2013年04月10日

アボタバード Abbottabad 4

乞食に変装した元グリーンベレー、チャーリー・ベッカーは、通りに車が来ないことを確認すると、箱車を漕いで、ヨタヨタと通りを横切った。アボタバードの商業地帯は、非常にいびつな形をしているのだが、東の外れに軍属の官舎と、パキスタン陸軍の士官学校があった。

士官学校の近くに来ると、当然のことながら、多くの士官候補生を見ることができた。チャーリーは、アメリカ海軍士官学校があるメリーランド州のアナポリスを連想した。若い士官候補生たちとともに、士官学校の周りには、大きな屋敷がいくつもあった。これもアナポリスと同じだと、チャーリーは思った。

日本では意外に知られていないが、アメリカのアナポリスは、士官学校の所在地であるとともに、中央政界で、政争に敗れた政治家や高級官僚などが、余生を静かに送る場所でもある。そのため、大きな屋敷が多い。パキスタンでも同じなのか、アボタバードにも、かつての大物政治の大邸宅がいくつもある。

士官学校の大きな城門の前を通り過ぎるとき、スズキのSUVが士官学校の中から出てきた。荷台には、AK47を持った兵士が5、6人乗っている。明らかに士官候補生ではない。なぜなら、肩に下士官の階級章が付いているのだ。

SUVの行き先は、市場の中心部のようだった。チャーリーは、車の行き先には、関心がないようなフリをしつつ、しかし、鋭い眼光で、車のナンバーを記憶した。奴らは何者なのか・・・・

チャーリーは、箱車を再び漕ぎ出した。右手には、士官学校のコンクリートがむき出しの壁が延々と続く。左手には、大邸宅の白い壁が続く。実のところ、チャーリーがこの場所に来たのは、初めてではない。

彼は、この街を捜索する基本ルートを8つ持っており、士官学校の周辺は、そのうちの1つである。

このルートを何回かまわるうち、付近の住民から施しを受け、ついでに世間話もし、今では、どの屋敷に誰が住んでいるかも、大体把握している。

いつもは、士官学校の外周を回って、再び市場へ戻るのだが、この日は少しコースを変え、街の郊外へ出ることにした。30分ほど漕ぐと、住宅が途絶え、一面が畑になった。

小麦畑が左側に広がり、トマト、カリフラワー、そしてキャベツ畑の畝が右側に、きれいに並んでいた。そして、その先に、白い大きな建物が見えた。チャーリーは、その大きな建物まで、箱車を漕いだ。建物に近づくと、その建物の特殊性に気がついた。

建物の周りは、白い塀で囲われているのだが、異様なのは、その高さである。塀は、平均で4から5mもあり、場所によっては、7mもあった。そして、塀の上には、有刺鉄線が張り巡らされている。さらに、監視カメラも要所に取り付けられていた。

いかに家の主が用心深いといっても、アボタバードは、治安が比較的良く、ほかの大邸宅も、ここまでしていない。

さらに、不審な点は、この屋敷には、退役した高級将校の邸宅には必ずある衛星放送のアンテナもなく、そればかりか、電話線や電線すらなかった。また、アボタバードでは、3階建以上の建物の建設が禁じられているのだが、この建物は、3階建てであった。

何かの倉庫であるといえば、そうも見えなくはないのだが、それにしては、すべてが大げさすぎるのである。

チャーリーは、付近の農民に、この屋敷の持ち主を尋ねた。農夫が言うには、この建物の所有者は、アシェットとタレク兄弟であるとのことであった。

アシェットとタレク兄弟・・・。この土地の言葉を理解できない者には、変哲もない名前に思えるが、これは、「一郎と二郎の兄弟」という程度の意味である。パシトゥー語に堪能なチャーリーは、疑念が確信に変わった。

チャーリーは、農夫にいろいろ聞きたかったが、あまり、しつこく詮索すると、かえって怪しまれるため、その場を後にし、市場へ戻った。

市場に戻ると、「町外れにある屋敷には、イスラマバードの金相場で大儲けした大富豪が住んでいるらしい」、という偽情報を、あちこちで言いふらした。この狙いは、明らかに間違った情報を流せば、真実を知っているものが、訂正するはずである。それこそが本当の情報だろう。

※この手法は、日本の警察でもよく使う手である。例えば、犯人の名が「山田」であるなら、あえて、「山本」とか「山下」という、似たような名前で聞き込みをする。そうすると、犯人は、自分の近くまで捜査が及んでいることを知るが、名前が異なるため、油断と緊張を同時にし、証拠隠滅や逃走をするため行動を起こす。しかし、その行動こそが、警察の罠にかかる元なのである。

そんな、デマ情報を数日間、流していると、
「正体はわからないが、ときどき、屋敷から女性が出てきて、街の貴金属店に、宝石を売りに来る」
「2ヶ月に1回ほど、トヨタのトラックが横付けされて、荷物が運ばれる」。
などの情報が得られた。


次回更新は、4月17日「アボタバード」です。お楽しみに。
ご意見・ご感想をお待ちしております。
------------------------------------------------------------------------------------------
同人誌も発行しております。こちらもどうぞ。同人誌書店COMIC ZIN通販ページと 虎の穴通販ページに飛びます。(購入には会員登録が必要です。)




私の訳書(共訳・監修)です。よろしかったらお読みください。
画像クリックでamazonへ飛びます。













同じカテゴリー(Story(物語) )の記事
 作戦終了 Over the Operation (2014-02-19 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 4 (2014-01-29 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 3 (2014-01-22 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO 2 (2014-01-15 07:00)
 コードワード:ジョロニモ Code word GERONIMO (2014-01-08 07:00)
 ネプチューン・スピアー Neptune spear  7 (2014-01-01 07:00)

Posted by 友清仁  at 07:00 │Comments(2)Story(物語)

この記事へのコメント
ビクトリーショーお疲れ様でした。
知り合いのシェフが議会名誉勲章受賞者について書いてくれないかとリクエストしています。
いかがでしょう?
Posted by JTGCチーフ at 2013年04月10日 21:55
JTGCチーフ さま

コメントありがとうございます。
議会名誉勲章受賞者についてですが、資料が集まれば、解説してみたいですね。しかしながら、現在、激しく忙しく、資料集めができません・・・
Posted by 友清仁友清仁 at 2013年04月11日 23:07
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。