2012年07月25日

誤爆 Friendly bombing 5

ラービフと配下の兵士たちは、10台の車両に分乗し、タリン・コットに向かった。「急げ!」。ラービフは怒鳴った。

アメリカ軍は誤爆をした。街は混乱しているに違いない。この混乱に乗じて街を攻撃し、占領はできないにしても、大打撃を与えることができれば、背後のカンダハルも再び戦闘意欲を回復するだろう。

街まで、1キロの地点まで近づいた。ラービフが予想したとおり、街は混乱しているようで、街から射撃は1発もない。

「街に突っ込むぞ。街に入ったら左右に撃ちまくれ。だが絶対に止まるな。街の中心を突っ切って、頃合を見計らって引き返す。そうしたら、再び撃ちまくれ。敵をかき回すんだ」。

先ほどまで自分の進退に悩み、ラービフの目は死んだ魚のようだったのだが、すでにアフガンの山岳地帯に住む荒鷲のような鋭い光を放つ目になっている。ラービフ一団は、タリン・コットに向け突進した。


一方のB-52である。J-DAMの命中を確認したティモシー・クロスビー中佐は、初めての攻撃成功に興奮していた。

「よし、やったぞ。2次攻撃は対地ミサイルを使う。タコ(タクティカル・コーディネータの略)は、即急に準備しろ」。初めての実戦、そして攻撃・・・。クロスビーの心は躍った。

そんなクロスビーに水を差す人物がいた。副操縦士のハリス大尉である。
「キャプテン、2次攻撃の前に戦果判定というか・・・、地上部隊からの報告を受けましょう」。

この進言にクロスビーは、「大尉、先ほどのタコの報告を聞こえなかったのか?J-DAMは命中した。だが、敵が全滅した保証はどこにもない。すぐに2次攻撃の準備をして何が悪い?」。

「大尉、私も君と同じく地上部隊からの報告を待っているのだよ。しかし報告がなければ、こちらの判断で動かねばなるまい」。ハリスは、クロスビーの戦闘をしたがっている気持ちがはっきりと分かり、言葉を返すことができなかった。

立場的なものもある。クロスビーは中佐、自分は大尉。命令権があるのは当たり前だが、空軍は他の軍と違い、世界が狭くポジションも少ない。佐官といえば高級士官であり、佐官であるクロスビーに睨まれれば、その後の昇進に多大な影響が出る。ハリスは沈黙せざる得なかった。

「あと20分でタリン・コット上空に達する。15分以内に報告がなければ、2次攻撃を行う」。クロスビーは言った。


誤爆を受けたタリン・コットでは、ジェイスン大尉とCCTのアレックスがいた。
「2次爆撃は絶対にくるのか?」。ジェイスンが尋ねた。
「こちらから中止の要請をしない限り、間違いなく来るでしょう。使用弾がクラスター爆弾なら、被害は甚大です」。アレックスは答えた。

「バックアップの無線はないのか?」。ジェイスンは重ねて訪ねたが、バックアップの無線は、先のタリン・コットの攻撃で撤退する際に破壊してしまったこと、その後に来たヴァイパーしか、上級司令部へ通信できる無線がなく、それも空爆で破壊されてしまったとアレックスは答えた。

「司令部と通信する唯一の方法は、手持ちのPRC-148から付近のヘリコプターか装甲車に通信し、そこから司令部に転送してもらうしかありません」。しかし、ヘリや装甲車が付近にいるとは限らない。

ジェイスン大尉は決断した。
「いまある無線機を全部集めろ。CCTのダン、ウェス、アレックスは、全部の無線を使ってどこでもいいからSOSを発信しろ」。すぐにODA574の隊員が持っている無線機が見晴らしの良いところに集められ、3名のCCTが通信を開始した。

その時である。タリン・コットの南側からAK47の銃声が聞こえた。アフガン兵が駆けてきて、「タリバン軍の攻撃です」。ジェイスンに報告した。
「よりによってこんな時に・・・」。ジェイスンは頭を抱えた。


次回更新は8月1日「誤爆」です。お楽しみに。
ご意見・ご感想をお待ちしております。
------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)



私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。
画像クリックでamazonへ飛びます。













同じカテゴリー(Story(物語) )の記事
 作戦終了 Over the Operation (2014-02-19 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 4 (2014-01-29 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 3 (2014-01-22 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 2 (2014-01-15 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO (2014-01-08 07:00)
 ネプチューン・スピアー Neptune spear  7 (2014-01-01 07:00)

Posted by 友清仁  at 07:00 │Comments(0)Story(物語)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。