言った。

ジャーナリストを救出するため、空爆を中止し、その代わりAC-130からバルカン砲で制圧射撃をさせた。この射撃の精度は信じられないほどで、建物に隠れることができないタリバン兵は全員、射殺された。救出に向かったクリス曹長は、まったく敵に遭遇することなく、救出作戦を終えた。

次回更新は、7月7日 「空軍戦闘管制チーム(CCT)」です。お楽しみに。
本ブログの内容の無断転載を禁じます。ご意見・ご質問をお待ちしています。
写真は、イメージです。


------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)


私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。画像クリックでamazonへ飛びます。






同じカテゴリー(Story(物語) )の記事
 作戦終了 Over the Operation (2014-02-19 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 4 (2014-01-29 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 3 (2014-01-22 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 2 (2014-01-15 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO (2014-01-08 07:00)
 ネプチューン・スピアー Neptune spear  7 (2014-01-01 07:00)

Posted by 友清仁  at 07:00 │Comments(0)Story(物語)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。